外字の一部をOfficeXP(2002〜)アプリから呼び出すとハングル文字で表示される



外字の一部をOfficeXP(2002〜)アプリから呼び出すとハングル文字で表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000030248



TypeCraft で作成したShiftJISコード「F140」以降のシステム外字を、OfficeXP以降(Office2002や2003)
に含まれるExcel、Word、Access、PowerPointなどで表示させると、上記コードに登録したシステム外字
は、ハングル文字で表示されます。
メモ帳、ワードパットなど上記ソフト以外ではF140以降の外字も正常に表示されます。

これは、お使いのPCにOfficeXPをインストールした際、「NewGulim」(ニューグリム)という韓国語フォントが
インストールされている為です。

このフォントには外字登録可能なShiftJISコード(F140〜F9FC)にハングル文字が割り当てられているの
で、特にNewGulimフォントを使用しない場合、フォントフォルダから削除して下さい。



TypeCraft等の外字作成ソフトで定義した外字ファイルよりも、NewGulimフォントの文字が優先されるのは
OfficeXPの仕様で、Microsoft社サポートページにも報告されています。
参考までに、NewGulimフォントは、OfficeXPセットアップ時に、[Office共有機能]→[インターナショナルサポ
ート]→[韓国語フォント]を選択するとインストールされます。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

TypeCraft V3.2 / TypeCraft V3.1Lite / TypeCraft外字ソリューションVer1.0

 

[TOP▲]
このページのトップへ