制限値の内容を確認したい(V3.1.2)



制限値の内容を確認したい(V3.1.2)
更新日 : 2014年6月24日
文書番号 : Q000078544



Desktopの各機能にはそれぞれ制限があります。ここでは、各機能の制限について説明します。


 Desktop Browser
 Document Binder
 Object Layout Editor
 Annotation Editor
 Variable Editor
 簡単印刷ツール
 Document Writer
 Desktop Monitor Setup
 DMデータライブラリー
 ファクス送信履歴オプション(別売り)


Desktop Browser

 ライブラリーの制限事項
 フォルダーの制限事項
 文書の制限事項
 機能に関する制限事項

ライブラリーの制限事項

制限事項

制限内容

最大ライブラリー数

100

ライブラリー名の最大長

255文字

ライブラリー名の重複

アイコンに使用できる画像

・ BMP(*.bmp)
・ JPEG(*.jpg/*.jpeg)
・ GIF(*.gif)
・ PNG(*.png)
・ アイコン(*.ico)

最大階層

50階層

ライブラリー内の最大フォルダー/文書数

10000

同一階層に作成できる最大数

・ 5000項目
・ アドバンスドボックス:1000項目

表示されないフォルダー/ファイル

個人ライブラリー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー
・ 暗号化されたフォルダー
・ リバースポイントが設定されているフォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されている文書
・ パス長が220文字以上のフォルダーや文書
・ フォルダー内の項目数が5000項目を超えたために表示されていないフォルダーや文書
ネットワークライブラリー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー
・ リバースポイントが設定されているフォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されている文書
・ パス長が220文字以上のフォルダーや文書
・ フォルダー内の項目数が5000項目を超えたために表示されていないフォルダーや文書

ライブラリーの表示更新間隔

10〜999秒

個人ライブラリーに指定できないフォルダー

・ 使用しているコンピューターのハードディスク/ネットワークドライブ以外のドライブ上のフォルダー
・ Windows用フォルダー(「C:\Windows」など)
・ 書き込み権限(Windows)のないフォルダー
・ 個人ライブラリーとして設定されているフォルダー
・ システム属性が設定されているフォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー

ネットワークライブラリーに指定できないフォルダー

・ 使用しているコンピューターのハードディスク/ネットワークドライブ以外のドライブ上のフォルダー
・ Windows用フォルダー(「C:\Windows」など)
・ 書き込み権限(Windows)のないフォルダー
・ すでにネットワークライブラリーとして設定されているフォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー(ただしディレクトリー属性の場合は登録可能)
指定可能だが、個人ライブラリーとして扱われるフォルダー
・ すでに個人ライブラリーとして登録されているフォルダーよりも上の階層のフォルダー
・ すでに個人ライブラリーとして登録されているフォルダーよりも下の階層のフォルダー

Document Serverライブラリーで編集権限以上の権限がない場合できない操作

・ ショートカットの作成
・ 名前の変更
・ フォルダーのコピー/複製
・ フォルダーを移動
・ フォルダーを作成
・ 文書のコピー/複製
・ 文書の移動/削除

マイトレイの共有フォルダーに指定できないフォルダー

・ ごみ箱
・ CD-ROM、DVD-ROM、RAMディスク、リムーバブルデバイス
・ C:\Users、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\ProgramData、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows Vista/Windows 7/Windows 8の場合)
・ C:\Documents and Settings、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows XPの場合)
・ すでにホットフォルダー、またはマイトレイの転送元として登録済みのフォルダー
・ すでにインプットバーのマイボタンに登録している転送用フォルダー
・ すでに送信先トレイアウトプットアイコンとして登録済みのフォルダー
・ 登録している個人ライブラリー/ネットワークライブラリーと同じパスのフォルダー、およびこのフォルダー以下の全フォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー
・ 暗号化されたフォルダー
・ リバースポイントが設定されているフォルダー

フォルダーの制限事項

制限事項

制限内容

フォルダー名の最大長

・ 個人ライブラリー:「file:///」を除き220文字
・ ネットワークライブラリー:「file:」を除き220文字
・ Document Serverライブラリー:拡張子を含んで128文字、かつ「https://ホスト名/」を除き256文字以内

使用できない文字

個人ライブラリー/ネットワークライブラリー
・ 次の文字は使用できません。
 "\"、"/"、":"、"*"、"?"、"""、"<"、">"、"|"、","、先頭/末尾のピリオド、コントロールコード
・ 次の文字と同じフォルダー名は使用できません。
 "ごみ箱"、 "$Recycler.DT"、 "dt.iwu"、 "dt.iwn"、 "NUL"、 "CON"、 "AUX"、 "COM1"、 "COM2"、 "COM3"、 "COM4"、 "COM5"、 "COM6"、 "COM7"、 "COM8"、 "COM9"、 "LPT1"、 "LPT2"、 "LPT3"、 "LPT4"、 "LPT5"、 "LPT6"、 "LPT7"、 "LPT8"、 "LPT9"
・ 次の文字から始まるフォルダー名は使用できません。
 "NUL."、 "CON."、 "AUX."、 "COM1."、 "COM2."、 "COM3."、 "COM4."、 "COM5."、 "COM6."、 "COM7."、 "COM8."、 "COM9."、 "LPT1."、 "LPT2."、 "LPT3."、 "LPT4."、 "LPT5."、 "LPT6."、 "LPT7."、 "LPT8."、 "LPT9."
Document Serverライブラリー
・ 次の文字と同じフォルダー名は使用できません。
 "ごみ箱"、Document Server上で使用不可な文字

フォルダー名の重複

フォルダーの表示色

白、薄い黄色、薄い赤、薄いピンク、薄い緑、薄い水色、薄いブルーグレー、薄いグレー
・ ネットワークライブラリーのフォルダーの表示色は変更できません。
・ Document Serverライブラリーでは、編集権限以上の権限がないフォルダーの表示色を変更できません。

フォルダー内の最大フォルダー/文書数

5000

ホットフォルダーの最大数

5

ホットフォルダーの転送元フォルダーに指定できないフォルダー

・ ごみ箱
・ CD-ROM、DVD-ROM、RAMディスク、リムーバブルデバイス
・ C:\Users、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\ProgramData、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows Vista/Windows 7/Windows 8の場合)
・ C:\Documents and Settings、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows XPの場合)
・ すでにホットフォルダー、またはマイトレイの転送元として登録済みのフォルダー
・ すでにインプットバーのマイボタンに登録している転送用フォルダー
・ すでに送信先トレイアウトプットアイコンとして登録済みのフォルダー
・ 登録している個人ライブラリー/ネットワークライブラリーと同じパスのフォルダー、およびこのフォルダー以下の全フォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー
・ 暗号化されたフォルダー
・ リバースポイントが設定されているフォルダー

ホットフォルダーの最大長

190文字

文書の制限事項

制限事項

制限内容

文書名の最大長

・ 個人ライブラリー:「file:///」を除き220文字
・ ネットワークライブラリー:「file:」を除き220文字
・ Document Serverライブラリー:拡張子を含んで128文字、かつ「https://ホスト名/」を除き256文字以内

使用できない文字

個人ライブラリー/ネットワークライブラリー
・ 次の文字は使用できません。
 "\"、"/"、":"、"*"、"?"、"""、"<"、">"、"|"、","、末尾のピリオド、コントロールコード
・ 次の文字と同じ文書名は使用できません。
 "ごみ箱"、 "$Recycler.DT"、 "NUL"、 "CON"、 "AUX"、 "COM1"、 "COM2"、 "COM3"、 "COM4"、 "COM5"、 "COM6"、 "COM7"、 "COM8"、 "COM9"、 "LPT1"、 "LPT2"、 "LPT3"、 "LPT4"、 "LPT5"、 "LPT6"、 "LPT7"、 "LPT8"、 "LPT9"、 "Thumbs.db"
・ 次の文字から始まる文書名は使用できません。
 "NUL."、 "CON."、 "AUX."、 "COM1."、 "COM2."、 "COM3."、 "COM4."、 "COM5."、 "COM6."、 "COM7."、 "COM8."、 "COM9."、 "LPT1."、 "LPT2."、 "LPT3."、 "LPT4."、 "LPT5."、 "LPT6."、 "LPT7."、 "LPT8."、 "LPT9."
Document Serverライブラリー
・ 次の文字と同じ文書名は使用できません。
 "ごみ箱"、Document Server上で使用不可な文字

文書名の同名重複

不可

使用できない文書の形式

次の拡張子の文書は使用できません。
 ".iwu"、".iwn"、".iwx"、".grb"、".tmp"、".~lock"

文書の最大サイズ

個人ライブラリー
・ 制限無し(使用するファイルシステムの制限に準拠)
Document Serverライブラリー
・ 300 MB

最大用紙サイズ

幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)

サムネイルが表示できる文書の形式

・ PDF文書(*.pdf)
 パスワード付きのPDF文書は表示できません。
・ バインダー文書(*.iwb)
・ XPS文書(*.xps)
・ イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)
 OSにインストールされているコーデックに基づいて、その他のイメージ文書も表示できます。
・ Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)
 サムネイル付きで保存されたOffice文書が表示できます。
 Power Point文書は、サムネイル付きで保存していなくても表示できます。

プレビューできる文書の形式

・ PDF文書(*.pdf)
 PDF文書に権限パスワードが設定されている場合は、プレビューできません。
 アノテーション付きのPDFの場合、アノテーションもプレビュー表示されます。
 幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えるページサイズの文書は表示できません。
 複数ページの文書の場合、サムネイル表示にすることでページサイズが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えていないページを表示できます。
・ イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)
 OSにインストールされているコーデックに基づいて、その他のイメージ文書も表示できます。
・ バインダー文書(*.iwb)
 印刷設定に応じたプレビュー表示をします。
 アノテーション付きのバインダー文書の場合、アノテーションも表示します。
・ XPS文書(*.xps)
 すべてのXPS文書をプレビュー表示できます。
・ Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)
 [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていない場合、大アイコンのサムネイルが存在すれば、サムネイルをプレビューとして表示します。
 Microsoft Office 2003をご使用の場合、Excel、Word文書をプレビューすることはできません。また、PowerPoint文書は大アイコンのサムネイルでプレビュー表示されます。
・ 保存メッセージファイル(.msg)
 [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いてれば、保存メッセージファイル(.msg)もプレビューできます。
 メールの既定プログラムがOutlook 2003以降の場合
 コンピューターのOSがWindows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1の場合
 次の場合、大アイコンのサムネイルが存在すれば、サムネイルをプレビューとして表示します。
 [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていない場合
 拡張子が.msgで、メールの既定プログラムがOutlook以外の場合
・ その他(*.xdw/*.xbd など)
 コンピューターのOSが32bit対応で、DocuWorksまたはDocuWorks Viewerがインストールされている場合は、DocuWorks文書(.xdw)やDocuWorksバインダー(.xbd)もプレビューできます。

機能に関する制限事項

 アウトプットバー
 送信先トレイアウトプットアイコン
 アプリケーションアウトプットアイコン
 ファクス
 メール送信
 スキャン
 簡易検索
 詳細検索
 検索条件
 メモ
 アドレス帳
 監視/通知
 Desktop Officeツールバー
 Desktop Communicator
 Document Server連携

アウトプットバー

制限事項

制限内容

最大登録数

20個

名称の最大長

40文字

ボタン用画像保存先の最大パス長

259文字

送信先トレイアウトプットアイコン

制限事項

制限内容

転送先フォルダーの最大パス長

190文字

転送先フォルダーに登録できないフォルダー

同じDesktopのマイトレイの共有フォルダーに設定してるフォルダー

コメントの最大文字数

5000文字

アプリケーションアウトプットアイコン

制限事項

制限内容

アプリケーション実行ファイルの最大パス長

259文字

ファクス

制限事項

制限内容

ファクス受信履歴の受信ファイル名最大値

254バイト

メール送信

制限事項

制限内容

添付できないショートカット

次のフォルダー/文書から作成したショートカットは添付できません。
・ ショートカット(*.iwl/*.iwlf)
・ ごみ箱
・ ごみ箱の中のフォルダーや文書

スキャン

制限事項

制限内容

文字と番号で指定した場合の文書名

文字数
・ 1文字以上100文字以下
開始番号
・ 10桁以内で0以上2147483647以下の整数

文書名に使用できない文字

・ 次の文字は使用できません。
 ~、"、#、%、&、*、:、<、>、?、/、\、{、|、}、〇、タブ、改行、先頭/連続するピリオド

・ 次の文字と同じ文書名は使用できません。
 "CON"、"PRN"、"AUX"、"NUL"、"COM "、"LPT"

・ 保存先のライブラリーの使用不可文字も使用できません。

最大ページ数

100

マイボタンの転送用フォルダーに指定不可なフォルダー

・ ごみ箱
・ CD-ROM、DVD-ROM、RAMディスク、リムーバブルデバイス
・ C:\Users、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\ProgramData、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows Vista/Windows 7/Windows 8の場合)
・ C:\Documents and Settings、C:\WINDOWS、C:\Program Files、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data、およびこれらのフォルダー以下の全フォルダー(Windows XPの場合)
・ すでにホットフォルダー、またはマイトレイの転送用として登録済みのフォルダー
・ すでにインプットバーのマイボタンに登録している転送元フォルダー
・ すでに送信先トレイアウトプットアイコンとして登録済みのフォルダー
・ 登録している個人ライブラリー/ネットワークライブラリーと同じパスのフォルダー、およびこのフォルダー以下の全フォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー
・ 暗号化されたフォルダー
・ リバースポイントが設定されているフォルダー

マイボタンの転送用フォルダーのパス最大長

190文字

簡易検索

制限事項

制限内容

個人ライブラリーの検索対象

・ ローカルコンピューター上の共有されていないフォルダーを登録した個人ライブラリー:本文テキストとプロパティー情報
・ 共有されているフォルダーを登録した個人ライブラリー:プロパティー情報
・ アドバンスドボックス内に登録した個人ライブラリー:プロパティー情報(ライブラリー作成時にアノテーションテキストを検索対象とする設定にした場合は、アノテーションテキストの検索が可能)

ネットワークライブラリーの検索対象

・ プロパティー情報
・ アノテーションテキスト

Document Server ライブラリーの検索対象

・ フォルダー名は検索対象になりません。
・ プロパティー情報が対象となる文書
 *.exch、*.nsf、*.tif、*.tiff、*.pub、*.aspx、*.ascx、*.jsp、*.jhtml、*.msg、*.php、*.mspx
・ 本文テキストとプロパティー情報が対象となる文書
 *.htm、*.html、*.txt、*.asp、*.xls、*.doc、*.ppt、*.xml、*.eml、*.odc、*.dot、*.mht、*.mhtml、*.url、*.pdf、*.iwb
・ 本文テキストとプロパティー情報が対象となる文書(Document ServerのサーバーでIFilter登録ツールが適用されている場合)
 *.docx、*.docm、*.pptx、*.pptm、*.xlsx、*.xlsm、*.xlsb、*.zip、*.one、*.vsd、*.vss、*.vst、*.vdx、*.vsx、*.vtx、*.xps

検索できない文書

次に保存されている文書は検索できません。
・ ごみ箱
・ チェックアウトフォルダー
・ マイトレイ

詳細検索

制限事項

制限内容

最大条件式

5

検索条件

制限事項

制限内容

最大数

100個

検索キーワードに使用できない文字

・ 次の文字は使用できません。
 "〇"
・ 次の文字はワイルドカードとして使用できません。
 *、?

メモ

制限事項

制限内容

使用できない文字

次の文字は使用できません。
 "〇"

作成できるライブラリー

・ 個人ライブラリー
・ Document Serverライブラリー(Document Server v2.1以上)
・ マイトレイ

ポップアップの最大サイズ

500ピクセル×500ピクセル

アドレス帳

制限事項

制限内容

取得できないアドレス帳

デバイスにインストールされているDesktop Communicatorのバージョンによって次になります。
・ 2.0.0の場合:宛先表01〜10に登録されているアドレスのグループ
・ 1.1.0の場合:宛先表01〜10に登録されているアドレスのグループ、ワンタッチボタンのアドレス

監視/通知

制限事項

制限内容

定期監視時間

1〜99分

デバイスごとに監視できるDesktopの最大数

12

通知音に指定できる形式

・ WAV/WAVE(*.wav)
 8ビットまたは16ビットの形式(Windows XPの場合)
・ ファイルサイズ:10MB以内

通知音の最大パス長

255文字

通知されないファイル形式

TMP(*.tmp/*.TMP)

文書リストに表示される文書

当日を含めない直近の30日分の新着文書

Desktop Officeツールバー

制限事項

制限内容

使用できる形式

・ Excel 2007/2010/2013の場合
 *.xlsx、*.xls、*.xlsm、*.xlsb、*.txt、*.xml、*.csv、*.prn、*.dif、*.slk
・ Excel 2003の場合
 *.xls、*.xlw、*.wk4、*.wk3、*.wk1、*.wj2、*.wj3、*.wq1、*.dbf、*.txt、*.xml、*.csv、*.prn、*.dif、*.slk
・ Word 2007/2010/2013の場合
 *.docx、*.doc、*.docm、*.dotx、*.dot、*.dotm、*.rtf、*.txt、*.xml
・ Word 2003の場合
 *.doc、*.dot、*.rtf、*.txt、*.xml
・ PowerPoint 2007/2010/2013の場合
 *.pptx、*.pptm、*.ppt、*.ppsx、*.ppsm、*.pps、*.xml
・ PowerPoint 2003の場合
 *.ppt、*.pps

Desktop Communicator

制限事項

制限内容

デフォルトパスワード

DtComm7654321

パスワードの最大文字長

16文字

パスワード変更先

・ デバイスがSSLを有効にしていない場合
 http://<デバイスのIPアドレス>:8000/DesktopCommunicator/Setting
・ デバイスがSSLを有効にしている場合
 https://<デバイスのIPアドレス>:8443/DesktopCommunicator/Setting

Document Server連携

制限事項

制限内容

オートチェックインできる形式

・ Document Binder
・ Annotation Editor
・ メモ帳
・ Excel
・ Word
・ PowerPoint
・ COREL WordPerfect
・ Lotus123
・ Photoshop
・ Photoshop CS
・ Microsoft Outlook
・ Outlook Express
・ Adobe Acrobat
・ Adobe Reader

このページのトップへ


Document Binder

 文書の制限事項
 印刷に関する制限事項
 機能に関する制限事項

文書の制限事項

 テンプレート
 章タイトル
 ページ
 バインダー文書
 文書のインポート

テンプレート

制限事項

制限内容

登録できる最大テンプレートの数

インストール時に登録されたテンプレートを除いて最大30個

テンプレート名の最大長

100文字

章タイトル

制限事項

制限内容

章タイトルの最大長

128文字

章タイトルの重複

ページ

制限事項

制限内容

ページを分割できる最少サイズ

97.0mm x 145.7mm

ページ番号にカウントされないページ

・ 原稿を印刷しない表紙/裏表紙/合紙
・ インデックス紙

更新時に目次ページから削除されるもの

・ Object Layout Editorで目次ページに移動したオブジェクト
・ 電子印鑑
・ ハイライト
・ 下線
・ 取り消し線
・ テキストノート

更新時に目次ページが減った場合、減ったページから削除されるもの

・ バリアブルフィールド
・ アノテーション

バインダー文書

制限事項

制限内容

最大ページ数

・ 1000 ページ(A4)
・ 20 ページ(A0)"

最大章数

1000 (1章1ページの場合)

レコード数

5000

最大サイズ

2 GB

文書名の最大値

256文字

保存先の最大パス長

260文字

文書のインポート

制限事項

制限内容

バインダー文書に追加できる形式

・ Document Binderに直接追加できる形式
 PDF文書(*.pdf)
 imageWARE文書(*.iwd)
 バインダー文書(*.iwb)
 イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)
 Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)
 MSG文書(*.msg)
・ Desktop Document Writerを使用して追加できる形式
 印刷可能な文書

バインダー文書に追加できない形式

.exe, .com, .dll, .ocx, .lnk, .sys, .drv, .avi, .wav, .lzh, .zip, .cab

バインダー文書に追加できない文書

・ 使用中のimageWARE文書
・ 次のバージョンのアプリケーションで作成されたimageWARE文書
 Publishing Manager Version 3.0より古いバージョン
 Publishing Manager Professional Editionのすべてのバージョン
 Prepress Managerのすべてのバージョン
・ 使用中のバインダー文書
・ ポリシー付きPDFなど、非サポート形式のセキュリティー設定がされているPDF文書
・ V4/V5形式(色数16および32)のBMP画像のうち、BITMAPV4/V5HEADERのサイズが40、52、または56byte以外のもの
・ 印刷可能なアプリケーションがインストールされていない場合のOffice文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)
・ Windows Vista以降でDocument Binderを管理者特権を有効にして起動した場合

Document Binderに直接追加できない文書

・ 254文字以上のファイルパスで途中にスペースが入っている文書
・ Word/Excel/PowerPointファイル形式用Microsoft Office互換機能パックを使用している場合のMicrosoft Office 2007形式のOffice文書
・ Microsoft Office 2003より前のMicrosoft Officeで作成されたOffice文書
・ 次のExcel文書
 文書中のマクロが正しく動作しない場合
 ワークシート、またはグラフシートが存在しない場合
 空白のシート、および空白のシートしか存在しない場合
 任意範囲で書式設定(表示形式/罫線/パターンなど)されているがプレビュー表示ができないシートがある場合
・ 次のExcel文書で追加できない可能性があります
 文書中にマクロが設定され、セキュリティーレベルが「高」の場合
 Excelテンプレートファイルの場合
・ インストールされている Microsoft Outlook が Outlook 2007より前のバージョンの場合のMSG 文書

バインダー文書追加時に削除/無効になるもの

・ PDFパッケージ文書、PDFポートフォリオ文書の表紙ページ以外
・ 添付ファイルつきPDF文書の添付ファイル
・ 保護された電子封筒機能を使用して生成されたPDF文書の封筒以外
・ PDF文書上で3ポイント以下の画像
・ 電子署名付きPDF文書の電子署名
・ バインダー文書の次の設定
 章構成
 印刷設定
・ PDF文書に付与されている署名

バインダー文書に追加時に削除されるもの

PDFパッケージおよびPDFポートフォリオの表紙ページ以外

バインダー文書追加時にオリジナル文書データとして保存されないもの

・ 添付ファイルつきPDF文書の暗号化された添付ファイル
・ 暗号化された添付ファイルつきPDF文書の添付ファイル
・ MSG文書の添付ファイル

最大用紙サイズ

・ PDF文書(*.pdf)、imageWARE文書(*.iwd)、バインダー文書(*.iwd)イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)の場合
 幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)
 これより大きい用紙サイズ:インポート不可
・ Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)の場合
 定型用紙サイズ以外:355.6mm x 482.6mmにおさまるようにトリミング
 A0/A1/A2サイズ:A3サイズに縮小
 B1/B2/B3サイズ:B4サイズに縮小

19インチを超えるイメージファイル

・ [出力用紙サイズ]を[自動]にしていた場合
 [イメージを縮小する用紙サイズ]の設定に合わせて、縮小してインポート
・ [出力用紙サイズ]を[自動]以外にしていた場合
 [出力用紙サイズ]に合わせて、縮小してインポート
・ イメージファイルの縮小は、イメージファイルに含まれている解像度に従い縮小を行う
・ イメージファイルに解像度情報が含まれていない場合
 96dpi換算で縮小してインポートを行う

印刷に関する制限事項

 印刷範囲
 製本印刷
 印刷設定
 プリンター

印刷範囲

制限事項

制限内容

ページ範囲を指定する場合の最大長

255文字

製本印刷

制限事項

制限内容

製本印刷と組み合わせできない印刷設定

・ [ホチキス]
・ [パンチ穴]
・ [インデックス紙]
・ [合紙]
・ [裏表紙]
・ [折り]
・ [排紙方法]

印刷設定

制限事項

制限内容

[出力用紙サイズ]の[自動]、および[出力用紙の向き]と組み合わせると、後から設定したものだけが有効になる印刷設定

・ [ページ集約]の[1 in 1(標準)]以外
・ [印刷方法] > [両面印刷]
・ [印刷方法] > [製本印刷]
・ [ホチキス]
・ [パンチ穴]
・ [挿入する用紙]

章単位で出力用紙サイズの指定が可能になる設定

文書全体に片面印刷が設定され、かつ次の印刷/給紙設定が行われていない場合
・ ホチキス
・ パンチ穴
・ 表紙
・ 裏表紙
・ 合紙
・ インデックス紙

章単位で設定可能なレイアウト設定/印刷設定

・ 出力用紙サイズ
・ 出力用紙の向き
・ ページ集約
・ 印刷方法(片面印刷)
・ カラーモード
・ ホチキス設定
・ 給紙設定
・ 合紙/インデックス紙の設定
・ ヘッダー/フッターの設定
・ 透かしの設定

原稿サイズや向きが混在している文書の処理

・ [出力用紙サイズ]を[自動]に設定している場合:原稿サイズにあわせて、自動で用紙選択
・ [出力用紙サイズ]を[自動]以外に設定している場合:設定した用紙幅にあわせて拡大縮小されるが、回転はされない

プリンター

制限事項

制限内容

出力できないプリンター

コンピューターに登録されているプリンター名が、タブコードを含んでいるプリンター

Document Binderで設定すると、プリンタードライバーで設定不可となる印刷設定

・ [挿入する用紙]で[表紙]、[裏表紙]、[合紙]、[インデックス紙]のいずれかにチェックマークを付ける
・ [章の設定]の[片面印刷を行う]、または[カラーモード]のいずれかにチェックマークを付ける

機能に関する制限事項

 PDF文書変換
 連続した余白をつめる
 透かし

PDF文書変換

制限事項

制限内容

パスワード最大長

32文字(半角英数字)

PDF文書に変換不可なバインダー文書

ファイルリストビューペインに検索結果が表示されている場合のファイルリストビューペイン内の文書

変換するバインダー文書の設定

PDF文書にレイアウトは反映されますが、設定した印刷設定は反映されません。

連続した余白をつめる

制限事項

制限内容

余白づめを行わないページ

・ アノテーションが付与されているページ
・ 目次ページ
・ バリアブルフィールドが付与されているページ

透かし

制限事項

制限内容

透かし名の最大値

31文字

透かしに指定可能な形式

・ BMP(*.bmp)
・ JPEG(*.jpg/*.jpeg)
・ TIFF(*.tif/*.tiff)

同名重複

不可

このページのトップへ


Object Layout Editor

 文書の制限事項
 オブジェクトの制限事項
 余白をつめる際の制限事項
 やり直しの制限事項

文書の制限事項

 編集領域
 テキスト
 編集対象外の領域
 検索バーから検索

編集領域

制限事項

制限内容

最大領域

-1200mm x 1200mm

テキスト

制限事項

制限内容

最大数(ページ領域内)

1000文字、あるいはエディットボックスの右端がページ領域の右端に達するまで

最大数(ページ領域外)

1000文字、あるいはエディットボックスの右端が編集領域の右端に達するまで

やりなおし最大数

10回
・ テキスト入力を終了した場合は、テキスト入力をやり直せません。

編集対象外の領域

制限事項

制限内容

調整できる最大高

ページ上下端から1/4

検索バーから検索

制限事項

制限内容

検索文字列の最大長

256文字
・ サロゲートペア文字は2文字以上とカウントされます。

オブジェクトの制限事項

制限事項

制限内容

一度に位置揃えできる数

50個

一度に編集できるテキストオブジェクトの最大数

50個

編集できないもの

・ Annotation Editorで挿入したアノテーション、および電子印鑑
・ Variable Editorで挿入したバリアブルフィールド(表示もされません)
・ - 1200mm x 1200mmのサイズを超える部分にあるもの

ブロック化できないオブジェクト

・ 外接矩形の面積がページ面積の64%以上で、重なり順でもっとも背面にあり、グループ化されていないもの ※1
・ 外接矩形の面積がページ面積の64%以上でグループ化されておらず、重なり順で、背面に※1のオブジェクトしかないもの
・ 外接矩形が完全にページ外に出ていてページ内には存在しないもの
・ 外接矩形の一部が編集領域外に出ているもの
・ 半角スペースしか含まれていないテキストオブジェクト以外で、外接矩形の一部がページ内にありページの上下の枠をまたぐもの
・ 編集外領域が設定されているページで、外接矩形が一部でもこの領域に含まれるもの

余白をつめる際の制限事項

制限事項

制限内容

連続して余白をつめられる最大ページ範囲

100ページ

編集対象外の領域と同じと判断しないケース

・ ページのサイズが一致しない場合
・ イメージオブジェクトの個数が異なる場合
・ テキストオブジェクトの個数が3以上異なる場合
・ テキストオブジェクトが含まれていない場合(設定時の編集対象外の領域にテキストオブジェクトが含まれていた場合)
・ 編集対象外の領域の上側、または下側どちらかが編集対象外の領域と判断されなかった場合

やり直しの制限事項

制限事項

制限内容

やり直しの回数

10回
・ 次の場合はやり直しできません。
 編集モードを変更した場合
 上書き保存をした場合
 [編集対象外の領域の指定]ダイアログボックスで[OK]をクリックした場合
 Object Layout Editorを終了した場合

このページのトップへ


Annotation Editor

 アノテーションの制限事項
 電子印鑑の制限事項
 ファクスの制限事項
 やり直しの制限事項

アノテーションの制限事項

 サイズ
 画像/ビットマップスタンプ
 テキストスタンプ
 グループ
 イメージコピー
 一括挿入
 検索バーからの検索
 [アノテーション一覧]リストからアノテーションを検索
 他アプリケーションで作成したPDF文書

サイズ

制限事項

制限内容

最少サイズ

表示倍率100%:約2ピクセル×2ピクセル

画像/ビットマップスタンプ

制限事項

制限内容

画像として挿入、またはスタンプ用画像として指定できるファイル形式

・ BMP(*.bmp)
・ TIFF(*.tiff/*.tif)
 複数ページのTIFF画像の場合は、1ページ目が使用されます。透明部分のあるTIFF画像も使用できます。
・ JPEG(*.jpg/*.jpeg)
・ PNG(*.png)
・ GIF(*.gif)
・ その他コーデックの存在する画像フォーマット

スタンプ用画像保存先の最大パス長

259文字

スタンプ名の最大長

31文字

テキストスタンプ

制限事項

制限内容

スタンプ名の最大長

31文字

テキストスタンプ内容の最大長

50文字

グループ

制限事項

制限内容

グループ化できないアノテーション

・ 下線
・ 取り消し線
・ ハイライト
・ テキストノート
・ 署名なし電子印鑑
・ 署名あり電子印鑑
・ 不明なアノテーション

イメージコピー

制限事項

制限内容

コピー対象外

・ テキストノートのノート部分
・ テキストノートのノートアイコン
・ 電子印鑑のステータスアイコン

一括挿入

制限事項

制限内容

一括挿入できないアノテーション

・ 電子印鑑
・ ハイライト
・ 下線
・ 取り消し線
・ テキストノート

検索バーからの検索

制限事項

制限内容

検索対象のアノテーション

・ テキスト
・ テキストボックス
・ 引き出し線
・ テキストスタンプ
・ 日付スタンプ
・ ポップアップ内文字列

検索文字列の最大長

256文字
・ サロゲートペア文字は2文字以上とカウントされます。

[アノテーション一覧]リストからアノテーションを検索

制限事項

制限内容

検索対象文字列

・ 各アノテーションのユーザー名、更新日時、ページ番号
・ テキスト/テキストボックス/引き出し線/テキストスタンプ/日付スタンプ/ポップアップ内文字列

他アプリケーションで作成したPDF文書

制限事項

制限内容

PDFパッケージ文書

表紙ページのみ表示

PDFポートフォリオ文書

表紙ページのみ表示

ポリシー付きPDFなど、非サポート形式のセキュリティー設定が施されているPDF文書

Annotation Editorを起動できません。

Reader Extensions付きPDF文書

Annotation Editorでアノテーションを挿入した場合、Reader Extensions機能は無効になります。

電子印鑑の制限事項

 サイズ
 デジタル証明書
 印影

サイズ

制限事項

制限内容

最小サイズ

・ 表示倍率100%:16ピクセル×16ピクセル
・ 表示倍率200%:32ピクセル×32ピクセル

デジタル証明書

制限事項

制限内容

指定可能なデジタル証明書

・ Windows Server 2003で発行されたデジタル証明書
・ Windows Server 2008で発行されたデジタル証明書
・ ベリサインデジタル証明書

印影
制限事項

制限内容

挿入できる形式

・ BMP(*.bmp)
・ TIFF(*.tiff/*.tif)
 複数ページのTIFF画像の場合は、1ページ目が使用されます。透明部分のあるTIFF画像も使用できます。
・ JPEG(*.jpg/*.jpeg)
・ PNG(*.png)
・ GIF(*.gif)
・ その他コーデックの存在する画像フォーマット

印影名の最大長

31文字

テキストの最大長

50文字

印影用画像保存先の最大パス長

259文字

ファクスの制限事項

制限事項

制限内容

ジョブ名の最大長

254バイト

やり直しの制限事項

制限事項

制限内容

やり直しの回数

7回

このページのトップへ


Variable Editor

制限事項

制限内容

データベースに指定できる形式

・ txt(.txt)
・ csv(.csv)
・ バージョン2003/2007/2010/2013のExcel文書(.xls/.xlsx/.xlsb/.xlsm)

フィルターの抽出条件の最大長

5

イメージフィールドに挿入できる形式

・ BMP(*.bmp)
・ TIFF(*.tiff/*.tif)
・ JPEG(*.jpg/*.jpeg)
・ PNG(*.png)
・ GIF(*.gif)

バリアブルフィールドの最小サイズ

・ 表示倍率200%以外:40ピクセル×40ピクセル
・ 表示倍率200%:80ピクセル×80ピクセル

このページのトップへ


簡単印刷ツール

制限事項

制限内容

表示名の最大長

220文字

ファクス受信音に使用できるファイル形式

WAV/WAVE(*.wav)
・ 8ビットまたは16ビットの形式(Windows XPの場合)

ファクス受信音ファイルまでの最大パス長

255文字

デバイス監視時間

30秒

このページのトップへ


Document Writer

制限事項

制限内容

最大用紙サイズ

355.6mm x 482.6mm

最大用紙サイズより大きい文書をインポートした場合

・ 定型用紙サイズ以外:355.6mm x 482.6mmにおさまるようにトリミング
・ A0/A1/A2サイズ:A3サイズに縮小
・ B1/B2/B3サイズ:B4サイズに縮小

最大ファイルサイズ

4.28 GB

このページのトップへ


Desktop Monitor Setup

 プリンターリストの制限事項
 ポートの制限事項
 デバイス探索の制限事項

プリンターリストの制限事項

制限事項

制限内容

表示できないプリンター

・ BMLinkS統合プリンタードライバーを使用しているプリンター
・ CAPTプリンタードライバーを使用しているプリンター

ポートの制限事項

制限事項

制限内容

IPアドレスまたはホスト名の最大長

半角127文字(全角文字を含む場合は、全角7文字(半角14文字))

ポート名の最大長

半角128文字(全角64文字)

ポート名に使用できない文字

次の文字は使用できません。
 \、,、@、タブ

ポート名の重複

不可

アプリケーション対応ポートの最大数

64

アプリケーション対応ポートの最大プリンター数

32

プリンター名の最大長

半角127文字(全角63文字)

プリンター名に使用できない文字

次の文字は使用できません。

 !、,、;、=、\、[、]、{、}、タブ

LPRキュー名の最大長

63文字

LPRキュー名に使用できない文字

次の文字のみ使用できます。
・ 半角英数字、_、-

ポート番号に指定できる範囲(RAWプロトコル使用時)

1025〜65535

SNMPコミュニティー名の初期値

public

SNMPコミュニティー名の最大数

半角127文字(全角63文字)

SNMPデバイスインデックスの指定できる範囲

1〜2147483647

デバイス探索の制限事項

制限事項

制限内容

ネットワーク名に使用できない文字

次の文字は使用できません。

 "、'、;、,、=、[、]、タブ

ネットワーク名の最大長

半角32 文字(全角16 文字)

このページのトップへ


DMデータライブラリー

 DMデータライブラリーで利用できない機能
 他のライブラリーへコピーする場合の制限
 イメージ文書をコピーする場合の制限
 検索機能の制限

DMデータライブラリーで利用できない機能

対象

操作

ライブラリー

監視機能(イベント監視)

フォルダー/文書

・ 新規作成 / 名称の変更 / プロパティーの編集
・ 移動 / ライブラリー内でのコピー / アップロード

フォルダー

表示色の変更

文書

・ 編集 / インポート
・ 共有 / 承認 / チェックイン / チェックアウト / バージョン管理

他のライブラリーへコピーする場合の制限

 プロパティ情報 / メモ
 検索用インデックス

プロパティ情報 / メモ
文書のコピー先

制限内容

アドバンスドボックス

コピーされません。

上記以外のライブラリー
(DMデータライブラリーを除く)

[システム設定] >[ Browser] >[ 文書の編集 / 操作]の[プロパティーの設定が一致する項目の値をコピーする]の設定によって、次のようにコピーされます。
・ チェックマークが入っている場合:コピー先と名前や型が一致したプロパティー情報のみコピーされます。コピー先のライブラリーでメモが利用できる場合は、メモもコピーされます。
・ チェックマークが入っていない場合:コピーされません。

検索用インデックス

コピー先のライブラリーの種別に関わりなく、検索用インデックスはコピーされません。

イメージ文書をコピーする場合の制限

Document Manager のアノテーション

変換後のAnnotation Editor のアノテーション

三角V型中間矢印

閉じた矢印

テキストスタンプ/ 日付スタンプ

テキストボックス
・ 日付スタンプの内容は文字列に変換されます。

テキスト

テキストボックス

マーカーの重なり

背後のマーカーカラーを薄く表示

丸い線端/四角形の角

線端/ 四角形の角は四角に変換

フォント

移行前のフォントがコピー先にない場合はデフォルトフォントに変換

縦書き

文字が90度回転

四角形

大きさが若干変わる場合があります。

メモ

・ 文字の書き出し位置が少し右に移動します。
・ 枠線の太さが表示倍率によって拡大/ 縮小されるようになります。


 メモ

・ アノテーション内のテキストの大きさやレイアウトが、Document Managerで表示した場合と、Annotation Editorで表示した場合で異なることがあります。
・ Document Managerでは、設定したアノテーションの領域外にはみ出すテキストは表示されません。DMデータライブラリーからコピーしたイメージ文書にアノテーションの領域外のテキストが含まれている場合、Annotation Editorでは領域外にはみ出したテキストの一部が表示されます。

検索機能の制限

・ Document Managerでキャビネットを検索した場合とDesktopで DMデータライブラリーを検索した場合では、文書に設定できるプロパティー情報の種類が異なるため、検索条件が同じでも検索結果が異なることがあります。
・ DMデータライブラリーから他のライブラリーに文書をコピーした場合、Document Managerで設定した検索用インデックスはコピーされないため、検索条件が同じでも検索結果が異なることがあります。

このページのトップへ


ファクス送信履歴オプション(別売り)

制限内容

制限事項

対応ファクスドライバー

Canon Generic FAX Driver v10.00以降

格納場所に指定できないフォルダー

・ 使用しているコンピューターのハードディスク/ネットワークドライブ以外のドライブ上のフォルダー
・ 各ドライブのルートフォルダー
・ Windows用フォルダー(「C:\Windows」など)
・ 書き込み権限(Windows)のないフォルダー
・ すでにライブラリーとして登録されているフォルダー、およびその階層内にあるフォルダー
・ 隠しファイル属性が設定されているフォルダー

送信履歴数

10万件

ファイルリストビューペインに表示可能な最大件数

5000件

登録できるフィルター数

30個

フィルターの組み合わせ最大数

5個

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ