PDF文書に、持っている画像を印鑑(スタンプ)として添付したい(V3.1.X/V3.2.0)



PDF文書に、持っている画像を印鑑(スタンプ)として添付したい(V3.1.X/V3.2.0)
更新日 : 2014年9月2日
文書番号 : Q000079563



Annotation Editorで、PDF文書に画像をスタンプとして添付できます。また、画像を何度もスタンプとして使用する場合、ビットマップスタンプに画像を登録したり、スタンプとして添付した画像をお気に入りに登録したりすると便利です。

 STEP1:ビットマップスタンプを新規追加する
 STEP2:ビットマップスタンプを挿入する
 STEP3:アノテーションをお気に入りに登録する
 印影を新規追加する

STEP1:ビットマップスタンプを新規追加する

インストール時に自動的に登録されたビットマップスタンプに加えて、新規にビットマップスタンプを登録できます。
 1.
[ツール]メニュー > [スタンプの一覧]を選択します。


[スタンプの一覧]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[新規追加]をクリックします。


[スタンプの新規追加]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[スタンプの種類]で[イメージ]を選択します。


 4.
[スタンプの新規追加]ダイアログボックスで、スタンプの詳細を設定します。

[スタンプ名]

新規追加するスタンプの名前を31文字以内で入力します。すでに登録されているスタンプと同一の名前は設定できません。

[ファイル名]

ビットマップスタンプに使用する画像ファイルのパスを259文字(全角・半角合わせた文字数)以内で指定します。[参照]をクリックして、画像ファイルを指定することもできます。

 メモ

 ビットマップスタンプを登録後に画像の保存先を変更すると、ビットマップスタンプが使用できなくなります。また、ビットマップスタンプに登録している画像を編集すると、ビットマップスタンプも編集した画像の内容に変更されます。
 ビットマップスタンプには、次の画像ファイル形式を使用できます。
 BMP
 TIFF(複数ページのTIFF画像の場合は、1ページ目が使用されます。透明部分のあるTIFF画像も使用できます。)
 JPEG
 PNG
 GIF
 お使いのコンピューターにコーデックがインストールされていた場合、挿入できる画像ファイルが増えることがあります。

 5.
プレビュー表示を確認し、[OK]をクリックします。


[スタンプの一覧]ダイアログボックスに戻ります。
[スタンプの一覧]に追加登録したスタンプが表示されます。
 6.
[閉じる]をクリックします。

 メモ

 [スタンプの一覧]ダイアログボックスの[スタンプの一覧]に表示されたスタンプアイコンは、スタンプの種類を表します。
  :インストール時に自動的に登録されたスタンプを表します。
  :テキストスタンプを表します。
  :ビットマップスタンプを表します。

STEP2:ビットマップスタンプを挿入する

Annotation Editorを使用して、登録した画像をPDF文書、またはバインダー文書のアノテーションとして挿入できます。
 1.
オブジェクトパレットペインの  (ビットマップスタンプ)の右側にある  をクリックします。

または、[アノテーション]メニュー > [ビットマップスタンプ]を選択します。

サブメニュー、またはプルダウンメニューが表示されます。

 メモ

  (ビットマップスタンプ)をクリックすると、前回使用したビットマップスタンプが選択できます。
 連続して前回使用したビットマップスタンプを使用する場合は、 (ビットマップスタンプ)をダブルクリックします。ダブルクリックすると、次のボタンを押すまでビットマップスタンプが選択状態でロックされ、連続して挿入できます。
 他のオブジェクトパレットペイン上のボタンを押す
 [Esc]キー

 2.
挿入するビットマップスタンプを選択します。


オブジェクトパレットペインに選択したビットマップスタンプがプレビュー表示されます。

 メモ

 変更したスタンプのプロパティー設定値をスタンプ登録時の値に戻す場合は、プロパティー内の[登録時の値に戻す]ボタンをクリックします。[登録時の値に戻す]ボタンはスタンプ挿入前のみ有効です。

 3.
マウスをワークペインに移動します。


マウスポインターの形が になり、選択したビットマップスタンプのプレビューが表示されます。

 メモ

 挿入処理を中止してマウスポインターの形を元に戻す場合は、次の操作を行います。
 オブジェクトパレットペインの (オブジェクトの選択)をクリック
 [Esc]キーを押す

 4.
ビットマップスタンプを挿入したい場所にプレビュー表示を配置してクリックします。

 メモ

 場所をクリックする前に次の操作を行うと、マウスポインターの形が元に戻り挿入処理が中止されます。
 オブジェクトパレットペインの (オブジェクトの選択)をクリック
 [Esc]キーを押す
 ビットマップスタンプの端がページの端を超える場合、ビットマップは縦横比を保ったままページ内に収まるように自動的に縮小されます。

 5.
挿入したスタンプ以外のワークペイン領域をクリックして、選択状態を解除します。

 メモ

 挿入したスタンプを変更する場合は、挿入したスタンプを選択し、オブジェクトパレットペインでプロパティーを変更します。

STEP3:アノテーションをお気に入りに登録する

アノテーションをお気に入りに登録して、同じアノテーションを何度も挿入する手間を省くことができます。
 お気に入りに登録する
 お気に入りから削除する

お気に入りに登録する

 1.
オブジェクトパレットペインの (オブジェクトの選択)をクリックします。


 2.
ワークペイン上でお気に入りに登録したいアノテーションを選択します。


 3.
ツールバーの (お気に入りに追加)をクリックします。

または、次のいずれかの操作を行います。
 [アノテーション]メニュー > [お気に入りに追加]を選択
 右クリックして[お気に入りに追加]を選択

オブジェクトパレットペインの[お気に入り]に登録されます。

 メモ

 お気に入りに登録した際のアノテーションの位置情報も保存されます。
 オブジェクトパレットペインには、登録したアノテーションの縮小版がボタンとして登録されます。
 グループ化されたアノテーションもお気に入りに登録できます。

お気に入りから削除する

削除したいお気に入りボタンの上で右クリックして[削除]を選択します。

印影を新規追加する

Annotation Editorでは、画像をスタンプのほかに印影として登録し、電子印鑑として使用できます。
登録した印影は、署名なし電子印鑑にも、署名付き電子印鑑にも使用できます。
 1.
[ツール]メニュー > [印影の一覧]を選択します。


[印影の一覧]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[新規追加]をクリックします。


[印影の新規追加]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[印影の新規追加]ダイアログボックスで、[印影の種類]から[イメージ]を選択します。

 メモ

 指定した画像ファイルの印影を登録できます。

 4.
イメージ印影の詳細を設定します。

[印影名]

新規追加する印影の名前を31文字以内で入力します。すでに登録されている印影と同一の名前は設定できません。

[ファイル名]

印影に使用する画像ファイルのパスを259文字(全角・半角合わせた文字数)以内で指定します。[参照]をクリックして表示される画面で画像ファイルを指定することもできます。

 メモ

 イメージ印影には、次の画像ファイル形式を使用できます。
 BMP
 TIFF(複数ページのTIFF画像の場合は、1ページ目が使用されます。透明部分のあるTIFF画像も使用できます。)
 JPEG
 PNG
 GIF
 お使いのコンピューターにコーデックがインストールされていた場合、挿入できる画像ファイルが増えることがあります。

 5.
プレビュー表示を確認し、[OK]をクリックします。


[印影の一覧]ダイアログボックスに戻ります。
[印鑑の一覧]に追加登録した印影が表示されます。
 6.
[閉じる]をクリックします。

 メモ

 [印影の一覧]ダイアログボックスの[印鑑の一覧]に表示された印影アイコンは、印影の種類を表します。
  :インストール時に自動的に登録された印影を表します。
  :テキスト印影を表します。
  :イメージ印影を表します。

※画面はV3.2.0のものです。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ