Desktopとファクスドライバーのファクス送信機能の違いを知りたい(V3.2.0)



Desktopとファクスドライバーのファクス送信機能の違いを知りたい(V3.2.0)
更新日 : 2014年9月2日
文書番号 : Q000079608



Desktopおよびファクスドライバーからのファクス送信時に使用できる機能は次のとおりです。

機能

Desktop

ファクスドライバー

複数文書をまとめて送信する

-

送信先アドレスを文書から自動取得する

-

送信先アドレスを入力して指定する

ファクスドライバーのアドレス帳から送信先アドレスを入力して指定する

imageRUNNER ADVANCEのアドレス帳から送信先アドレスを入力して指定する

-

プレビュー確認・ページ指定を行う

-

外線発信番号を送信時に指定する

送信時刻を指定する

-

カバーシートを設定する

その他ファクスドライバー特有の機能

-

 メモ

 ファクスアウトプットアイコンの設定で、[文書に関連付けられたアプリケーションでファクス送信する]を選択した場合、文書に関連付けられた外部アプリケーションが起動し、ファクスドライバーのファクス送信設定ダイアログボックスが表示されます。
この場合、送信時に使用できる機能は、ファクスドライバーの機能になります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ