自動一括インポート機能について



自動一括インポート機能について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000030397



自動一括インポート機能とは、Document Managerで指定したWindows上のフォルダ内の全ての文書を、指定した時間や一定時間おきにDocument Manager内のフォルダに自動的に取り込む事ができるので、特定のフォルダにスキャン文書やファクス転送文書を保存されている時に便利な機能です。

※Document Manager V4では、ネットワーク上の共有フォルダを指定した場合に自動で取り込みができません。
共有フォルダをPCのローカルに作成していただくか、最新のV4.1へのバージョンアップをご検討下さい。

※ 自動バッチインポートは Document Manager Client が起動していなくても、PCの電源が入っていれば常駐サービスが起動してるためインポートすることができます。

※自動バッチインポート機能を利用しても文書がインポートされない場合は[表示]メニュー から[最新の情報に更新]を選択してください。

※ 自動バッチインポートのスケジュールは[毎日](指定時間に実施)、もしくは、[一定期間ごと(分)](1〜480分)に実施可能です。

※ Personal版/Workgroup版/Enterprise版、全て対応しております。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Document Manager V4 Personal / Document Manager V4 Workgroup / Document Manager V4 Enterprise

 

[TOP▲]
このページのトップへ