外観図 (MF511dw)



外観図 (MF511dw)
更新日 : 2016年4月26日
文書番号 : Q000087865



INDEX
本体前面
  1. フィーダー
    ここに原稿をセットして操作すると、原稿は自動的に読み込まれます。
    2枚以上の原稿を連続して読み込むこともできます。
  2. 通気口
    本体内部の換気と冷却を行います。
    通気口のそばに障害物を置くと換気の妨げになりますのでご注意ください。
  3. 運搬用取っ手
    本機を移動するときには、ここを持ちます。
  4. 操作パネル
    テンキー、[スタート]キー、各種ランプ、ディスプレーなどが配置されており、操作/設定はすべてこの操作パネルから行います。
  5. USBポート(USB機器用)
    市販のUSBメモリーやUSBキーボードを接続します。
    USBメモリー接続時は、メモリー内のデータを印刷したり、読み込んだ原稿を保存したりすることができます。
  6. 前カバー
    トナーカートリッジを交換したり、つまった用紙を取り除いたりするときに開けます。
  7. 給紙カセット
    よく使う用紙は、ここにセットします。
  8. 手差しトレイ
    給紙カセットにセットされていない用紙を一時的に使うときなどは、ここにセットします。
  9. フィーダー読み取りエリア
    フィーダーにセットした原稿は、この部分で読み込まれます。
  10. 排紙トレイ
    給紙カセットにセットされていない用紙を一時的に使うときなどは、ここにセットします。
  11. 排紙ストッパー
    排紙トレイから用紙が落ちないようにする場合に開いて使います。
  12. 原稿台ガラス
    書籍のようにとじてあったり、厚みがあったりで、フィーダーにセットできない原稿をセットします。
  13. スピーカー
    ファクス通信音や警告音などが聞こえます。
  14. 電源スイッチ
    電源を入れたり、切ったりします。本機を再起動するには、電源を切り、10 秒待って再び電源を入れます。

INDEXに戻る


本体背面面
  1. USBポート(パソコン接続用)
    市販のUSBケーブルを使ってパソコンに接続します。
  2. LANポート
    市販のLANケーブルを使って有線LANルーターなどに接続します。
  3. ハンドセット用端子
    オプションのハンドセットを接続します。
  4. 外付け電話機用端子
    電話機や留守番電話機を接続します。
  5. 電話回線端子
    付属の電話コードを使って電話回線に接続します。
  6. サブ排紙トレイ
    ラベル用紙、はがき、封筒などのようにカールしやすい用紙を使うときは、このトレイを開くとカールを軽減できます。
  7. 定格銘板ラベル
    シリアルナンバーが記載されています。
  8. 電源ソケット
    電源コードを接続します。

INDEXに戻る


本体内部
  1. 搬送ガイド
    本体の内部に用紙がつまったときに持ち上げて用紙を取り除きます。
  2. ロック解除スイッチ
    両面印刷中に用紙がつまったときは、ここを押して両面搬送ガイドを開け、用紙を取り除きます。

INDEXに戻る


手差しトレイ
  1. 用紙ガイド
    セットした用紙がまっすぐ引き込まれるように、用紙の幅にぴったり合わせます。
  2. 用紙トレイ
    用紙をセットするときに引き出して使います。
  3. 延長トレイ
    大きなサイズの用紙をセットする場合に開いて使います。

INDEXに戻る


給紙カセット
  1. 用紙ガイド
    セットした用紙がまっすぐ引き込まれるように、用紙の大きさにぴったり合わせます。
    図の矢印で示されたロック解除レバーをつまみながら、用紙ガイドを移動します。
  2. 用紙残量表示
    用紙の残量を示します。残量が少なくなるにつれマークが下に移動します。

INDEXに戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF511dw

 

[TOP▲]
このページのトップへ