メール送信エラー時に確認する点



メール送信エラー時に確認する点
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000040069



メール送信がエラーする際、メールサーバや送信元アドレスの設定が間違っているケースが多いので、今一度ご確認下さい。

代表的なメール送信エラーの確認項目を下表にまとめましたが、詳しくはネットワーク管理者にご確認下さい。

エラー内容 確認項目
(原因を特定するものではありません)
管理者にご連絡ください。
接続済みの呼び出し先が一定の時間を過ぎても正しく応答しなかったため、接続できませんでした。
または接続済みのホストが応答しなかったため、確立された接続は失敗しました。(10060)
・SMTPサーバーのIPアドレス指定が間違っている

・送信ポート番号の指定が正しくない

・送信サーバの認証方式が間違っている

・正常にネットワークに接続出来ていない(サーバ名をIPアドレスで指定している場合など)
535 Error authentication failed
もしくは
-ERR not a valid user
メールを送信しているユーザに設定されている、メールのユーザー名/パスワードが間違っている。
504 <******@******>:Sender address rejected:need fully-qualified address メールを送信しているユーザに設定されている送信元アドレスが、メールサーバで許可されていない。
管理者にご連絡ください。
対象のコンピュータによって拒否されたため、接続できませんでした。
指定したホスト名のPC(メールサーバ)から接続拒否されている。
554 <*****@*****>:recipient address rejected: Access denied メール送信ポートの指定、認証方式の設定が間違っている。
管理者にご連絡ください。
呼び出しでポインタ引数を使用するときに、無効なポインタアドレスを検出しました。
(10014)
メールを送信しているユーザの送信元アドレスが、メールサーバから拒否されている。

管理者のメールアドレスがメールサーバで許可されていないアドレスであった場合、通常ユーザでログインして送信しても管理者アドレス情報が必ず付加されるため、同様のエラーが発生します。

(例)
Yahooメールでは、送信元アドレスが@yahoo.co.jpのユーザしか許可されません。
その他、メールサーバやプロバイダ側のセキュリティ設定などで、許可されないドメインを持つメールアドレスからアクセスがあると、拒否されてしまいます。
管理者にご連絡ください。
そのようなホストは不明です。
(11001)
・DNSサーバのアドレスが間違っている

・DNSサーバーがダウンしている

・指定したメールサーバ名が間違っている

・ネットワークに正常に接続出来ていない
501 Bad address syntax 送信先メールアドレスが間違っている。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

ScanFront 220P

 

[TOP▲]
このページのトップへ