インターネットを利用せずにライセンスを返却する(オフライン返却)方法を知りたい



インターネットを利用せずにライセンスを返却する(オフライン返却)方法を知りたい
更新日 : 2016年2月5日
文書番号 : Q000078778



インターネットを利用せずにライセンスを返却する手順は、次のとおりです。
 重要

・ Desktopが起動している場合、ライセンスを返却することができません。ライセンスの返却を行う際は、次のアプリケーションを終了してください。
 -Desktop Browser
 -Desktop Editor (v4.0の場合)
 -Document Binder (v3.xの場合)
 -Printer Monitor
 -Document Monitor

STEP1:返却用リクエストデータファイルを作成する

ライセンス認証済みのPC(移動元)から返却用リクエストデータファイル(.ret形式)を作成します。
 1.
スタートメニューから[すべてのプログラム]Canon LMS[ライセンスの情報管理]の順に選択します。
[ライセンスの情報管理]画面が表示されます。

 メモ

・ お使いのPCのOSがWindows 8またはWindows 8.1の場合は、「すべてのアプリ」の一覧画面から[ライセンスの情報管理]のアイコンをクリックします。

 2.
[ライセンスの情報管理]画面で[返却]をクリックします。

[返却方法の選択]画面が表示されます。
 3.
[インターネットを利用せずに返却する(オフライン返却)]を選択して、[次へ]をクリックします。

[返却用リクエストデータファイルの作成(1/3)]画面が表示されます。
 4.
返却用リクエストデータファイルの保存先を指定して、[次へ]をクリックします。
入力欄にフルパスを入力するか、[参照]をクリックして、保存先を指定します。

初期値のファイル名は「ret_<ID>_<PCのホスト名>」と表示されます。
ファイル名は変更することができます。ただし、「¥ / : * ? “ < > | ; . & % ‘」の記号は入力できません。

 メモ

・ [参照]をクリックして表示されるダイアログは、お使いの環境によって異なります。

[返却用リクエストデータファイルの作成(2/3)]画面が表示されます。
 5.
内容を確認して、[作成]をクリックします。

 メモ

・ 保存に失敗した場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。[戻る]をクリックして、再度、保存先を指定してください。

返却用リクエストデータファイル(.ret形式)が保存され、[返却用リクエストデータファイルの作成(3/3)]画面が表示されます。
 6.
[閉じる]をクリックします。

STEP2:ライセンスを返却する

STEP1 で作成した返却用リクエストデータファイルでライセンスを返却します。

ソフトウェアをお使いになりたいPCの他に、インターネットを利用できるPCがある場合は、キヤノンライセンス発行サーバーに接続してライセンスを返却します。
 1.
記録メディアなどで、お使いのPCからインターネットを利用できる別のPCへ返却用リクエストデータファイル(.ret形式)を移動します。
 2.
キヤノンライセンス発行サーバー(http://www.canon.com/lms/iwportable/)に接続します。
返却用リクエストデータファイル(.ret形式)を指定する画面が表示されます。
 3.
返却用リクエストデータファイル(.ret形式)をアップロードします。

 メモ

・ 実際に表示される画面は、お使いの環境によって異なる場合があります。

ライセンスを返却する画面が表示されます。
 4.
画面の指示に従って、ライセンスを返却します。

上記手順でライセンス返却ができない場合

電子メールをご利用されている場合はお客様相談センターへご連絡ください。
電子メールをご利用になれない場合は製品をご購入された販売店にご相談ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4 / Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ