設定の配信(設定情報のインポート/エクスポート)について知りたい(V3.2.0/V4.0)



設定の配信(設定情報のインポート/エクスポート)について知りたい(V3.2.0/V4.0)
更新日 : 2015年7月10日
文書番号 : Q000079609



Desktopでは、コンピューター環境を移行する場合や、複数台のコンピューターで同じ設定でDesktopを使用する場合などに、各種設定内容をインポート/エクスポートできます。
設定のインポート/エクスポートは、Desktopのインストール時に同時にインストールされるImport & Export Toolで行うことができます。
設定済みのコンピューターの設定をエクスポートし、Desktopのインストール後に設定のインポートを行います。

b_v4_048_01.ai (WebFAQ_Sondrio4.0.0)


 メモ

 Import & Export Toolは、スタートメニューから起動できます。

ただし、環境の移行の対象外になる項目や、移行元と移行先のユーザー名が異なる場合に移行されない項目があります。
 環境の移行の対象外になる項目
 移行元と移行先のユーザー名が異なる場合に移行されない項目

環境の移行の対象外になる項目

次のユーザー設定項目については、設定の移行ができません。
 ライブラリーの認証情報(キャッシュ含む)
 アドレスや検索キーワードなどの入力履歴
 チェックアウトフォルダー内のファイル(チェックアウト中のファイル)
 マイボタン
 アドレス帳
 ライセンス情報
 ホットフォルダーや転送先の設定情報

 重要

 移行先ですでに上記の項目を設定していた場合は、移行を実行することで初期値に戻ります。必要に応じて再設定/ 再登録を行ってください。

移行元と移行先のユーザー名が異なる場合に移行されない項目

移行前とユーザー名の異なるDesktop 環境にユーザー設定をインポートした場合、次の項目は移行できません。
 マイトレイ内の文書
 Document Monitor/Printer Monitor の監視フォルダー内のファイルリストの状態や印刷履歴、ファクス送信履歴、ファクス受信履歴

 重要

 移行先のDesktopに登録されていた次の情報は、移行を実行することで初期値に戻ります。必要に応じて再設定/再登録を行ってください。
 移行元にローカルパスで設定していたライブラリー/ホットフォルダー/マイボタンなど
 移行先のDesktopのみに存在する項目(旧バージョンから移行する場合)

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4 / Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ