チェックイン/チェックアウトについて知りたい



チェックイン/チェックアウトについて知りたい
更新日 : 2015年7月10日
文書番号 : Q000079579



チェックイン/チェックアウトは、Document Serverライブラリーで文書を管理するための機能です。複数のユーザーでライブラリーを使用するために、チェックアウト処理によって、ユーザーが使用する文書を他のユーザーが編集できない状態にします。また、チェックイン処理によって、ユーザーが使用した文書を他のユーザーが使用できる状態にします。

 チェックアウトについて
 チェックアウト取り消しについて
 チェックインについて

チェックアウトについて

チェックアウトは、他のユーザーがその文書を編集できない状態にする処理です。
この操作は、Document Serverで更新権限以上の権限が割り当てられたユーザーが行える操作です。
通常は、ライブラリー内の文書を更新するためにまず文書のチェックアウトを行い、チェックアウトした文書をダウンロードして編集作業をします。これにより、ユーザーが編集作業中に他のユーザーに別の編集をされることを回避できます。他のユーザーがその文書を編集が可能となるのは、チェックイン、またはチェックアウト取り消しをしたあとになります。
また、チェックアウトのみをしてダウンロードをしないことも可能です。この場合も同様に、チェックイン、またはチェックアウト取り消しをするまでその文書は編集不可の状態となります。
b_v3_057_01.ai (WebFAQ_Sondrio4.0.0)

 メモ

 複数の文書を同時にチェックアウトできません。

チェックアウト取り消しについて

チェックアウト取り消しは、チェックアウトした文書について、他のユーザーがその文書をチェックアウト前の状態で編集できるようにする処理です。
通常は、チェックアウト後に編集した内容を、ライブラリー内の文書に反映させない場合にチェックアウト取り消しをします。
他のユーザーがその文書を編集できない状態をつくるためにチェックアウトをした場合は、編集可能な状態を再開するためにチェックアウト取り消しをします。
b_v3_057_02.ai (WebFAQ_Sondrio4.0.0)

チェックインについて

チェックインは、チェックアウトした文書を更新済みの文書として再びライブラリーに格納する処理です。これにより、他のユーザーが更新済み文書を編集できるようになります。
通常は、チェックアウト後に編集した内容を、ライブラリー内の文書に反映する場合に、チェックインを行います。

他のユーザーがその文書を編集できない状態をつくるためにチェックアウトを行い、別の文書を更新文書として格納する場合も、チェックインを行います。

 メモ

 チェックイン処理は、チェックアウトをしたユーザーができます。
また、フルコントロール(Document Server)の権限が割り当てられているユーザーは、自分がチェックアウトしていない文書でもチェックインできます。Document Server上の権限については、Document Serverのサーバー管理者にお問い合わせください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4 / Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ