Windows Vistaでフォントを使用する際の制限事項について



Windows Vistaでフォントを使用する際の制限事項について
更新日 : 2014年12月2日
文書番号 : Q000034617



Windows Vistaがサポートするフォントでは、新たにJIS第3、第4水準の4,344文字が追加され、今まで略字体だった122文字が正字体に 変更されました。また、ヘルプファイルがHTMLで機能するよう変更されました。

以下、各製品のWindows Vista上での制限事項ですが、弊社が動作を保証するものではございません。
また、恐れ入りますが、今後新たに文字の作成や、プログラム修正により、正式にWindows Vistaに対応する予定はございません。

●FontGallery DeluxeCD Superシリーズ
Windows Vistaにインストールした場合、追加された4,344文字が表示されず、正字体で表示されるべき122文字が略字体で表示されます。

●かな組み換えツール:FontComposer
・ヘルプが起動できません。
・アプリ起動時は、右クリックし、「管理者として実行」を選択して下さい。

●TypeCraft Ver.3.2/3.1Lite、TypeCraft外字ソリューションVer.1.1
・ヘルプが起動できません。
・アプリ起動時は、右クリックし、「管理者として実行」を選択して下さい。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

FontGallery TrueType DeluxeCD Super / FontGallery TrueType DeluxeCD SuperII / TypeCraft V3.2 / TypeCraft V3.1Lite / TypeCraft外字ソリューションVer1.0

 

[TOP▲]
このページのトップへ