ライセンスについて知りたい



ライセンスについて知りたい
更新日 : 2015年6月19日
文書番号 : Q000078745



ライセンスの概要と種類については次を参照してください。
 ライセンスとは
 ライセンスの種類
ライセンスとは

ライセンスとは、ソフトウェアをお使いいただくための権利のことです。
ソフトウェアをお使いになる前には、ライセンス認証が必要です。ライセンス認証したPCでのみ、ソフトウェアをお使いいただけます。
また、別のPCでもソフトウェアを使いたい場合は、ライセンス認証済みのPCから、ライセンスを移動することができます。
ライセンス認証やライセンス移動の操作方法は、お使いの環境によって異なります。お使いの環境に合った操作方法をご確認の上、操作してください。

 重要

・ お使いのPC上のOSで互換モードを指定して、ソフトウェアをお使いになることは、サポートの対象外です。
・ ソフトウェアをインストールしたPCの時刻を実際の時刻と10 分以上ずらして設定している場合は、ソフトウェアをインストールしたPCの時刻をロケール設定も含めて正しい時間に設定しなおしてください。時刻が大幅にずれていると、ソフトウェアを正常にお使いいただけないなど、不具合が生じることがあります。
・ 初回起動時に、時刻を実際の時刻よりずらして設定していると、正しい時刻に設定しなおしてもソフトウェアが起動できなくなる場合がありますので、特に注意してください。
・ ライセンス情報が壊れた場合には、ライセンス修復機能が自動的に起動します。
・ PCの筐体が壊れた場合などにハードディスクのみ他の筐体へ入れて、ライセンス認証済みのソフトウェアを使用すると、ソフトウェアが起動できなくなり、ライセンス修復機能でもライセンス情報を修復できなくなります。この場合は、お客様相談センターにお問い合わせください。imageWARE Support Packを購入し、imageWARE Support Siteにて保守登録していただいているお客様は、保守窓口にお問い合わせください。
・ Desktopが起動している場合、ライセンスを返却することができません。ライセンスの返却を行う際は、次のアプリケーションを終了してください。

 -Desktop Browser
 -Desktop Editor (v4.0の場合)
 -Document Binder (v3.xの場合)
 -Printer Monitor
 -Document Monitor

ライセンス認証システムは、ライセンスを認証するためのシステムであり、認証後のライセンスを管理するものではありません。
ライセンスの期限や権利数など、認証後のライセンスに関する事項については、お客様で管理していただきますようお願いいたします。

ライセンスの種類

ライセンスには、次の2 種類があります。
・ 製品版ライセンス
・ お試しライセンス

製品版ライセンス

製品版ライセンスは、制限なく継続的にソフトウェアをお使いいただけるライセンスです。
ソフトウェアを継続的にお使いになる場合は、製品版ライセンスの認証を行ってください。ライセンス認証したPCでのみ、ソフトウェアをお使いいただけます。

 メモ

・ 製品版ライセンスの認証を行うには、ライセンスアクセス番号が必要です。ライセンスアクセス番号は、ソフトウェア製品パッケージに同梱の「ご使用になる前にお読みください」でご確認いただけます。imageWARE Support Siteにてプロダクト保守登録もしくは製品登録を行っていただいたお客様は、imageWARE Support Site(https://mp01.canon.jp/iw/app/user/)の[保守の登録状況照会]もしくは[製品の登録状況照会]画面でもご確認いただけます。

お試しライセンス

お試しライセンスは、製品版ライセンスと同様の機能をお使いいただけますが、お使いいただける期間に制限があります。
試用期間は、お試しライセンスの使用開始時からカウントされます。試用期間の終了後はソフトウェアを起動することができません。試用期間中に、製品版ライセンスを認証してください。

 メモ

・ 試用期間中もしくは試用期間終了後でも、製品版ライセンスの認証を行うことで、ソフトウェアを期間の制限なくお使いいただけます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4 / Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ