署名付き電子印鑑を貼り付ける



署名付き電子印鑑を貼り付ける
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000030657



<重要事項>

・ 署名付き電子印鑑を使用するには、あらかじめ電子署名の手準備が必要です。
    Windowsの証明書ストアに署名に利用する証明書を登録しておいてください。
    Microsoft Windows 2000 Server/Microsoft Windows Server 2003で発行された
    証明書、およびベリサインの証明書のみ動作確認しています。

・ 署名がつきますので、改ざんの検知ができます。

・ Document Manager Enterpriseのみの機能です。

・ あらかじめ作成しておいた電子印鑑を文書につけることができます。


<その他>

・ 電子印鑑名称が長い場合は、先頭の18バイト(全角9文字、半角18文字)分が
    メニューに表示されます。 

・ 電子印鑑が20個以上登録されている場合は、メニューの下に[すべての電子
    印鑑を表示]メニューが表示されます。 

・ [すべての電子印鑑を表示]を選択すると、[すべての電子印鑑を表示]画面が
    表示されます。電子印鑑の表示順を変更するには、目的の電子印鑑を選択して
     (1つ上に)ボタン、または (1つ下に)ボタンを必要回数クリックします。

・ 一度貼り付けた電子印鑑は削除することはできません。あやまって押印した場合は、
    保存せずにPDF文書ビューアを閉じてください保存を実行しなければ、データベース
    に格納されている文書は反映されません。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Document Manager V4 Enterprise

 

[TOP▲]
このページのトップへ