対応しているファイル形式を知りたい(V4.0)



対応しているファイル形式を知りたい(V4.0)
更新日 : 2015年6月19日
文書番号 : Q000084479



対応しているファイル形式は次のとおりです。
 プレビューウィンドウに表示できるファイル形式
 サムネイルとして表示できるファイル形式
 Desktop Editorと簡単印刷ツールで操作できる文書の種類

プレビューウィンドウに表示できるファイル形式

選択した文書のプレビューをDesktop Browserのプレビューウィンドウに表示できます。
プレビューウィンドウに表示できるファイルとその条件は、次のとおりです。

ファイルタイプ

条件

PDF文書(*.pdf)

・  PDF文書に権限パスワードが設定されている場合は、プレビューできません。
・  注釈付きのPDF文書の場合、注釈もプレビューされます。
・  幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えるページサイズの文書はプレビューできません。
・  複数ページの文書の場合、幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えるページを表示させようとすると、先頭ページのサムネイルがプレビューとして表示されます(ページの移動や操作はできません)。
この場合、サムネイル表示にして文書を選択することで、ページサイズの幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えていないページを表示できます。

イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)

・  コンピューターにインストールされているコーデックに基づいて、「*.jpg/*.jpeg」、「*.bmp」、「*.tif/*.tiff」以外のイメージ文書もプレビューできます。

IWB文書(*.iwb)

・  印刷設定に応じたプレビューが表示されます。
・  注釈付きのIWB文書の場合、注釈もプレビューされます。

XPS文書(*.xps)

・  すべてのXPS文書をプレビューできます。

Office文書
(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)

・  [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていれば、プレビューできます。チェックマークが付いていなくても、大アイコンのサムネイルが存在すれば、サムネイルがプレビューとして表示されます。
 [ファイル]メニュー > [オプション] > [システム設定] > [Browser] > [表示設定] > [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]

保存メッセージファイル(*.msg)

・  メールの既定プログラムがOutlook場合、[[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていれば、次の場合にプレビューできます。
  - OSがWindows Vista/Windows 7(32-bit)/Windows 8(32-bit)/Windows 8.1(32-bit)で、使用しているOutlookが2007/2010/2013の場合
  - OSがWindows 7(64-bit)/Windows 8(64-bit)/Windows 8.1(64-bit)で、使用しているOutlookが2010(64-bit)/2013(64-bit)の場合
 [ファイル]メニュー > [オプション] > [システム設定] > [Browser] > [表示設定] > [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]
・  拡張子が*.msgで、メールの既定プログラムがOutlook以外の場合、[[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていなくても、大アイコンのサムネイルが存在すれば、サムネイルがプレビューとして表示されます。
 [ファイル]メニュー > [オプション] > [システム設定] > [Browser] > [表示設定] > [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]

その他(*.xdw/*.xbd 、*.htmlなど)

・  OSが32-bit対応で、DocuWorks、またはDocuWorks Viewerがインストールされている場合は、DocuWorks文書(*.xdw)やDocuWorksバインダー(*.xbd)もプレビューできます。
・  [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]にチェックマークが付いていれば、エクスプローラーでプレビューが可能な文書はプレビューできます。
 [ファイル]メニュー > [オプション] > [システム設定] > [Browser] > [表示設定] > [[エクスプローラー]のプレビューを有効にする]

 メモ

・  次の文書を選択した場合、[プレビューを利用できません。]と表示され、プレビューウィンドウにプレビューは表示されません。
  - チェックアウトフォルダー内の文書
  - ごみ箱内の文書
・  複数の文書を選択した場合、プレビューは表示されません。

サムネイルとして表示できるファイル形式

選択した文書のサムネイルをDesktop Browserのプレビューウィンドウに表示できます。
サムネイルとして表示できるファイルとその条件は、次のとおりです。

ファイルタイプ

条件

PDF文書(*.pdf)

・  パスワード付きのPDF文書は表示できません。

IWB文書(*.iwb)

・  すべてのIWB文書が表示できます。

XPS文書(*.xps)

・  すべてのXPS文書が表示できます。

イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)

・  コンピューターにインストールされているコーデックに基づいて、「*.jpg/*.jpeg」、「*.bmp」、「*.tif/*.tiff」以外のイメージ文書も表示できます。

Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)

・  サムネイル付きで保存されたOffice文書が表示できます。Power Point文書は、サムネイル付きで保存していなくても表示できます。

 メモ

・  Microsoft Office文書をDesktopでサムネイル表示するには、サムネイル付きで保存されている必要があります。ただし、PowerPoint文書についてはその必要はありません。

Desktop Editorと簡単印刷ツールで操作できる文書の種類

Desktop Editorでは、PDF文書、IWB文書、imageWARE文書、およびイメージ文書を操作できます。それら以外の文書でも印刷可能なアプリケーションがインストールされている場合は、IWB文書に変換して操作できます。
IWB文書への変換は、簡単印刷ツールやDesktop Document Writerからもできます。
Desktop Editorと簡単印刷ツールで操作(編集/印刷)できる文書の種類は、次の表のとおりです。
○:操作可能 -:操作不可能

印刷可能な文書

印刷できない文書※2

PDF文書(*.pdf)

IWB文書(*.iwb)

imageWARE文書(*.iwd)

イメージ文書(*.jpg/*.jpeg、*.bmp、*.tif/*.tiff)

Office文書(Excel文書、Word文書、PowerPoint文書)※1

その他の文書※1

Desktop Editor

-

簡単印刷ツール

-

※1 Desktop Editor、簡単印刷ツールで操作するには、操作する文書が印刷可能なアプリケーションが必要です。
※2 印刷できない文書は、動画ファイルや実行ファイルなどです。

 メモ

・  Desktopで使用できる最大用紙サイズは、幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)です。また、Desktop Document Writerで指定できる最大サイズは、A0(1189 mm x 841 mm / 46 13/16 インチ x 33 7/64 インチ)です。ただし、印刷できる最大用紙サイズは、お使いのデバイスの最大用紙サイズとなります。
・  コンピューターにインストールされているコーデックに基づいて、「*.jpg/*.jpeg」、「*.bmp」、「*.tif/*.tiff」以外の文書もイメージ文書として操作できます。
・  PDF文書をDesktop Browserから[注釈]、[開く]、またはダブルクリックで開く場合を除き、IWB文書以外の文書は、Desktop Editorで開く際にIWB文書に変換されます。
・  その他の文書をDesktop Editor、または簡単印刷ツールで操作する際に、文書に関連付けられたアプリケーションの[印刷]ダイアログボックス、または[印刷中]ダイアログボックスが表示される場合があります。その場合は、Desktop Document Writerを出力プリンターに指定して印刷します。
・  Desktop Editor、または簡単印刷ツールで、その他の文書をIWB文書に変換できなかった場合は、Desktop Document Writerを使用し、IWB文書に変換してください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4

 

[TOP▲]
このページのトップへ