WindowsXP Service Pack2 対応状況(imageWAREシリーズ)



WindowsXP Service Pack2 対応状況(imageWAREシリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000029832



Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載 対応状況
(imageWARE Document Manager/Document Manager Gateway/Publishing Manager/Scan Manager)

imageWAREシリーズのMicrosoft社製Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能(Windowsファイアウォール)への対応状況につきましてご案内いたします。
WindowsXP SP3の対応状況は
こちらをご確認下さい。

製品 発生する可能性のある現象 回避方法
Document Manager 2002 R3 共有キャビネットの作成ができなくなります。*1 imageWARE Document Manager 2002 R3 Sevice Pack4にて対応いたします。

※MSDE2000の共有キャビネットにリモートからアクセスするためには、R3 SP3を適用するだけでなく、MSDE2000SP3/SP3aをインストールする必要があります。(MSDE2000Aを使用している場合には、SP3/SP3aのインストールの必要はありません。)

*1
個人キャビネットにおいては、不具合は確認されていません。 しかし、個人キャビネットのみをお使いになる場合においても、Windows XP SP2に対応したR3 Sevice Pack3 を適用する必要があります。

共有キャビネットにアクセスできなくなります。
共有キャビネットにおいて全文検索ができなくなります。*1
Document Manager V4以降 問題ありません。  
Publishing Manager 2002
  Standard Edition R2

Publishing Manager
  Professional Edition Ver.1
Windowsファイアウォールの影響により、プリンタ情報を取得する事が出来なくなり、部門管理印刷をする事が出来なくなります。
但し、imageRUNNER、Sateraシリーズにプリントサーバーを経由してプリントする場合に限られます。
imageWARE Publishing Managerがインストールされているパソコンで以下の設定をして下さい。

Administrators権限を持つユーザーが、Windowsファイアウォールの例外リストに、IWPMを追加登録します。
インストールフォルダ>\Program\IWPM.exe
※詳しい設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。


プリントサーバーにXPSP2が適用されている場合は、合わせて以下の設定をして下さい。

プリントサーバーにXPSP2を使用している場合には、サーバー上でDriverInformation Assist Core Module をWindowsファイアウォールの例外リストに追加登録します。
追加は[参照]から下記パスのプログラムを選択して下さい。
C:\ProgramFiles\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
Publishing ManagerV2以降
PrePressManager
問題ありません  
Document Manager Gateway R3 imageRUNNERから文書が受信できなくなります。 imageWARE Document Manager Gateway 2002 R3 Service Pack3を適用後、Readme の記載に従い、Windowsファイアウォールの設定を手動で変更して下さい。

尚、Sevice Pack3の提供については、プロダクトサポート契約をご締結のお客様のみへの提供となります。
Document Manager Gateway V4 問題ありません。  
Scan Manager 2002 R2 ワークグループが共有フォルダ上にある場合、そのワークグループが使用できない場合があります。 現行バージョンでは、対応いたしません。
Windows XP SP2 をインストールした環境では、ご使用いただかないことをお薦めします。ただし、動作保証外ですが、以下の作業を実施することで発生する現象を回避できます。

共有フォルダがWindowsXP SP2上にある場合、Windowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れて、OKをクリックします。
※詳しい設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

次期バージョンで正式対応する予定です。
imageWARE Document Managerとの連携動作時に、Windowsファイアウォールの警告ダイアログが表示されます。 現行バージョンでは、対応いたしません。
Windows XP SP2 をインストールした環境では、ご使用いただかないことをお薦めします。ただし、動作保証外ですが、以下の作業を実施することで発生する現象を回避できます。

Administrators権限を持つユーザーが、Windowsファイアウォールの例外リストに、iWDMを追加(<iWDMのインストールフォルダ>\Program\iWDM.exeを指定)し、OKをクリックします。
※詳しい設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

あるいは、ダイアログ表示時、「ブロックを解除する」を選択してください。
※詳しい設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:875399 「[Windows セキュリティの 重要な警告] 画面について」をご確認ください。

次期バージョンで正式対応する予定です。
Scan Manager V4以降 問題ありません。  


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V2 / Desktop V1 / Document Manager V4 Personal / Document Manager V4 Workgroup / Document Manager V4 Enterprise / Document Manager Gateway V4 / Document Manager 2002 / Publishing Manager V3 / Publishing Manager V2 / Publishing Manager Professional Edition / Publishing Manager 2002 / Scan Manager V4 / Scan Manager 2002 / Accounting Manager / Accounting Manager for MEAP / Accounting Manager for MEAP Lite / imageWAREシリーズ / Trust Stamp

 

[TOP▲]
このページのトップへ