アドレス帳に宛先を登録する(MF726Cdw/MF722Cdw/MF628Cw)



アドレス帳に宛先を登録する(MF726Cdw/MF722Cdw/MF628Cw)
更新日 : 2015年9月8日
文書番号 : Q000085650



対処方法

アドレス帳の短縮番号には281件の宛先を登録することができます。登録したあとで宛先を編集したり、削除したりすることもできます。ここでは操作パネルから宛先を登録しますが、宛先の名称に漢字やひらがなを使いたい場合はリモートUIを使って登録してください。


8. <確定>をタップする
  • 宛先には自動的に3桁の番号(短縮番号)が設定されます。この番号は、あとで別の番号に変更することもできます。
登録済み宛先の内容を変更する
いったん登録した番号や名称を変更する、ファクス番号として登録したものをEメール用に種類変更する、自動的に設定された短縮番号を変更する、というような設定内容の変更ができます。
1. を押し、<アドレス帳>をタップする
2. <詳細/編集>をタップする
3. 変更したい宛先のあるタブを選び、宛先を選ぶ
4. <編集>をタップする
  • 暗証番号の入力画面が表示されたら、テンキーで入力して<確定>をタップします。
5. 編集したい項目を選び、必要な編集をしたあと、<確定>をタップする
登録済み宛先を削除する
1. を押し、<アドレス帳>をタップする
2. <詳細/編集>をタップする
3. 削除したい宛先のあるタブを選び、宛先を選ぶ
4. <削除>をタップする
  • 暗証番号の入力画面が表示されたら、テンキーで入力して<確定>をタップします。
5. <はい>をタップする


2. [アドレス帳]をクリックする
暗証番号の入力ページが表示された場合は
  • アドレス帳が暗証番号で保護されています。[暗証番号]を入力して、[OK]をクリックします。
3. [短縮ダイヤル]をクリックする
4. 「未登録」と表示されている項目の[番号]、[種類]または[名称]をクリックする
  • 登録済みの[番号]、[種類]または[名称]をクリックすると、登録内容を編集できます。
  • [削除]をクリックすると、登録を削除できます。
5. 登録する宛先の種類を選び、[OK]をクリックする
  • 共有フォルダーやFTPサーバーの宛先を登録する場合は[ファイル]を選択します。
6. 必要な項目を設定する
共有フォルダーやFTPサーバーの宛先を登録する場合
[名称]
宛先の名称を入力します。
[プロトコル]
宛先のプロトコルを選びます。
[Windows(SMB)] 共有フォルダーを使用する場合に選択します。
[FTP] FTPサーバーを使用する場合に選択します。

[ホスト名]
  • 共有フォルダーを使用する場合は、共有フォルダーへのパスをコンピューター名またはIPアドレスを含めて半角120文字以内で入力します (入力例:\\swan\share または \\192.168.2.100\share)。
  • FTPサーバーを使用する場合は、IPアドレスを半角120文字以内で入力します(入力例:\\192.168.2.100\share)。
DNSサーバーを使用しているとき
  • コンピューター名やIPアドレスの代わりにホスト名(またはFQDN)を入力することもできます(入力例:「\\swan.organization.company.com\share」)。
[フォルダーへのパス]
データを送信するフォルダーの場所を半角120文字以内で入力します。
[ユーザー名]
共有フォルダーまたはFTPサーバーで設定しているユーザー名を半角32文字以内で入力します。
[パスワードを設定する]
共有フォルダーまたはFTPサーバーでパスワードを設定しているときは、チェックマークを付け、[パスワード]を半角32文字以内で入力します。
重要
パソコンとリモートUIの表示言語を合わせる
  • [ホスト名]や[フォルダーへのパス]が正しく表示されなかったり、参照できないことがあります。

7. [OK]をクリックする

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF726Cdw / MF722Cdw / MF628Cw

 

[TOP▲]
このページのトップへ