Adobe AcrobatのアノテーションがDesktopで使えるか知りたい



Adobe AcrobatのアノテーションがDesktopで使えるか知りたい
更新日 : 2014年9月2日
文書番号 : Q000079570



Desktop V3.0.0以降のバージョンで作成されたアノテーションは、Adobe Acrobatに準拠しているため、Adobe Acrobatと互換性があります。
Desktop V2.0.1以前のバージョンで作成されたアノテーションは、Desktop独自形式のため、Desktop以外のアプリケーションでは表示も印刷もできません。ただし、Desktop V3.0.0以降のバージョンで保存すると、PDF互換形式に置き換わります。
V2.0.1のアノテーション機能とV3.0.0以降のアノテーションの種類については次の表のとおりです。

 

Desktop
V2.0.1

Desktop
V3.0.0

Desktop
V3.0.1

Desktop
V3.0.3

Desktop
V3.1.0

Desktop
V3.1.2

Desktop
V3.2.0

アノテーションの形式

独自形式※1

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

Adobe同等のPDF アノ テーショ ン

アノテーション機能

テキスト

テキストボックス

コメント

直線

四角形

楕円

多角形

-

-

-

-

-

-

折れ線

-

-

-

-

-

-

マーカー

マスク

イメージ挿入

テキストスタンプ

ビットマップスタンプ

日付スタンプ

電子印鑑

署名付き電子印鑑

テキストハイライト

-

下線

-

取り消し線

-

テキストノート

-

※1 電子印影はAdobe形式です。

Desktop V2までのデータを扱う場合の注意事項

 Desktop V2.0.1以前で作成されたバインダー文書/PDF文書の場合、作業を行うとアノテーションはすべてAdobe Acrobat互換形式のアノテーションに変換されます。これによって、DesktopのアノテーションをAdobe Acrobatなど他のPDF閲覧ソフトで表示できますが、変換後に保存されたバインダー文書またはPDF文書に挿入されているアノテーションは、V2.0.1以前のDesktopでは編集できません。
 次のアノテーションがあるPDF文書を、Desktop V2.0.1以前でエクスポートを行った場合、Annotation Editorで開いてそのアノテーションを編集すると改行が削除されます。その後追加した改行は保存されます。
 テキスト
 テキストボックス

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V3 / Desktop V2

 

[TOP▲]
このページのトップへ