Document Manager V4 Workgroup/Enterprise のアプリケーション構成



Document Manager V4 Workgroup/Enterprise のアプリケーション構成
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000030841



Document Managerは、次に示す複数のアプリケーションから構成されています。
ただし、お使いの環境やインストール時の設定により、インストールされないアプリケーションもあります。

アプリケーション

内容

Document Manager Client 一般ユーザが使用するクライアントアプリケーションです。個人用のキャビネット作成をはじめ、文書の読み取り/保管/編集/出力などを行います。
Document Manager Administrator Document Managerのキャビネット(データベース)の設定や管理を行います。キャビネットの作成や登録をはじめ、キャビネットの項目(フォルダ/ユーザ/グループ/ユーザインデックス/ユーザインデックスグループ/システムインデックス/ボリューム/ボリュームブロック)の設定や管理を行います。
Document Manager Text Search Administrator 文書内の語句をキーワードにして行う検索(全文検索)の設定や管理を行います。全文検索のキーワードとなるインデックスの作成やインデックス作成スケジュールも設定できます。
ユーザ同義語辞書ツール
(Enterprise版のみ)
見出し語やそれに対応する同義語をユーザが任意に登録/編集できるツールです。
Box Document Registration Manager iRデバイスのボックスに保存されたデータをDocument Managerのキャビネットに自動的に格納します。自動格納を実行する日付/時間/間隔などが指定できます。
Document Manager Volume Administrator 文書の実体を保存するボリュームの設定や管理を行います。
Canon DM Driver バインダ文書やサムネイルの作成で使用されるプリンタドライバです。
Canon imageWARE Image Driver 各種アプリケーションからイメージ文書あるいはPDF文書としてDocument Managerにインポートするためのプリンタドライバです。
imageWARE Service Manager Document Managerで動作する各種サービスを制御するソフトウェアです。
RosettaStone イメージ文書データからテキストデータを抽出するOCRソフトウェアです。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Document Manager V4 Workgroup / Document Manager V4 Enterprise

 

[TOP▲]
このページのトップへ