受信したファクスをメモリーに保存する(MF735Cdw/MF733Cdw/MF634Cdw)



受信したファクスをメモリーに保存する(MF735Cdw/MF733Cdw/MF634Cdw)
更新日 : 2017年5月2日
文書番号 : Q000091262



対処方法

受信したファクス文書をすぐに印刷せず、いったん本機のメモリーに保存して好きなときに印刷できます。機密文書などを都合のよいときに印刷することで、関係者以外の目に触れないようにすることが可能です。


<メニュー> <ファンクション設定> <受信 / 転送> <共通設定> <受信トレイ設定> <ファクスメモリー受信設定> <メモリー受信を使用>で<ON>を選択 各設定項目を指定 <確定>

<レポートプリント>
メモリー受信するたびに受信結果レポートを印刷するように設定できます。設定する場合は、<ON>を選びます。なお、この機能を使うためには<受信結果レポート>を<ON>に設定しておく必要があります。詳しくは、「ユーザーズガイド」を参照してください。canon.com/oip-manualでご覧いただくことができます。
<メモリー受信時刻設定>
特定の時間帯だけメモリー受信する場合に時刻を設定します。時刻設定しないと、常時メモリー受信状態となります。


<メニュー><ファンクション設定><受信 / 転送><共通設定><受信トレイ設定><ファクスメモリー受信設定> <メモリー受信を使用>で<OFF>を選択<確定>


1. <状況確認>を選ぶ

2. <受信ジョブ>を選ぶ

3. <受信状況>タブで、確認/転送/削除したい文書を選ぶ
文書の詳細情報が表示されます。
  • 転送する場合は、<転送>を選んで宛先を指定します。
  • 削除する場合は、<削除> <はい>の順に選びます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF634Cdw / MF733Cdw / MF735Cdw

 

[TOP▲]
このページのトップへ