給排紙の場所と積載枚数(MF511dw)



給排紙の場所と積載枚数(MF511dw)
更新日 : 2016年4月26日
文書番号 : Q000088002



対処方法

給排紙の場所と積載枚数は、以下の内容を参照してください。


本体背面

給紙部(1):手差しトレイ[ 手差しトレイに用紙をセットする(MF511dw) ]
(2):給紙カセット[ 給紙カセットに用紙をセットする(MF511dw) ]
排紙部(3):排紙トレイ印刷が終わると、用紙はここに排出されます。
(4):サブ排紙トレイラベル用紙、はがき、封筒などのようにカールしやすい用紙を使うときは、このトレイを開くとカールを軽減できます。


メモ
  • 積載可能枚数は目安であり、実際と異なる場合があります。

:使用不可

用紙の種類積載枚数
(給紙カセット)
積載枚数
(手差しトレイ)
普通紙 *1 *260〜90 g/m2500枚100枚
厚紙91〜120 g/m2 *1400枚80枚
121〜199 g/m250枚 *3
再生紙 *1 *260〜90 g/m2500枚100枚
色紙 *1 *260〜90 g/m2500枚100枚
ラベル紙40枚
はがき、往復はがき、4面はがき *450枚
封筒10枚
*1 自動両面印刷が可能です(用紙をセットしなおすことなく、自動で両面に印刷されます)。
*2 ファクス受信文書の印刷が可能です。
*3 199 g/m2の場合は、30枚セットすることができます。
*4 インクジェット用の郵便はがき、郵便往復はがきを使用することはできません。

排紙部の積載枚数
排紙トレイ積載枚数*
(A4、開封直後の用紙)
排紙トレイ:約250枚
サブ排紙トレイ:約50枚
* 設置環境や使用する用紙の種類によって異なることがあります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF511dw

 

[TOP▲]
このページのトップへ