バリアブルプリントとは?



バリアブルプリントとは?
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000029705



印刷文書の指定した領域に、文章やグラフィックを差し替えて印刷ができる、宛名の差し込み印刷の様な
ものです。

但し、バリアブル印刷時、印刷体裁などにより、複数(レコード数)分の印刷ジョブとなり、通常より印刷時
間がかかる場合があります。

<バリアブルプリント操作方法>※Publishing Manager V2での画面を表示しています。
1.任意のページを選択後、[ツール] - [バリアブルプリントエディタ]を起動し、[データベース] - [ファイル名で開く]にて関連づけるファイルを指定。「レコード切替ボタン」により、レコードの内容を確認。

2.[フィールド] - [テキストフィールドの挿入]からテキストフィールドを作成し、フィールド上で右クリックから プロパティを選択。
バリアブルデータの設定タブにて、「DBフィールド挿入ボタン」からフィールド内に挿 入するデータを選択(該当項目上でダブルクリック)。

3.プロパティ設定を終えると、バリアブルプリントエディタに戻るので、「レコード切替ボタン」により、フィールド内データが切替わるのを確認。

※テキストフィールドのプロパティ、「フィールドの設定タブ」「テキストの設定タブ」にてそれぞれの詳細設定が 可能です。(デフォルトは線種:細線、フォント:MS明朝12ポイントです。)



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Publishing Manager V2 / Publishing Manager Professional Edition / Publishing Manager 2002

 

[TOP▲]
このページのトップへ