日常のお手入れについて(MF249dw/MF245dw/MF236n)



日常のお手入れについて(MF249dw/MF245dw/MF236n)
更新日 : 2016年9月13日
文書番号 : Q000089695



対処方法

印刷品質の低下を防ぎ、快適で安全にお使いいただくために、本機を定期的に清掃してください。なお、お手入れの前に、安全に関する注意事項を確認してください。


1. 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く
  • 電源を切ると、待機中の印刷データは消去されます。メモリーに受信した文書、待機中の送信文書、送受信後に自動的にプリントされるレポートなどは消えずに保持されます。

2.本体表面と通気口を拭く
  • 水または薄めた中性洗剤を含ませた柔らかい布をかたく絞って拭きます。
  • 通気口の場所は、「ユーザーズガイド」を参照してください。canon.com/oip-manualでご覧頂くことができます。
Bris_JP_T_b_Brs077.gif

3. 水分が完全に乾くまで待つ

4. 電源プラグをコンセントに差し込み、電源を入れる


1. 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く
  • 電源を切ると、待機中の印刷データは消去されます。メモリーに受信した文書、待機中の送信文書、送受信後に自動的にプリントされるレポートなどは消えずに保持されます。

2. フィーダーを開ける

3. 原稿台ガラスとフィーダーの裏面を拭く
  • 水を含ませてかたく絞った布で拭き、そのあと乾いた柔らかい布で拭きます。
  • 原稿台ガラスとフィーダーに加えて、白く細長い部分( )と透明のプラスティック部品の表面( )も拭いてください。

  • 透明のプラスティック部品( )を拭くときは、プラスティックを折り曲げないように注意してください。

症状が改善されないときは
透明のプラスティック部品( )を取り外して拭きます。
3-1. つまみ( )を持って、奥側からゆっくり取り外す
  • 壊れやすいため、取り外す際にプラスティック部品( )を折り曲げたりしないように注意してください。
3-2. フィーダー読み取りエリア( )を拭く
3-3. 透明のプラスティック部品の裏側を拭く
3-4. 水分が完全に乾くまで待つ
3-5. 透明のプラスティック部品を取り付ける
  • 向きを確認し、つまみを持って手前側からゆっくり取り付けます。

4. 水分が完全に乾くまで待つ

5. フィーダーをゆっくり閉じる

6. 電源プラグをコンセントに差し込み、電源を入れる


1. 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く
  • 電源を切ると、待機中の印刷データは消去されます。メモリーに受信した文書、待機中の送信文書、送受信後に自動的にプリントされるレポートなどは消えずに保持されます。

2. フィーダーカバーを開ける
MF249dw
MF245dw / MF236n
Bris_JP_T_b_Brs061a.gif

3. フィーダー内部のローラー( )を拭く
  • 水を含ませてかたく絞った布で拭き、そのあと乾いた柔らかい布で拭きます。
MF249dw
Bris_JP_T_b_Brs080.gif
MF245dw / MF236n
Bris_JP_T_b_b_Brs080a.gif

4. フィーダーカバーを閉じる

5. 電源プラグをコンセントに差し込み、電源を入れる


[
手差し給紙口に用紙をセットする (MF249dw/MF245dw/MF236n) ]
[ トナーカートリッジ残量を確認する (MF249dw/MF245dw/MF236n) ]

1. を押して、<メニュー>をタップする

2. <調整/メンテナンス>をタップする

3. <定着器のクリーニング>をタップする

4. 手差し給紙口に用紙(A4/LTR以上)をセットし、<開始>をタップする

  • クリーニングが終了し、<終了しました。>のメッセージが表示されたら、 を押してホーム画面に戻ります。


1. 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く
  • 電源を切ると、待機中の印刷データは消去されます。メモリーに受信した文書、待機中の送信文書、送受信後に自動的にプリントされるレポートなどは消えずに保持されます。

2. 操作パネル部を持ち上げる

操作パネル部が持ち上げられないとき
  • フィーダーが完全に閉まっているか確認してください。また、原稿台ガラスに本などの厚手の原稿がセットされている場合は、原稿を取り出してください。無理に持ち上げると、故障の原因となることがあります。

3. トナーカバーの右手前にあるつまみを持ち、トナーカバーを開ける

4. トナーカートリッジを取り出す

5. 清潔で柔らかい糸くずの出ない乾いた布で、内部からトナーの粉や紙ぼこりを拭き取る

6. トナーカートリッジを取り付ける
  • 左右の( )をトナーカートリッジガイドに合わせて、奥に当たるまで確実に押し込みます。

7. トナーカバーを閉め、操作パネル部をおろす

トナーカバーが閉まらないとき
  • トナーカートリッジが正しくセットされているか確認してください。無理に閉めると、故障の原因となることがあります。

8. 電源プラグをコンセントに差し込み、電源を入れる


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF236n / MF245dw / MF249dw

 

[TOP▲]
このページのトップへ