キャビネットの新規作成方法(Document Manager V4 Enterprise/Workgroup)



キャビネットの新規作成方法(Document Manager V4 Enterprise/Workgroup)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000030811



1.Document Manager Administrator を起動します。

2.レポジトリビューの最上位にある [キャビネット] を選択します。

3.[ファイル] メニューから [新規作成] - [キャビネット] の順に選択します。

4.[詳細項目を設定して作成]を選び、[OK] をクリックします。

   

5.次の項目を設定します。

   

    キャビネット名
                        キャビネット名(254バイト以内)を入力します。

    ユーザ認証サーバの種類(Enterprise)

                        ユーザ認証サーバを、[Document Manager] 、[Windows ドメインコントローラ]
                        または [ロータスドミノサーバ] から選択します。

                        ● [Windows ドメインコントローラ] を選択した場合
                            [ドメイン名] で認証サーバが管理するドメイン名を選択します。

                            認証サーバのすべてのユーザ/グループをキャビネットに登録する場合は、
                            [キャビネット作成時に認証サーバのユーザ/グループを追加する] にチェック
                          マークをつけます。

                        ●  [ロータスドミノサーバ] を選択した場合
                             [接続] をクリックし、認証サーバに接続します。

                             [ロータスノーツ/ドミノサーバ接続] 画面でサーバ名を入力し、[接続] をクリック
                             します。認証サーバのすべてのユーザ/グループをキャビネットに登録する場合
                             は、[キャビネット作成時に認証サーバのユーザ/グループを追加する]にチェック
                             マークをつけます。

6.[次へ]をクリックします。

    コンテンツビューに、データベースに関する設定項目が表示されます。

7.次の項目を設定します。

   

    システム管理者(sa)のパスワード
                        SQL サーバのシステム管理者(sa)として接続するためのパスワードを入力します。

    データベースファイルの格納場所
                        データベースファイルを保存するパスを指定します。
                        表示されているパスを変更するには、直接入力するか、[データベースファイルの格納場所]の
                   右側にある[参照]をクリックして[参照]画面から指定します。

8.[次へ] をクリックします。

    コンテンツビューに、キャビネットの属性に関する設定項目が表示されます。

9.次の項目を設定します。

   

    セキュリティレベル
                    セキュリティレベルを、[なし]、[キャビネット単位]または[フォルダ/文書単位]から選択します。

    接続方法
                    キャビネットへの接続方法を、[パスワード確認]または[自動接続]から選択します。
                    
                    [ユーザ認証サーバの種類]からWindows ドメインコントローラまたはロータスドミノサーバを選択
                    した場合は、[自動接続]を選択することはできません(Enterprise)

    最大保存バージョン数
                    文書のバージョン管理を行う場合、保存するバージョン数の最大値を3 〜1,024 の範囲で入力し
                    ます。

    ログの保存(Enterprise)
   
                 操作ログを保存するかどうかについて、[保存しない]または[保存する]のどちらかを選択します。

    メール通知機能(Enterprise)
                    メール通知機能を使用するかどうかについて、[使用しない]または[使用する]のどちらかを選択
                    します。

    Supervisor のパスワード
   
                 キャビネットの管理者であるSupervisor のパスワードを入力します。

    確認入力
                     確認のため、Supervisor のパスワードをもう一度入力します。

10.[次へ] をクリックします。
    
    コンテンツビューに、ボリュームの設定項目が表示されます。

 11.次の項目を設定します。

   

    
    ボリュームを自動的に作成する
               
ボリュームを自動的に作成する場合、チェックマークをつけます。

    キャビネットのボリュームを暗号化する
   
                ボリュームブロックファイルを暗号化して作成する場合、チェックマークをつけます。キャビネット作成
                    後に、この設定を変更することはできません。

    ボリューム名
               
[ボリュームを自動的に作成する]にチェックマークをつけなかった場合、ボリューム名を31バイト(全角
                    15文字、半角31文字)以内で入力します。

    ボリュームラベル名
   
                 [ボリュームを自動的に作成する]にチェックマークをつけなかった場合、ボリュームを格納するフォルダ
                     のラベル名を選択します。

    接続
                    他のパソコンのボリュームサーバに接続したい場合は、クリックして表示される[ボリュームサーバへ接続]
                    画面から、サーバ名を指定できます。

    ボリュームタイプ
                    ボリュームタイプを、[1 文書1 ファイル]または[複数文書1 ファイル(ブロック化)]から選択します。

    ボリュームブロックサイズ
                    [ボリュームタイプ]に[複数文書1 ファイル(ブロック化)]を選択した場合、ブロックサイズを1 〜 2,000MB 
                    の範囲で指定します。

    ボリュームラベルの変更
                    Document Manager Volume Administrator を起動します。[ボリュームを自動的に作成する]にチェックマーク
                    をつけなかった場合に操作できます

    ボリュームラベルリストの更新
                    [ボリュームラベル名]のリストを更新します。[ボリュームを自動的に作成する]にチェックマークをつけなかった
                    場合に操作できます。

12.[次へ] をクリックします。

    コンテンツビューに、全文検索に関する設定項目が表示されます。

13.次の項目を設定します。

   

 

    全文検索を使用可能にする
  
                 全文検索機能を使用する場合、チェックマークをつけます。
                    [全文検索を使用可能にする]にチェックマークをつけた場合、全文検索の対象を[イメージ文書と印刷
                    ジョブ文書以外]または[すべての文書]から選択します。

    OCR の自動方向判別機能を使用する
  
                 OCR の自動方向判別機能を使用する場合、チェックマークをつけます。

    データベースの設定
                    [全文検索サーバの設定]画面が表示されます。

14.[作成]をクリックします。

15.全文検索の自動インデックスを作成するユーザとパスワードを設定し、[OK]をクリックします。

   

16.全文検索の接続ユーザを作成したことの確認画面が表示されたら、[OK]をクリックします。

    新しいキャビネットが作成され、レポジトリビューに追加されます。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Document Manager V4 Workgroup / Document Manager V4 Enterprise

 

[TOP▲]
このページのトップへ