Desktopのインストール/アップデート手順を知りたい(V4.0)



Desktopのインストール/アップデート手順を知りたい(V4.0)
更新日 : 2015年6月19日
文書番号 : Q000084485




Desktopをはじめて使用する場合は、次の手順でインストールします。旧バージョンのDesktopがインストールされている場合も、通常のインストールと同様の手順でアップグレードインストールできます。アップグレードインストール時には、旧バージョンのDesktopを自動的に削除してからインストールを行います。

 重要

・ 市販のファイアウォールソフトを使用している場合は、Desktopのインストール完了後に、次のアプリケーションをファイアウォールの例外リストに登録してください。
登録方法は、使用しているファイアウォールソフトのマニュアルを参照してください。
登録する実行ファイル(初期設定のインストール先)
  - Desktop Browser
C:\Program Files\Canon\iW360\iW DT\iWDT.Browser.MainBrowser.exe
  - Printer Monitor
C:\Program Files\Canon\iW360\iW DT\iWDT.TaskTray.PrinterMonitor.exe
・ インストール先フォルダーなどに暗号化ファイル システム(EFS)を使用している場合の動作は保証されません。

Desktopのインストール/アップデート

 メモ

・ コンピューターのWindows Updateが実行されているときは、Desktopをインストールしないでください。Windows Updateの完了を確認してから、Desktopをインストールしてください。また、Desktopのインストール途中でWindows Updateを実行しないでください。
・ アップグレードインストールに関して、次の画面が表示された場合は内容を確認し、[はい]をクリックします。

・ アップグレードインストール時に旧バージョンのDesktopが起動している場合、自動的に終了します。ただし、旧バージョンがVer1.0.xの場合、タスクバーで起動しているTasktrayIconを手動で終了してください。
・ 旧バージョンで設定した情報は、アップグレードインストール後に引き継ぐことができます。
・ 旧バージョンで設定したライブラリーも、アップグレードインストール後に使用できます。
・ 旧バージョンのDesktopからの移行については、次を参照してください。
 旧バージョンのDesktopからの移行
・ インストールを行う際はライセンス認証が必要です。次を参照してください。
 インターネットを利用してライセンスを認証する(オンライン認証)方法を知りたい
 インターネットを利用せずにライセンスを認証する(オフライン認証)方法を知りたい
・ 使用しているコンピューターの環境によっては、アップグレード前に手動でDesktop のアンインストールを行ってください。
・ 旧バージョンでアプリケーション対応ポートが割り当てられていたプリンター/ファクスは、アップグレードインストール後に簡単印刷ツールが作成されます。
・ アップグレード後、Desktop V2.0.1以前を使用して付与した注釈はDesktopで表示できなくなります。このような注釈が付与された文書を使用する場合は、Annotation Convert Tool で注釈の変換を行ってください。変換方法の詳細については、次を参照してください。
 旧バージョンのDesktopで作成されたアノテーションを、Adobe Acrobat互換形式に一括変換する

 1.
Windowsを起動して、Administrator権限を持つユーザーでログインします。

 2.
「Desktopインストールメディア」をディスクドライブにセットします。

Desktopセットアップウィザードが起動します。

 メモ

・ Desktopセットアップウィザードが起動しない場合は、使用しているOSに合わせて、次のファイルをダブルクリックしてください。
  - 32bit版OSの場合:「Desktopインストールメディア」の「32bit」フォルダー内の「setup.exe」
  - 64bit版OSの場合:「Desktopインストールメディア」の「64bit」フォルダー内の「setup.exe」

 3.
使用許諾の内容を確認し、同意する場合は[使用許諾契約の条項に同意します]を選択して、[次へ]をクリックします。


 4.
表示された内容を確認して、[次へ]をクリックします。


インストールを中止する場合は、[キャンセル]をクリックします。
 5.
インストール先のフォルダーを確認して、[次へ]をクリックします。


 インストール先を変更する場合
・ [参照]をクリックします。
・ インストール先を指定して、[OK]をクリックします。

 メモ

・ インストール先には、ネットワークドライブやリムーバブルディスクは指定できません。
・ インストール先フォルダーがすでに作成済みの場合、インストールの前にフォルダーの内容をすべて削除することをメッセージで知らせます。

 6.
Desktopと同時にユーザーズガイドをインストールする場合は、[マニュアルをインストールする]にチェックマークを付けて、[次へ]をクリックします。


 7.
表示された内容を確認して、[開始]をクリックします。


プログラムのインストールが開始されます。
インストールが終了すると、[ライセンス認証]ダイアログボックスが表示されます。

 メモ

・ 使用している環境によっては、インストールの際にアプリケーションの停止を促すダイアログボックスが表示されます。メッセージに従い、Desktopのインストールを継続してください。

・ Desktopを使用するためには、次のプログラムが必要です。
  - Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable
  - .NET Framework 4.0 Client Profile
  - .NET Framework 4.0 Client Profile Language Pack
  - SPS Library
  - License Information Management
これらがコンピューターにインストールされていない場合は、次の画面が表示され、自動的にインストールされます。

.NET Framework 4.0 Client Profileおよび.NET Framework 4.0 Client Profile Language Packがインストールされていない場合は、上記の画面から更に別の画面が表示され、自動的にインストールされます。
必要なプログラムのインストールが終了すると、これらの画面は自動的に閉じられ、Desktopのインストールを継続します。
・ アップグレードパッチが同梱されている場合は、次の画面が表示され、自動的にインストールを継続します。

 8.
[今すぐ認証を行う]を選択して、[次へ]をクリックします。


ライセンス認証ウィザードが表示されます。
ウィザードに沿ってライセンスの認証を行ってください。
ライセンスの認証については、次を参照してください。
 インターネットを利用してライセンスを認証する(オンライン認証)方法を知りたい
 インターネットを利用せずにライセンスを認証する(オフライン認証)方法を知りたい

 メモ

・ 試用ライセンス(体験版)でインストールする場合は、[あとで認証を行う]を選択して[次へ]をクリックします。

 9.
必要な設定が完了したら、[終了]をクリックします。


[スタートアップガイドを開く]にチェックマークを付けて[終了]をクリックすると、インストール完了後にスタートアップガイドを表示できます。

 重要

・ 本製品のインストール後、Windows Updateを実行してコンピューターを最新の状態にしてください。

 メモ

・ 次の場合には[スタートアップガイドを開く]のチェックボックスは表示されません。
  - 使用している環境にPDF 文書に関連付けられたアプリケーションがない場合
  - インストール完了後に再起動が必要な場合
・ 本製品のインストール後、次の画面が表示された場合は、内容を確認し、[OK]をクリックします。

・ 本製品のインストール後、Windowsの[デスクトップ]画面にDesktopおよびDesktop Editorを起動するためのショートカットが自動的に作成されます。
・ 使用している環境によっては、インストールの途中、またはインストールの完了後に再起動を要求される場合があります。インストール中に再起動を行った場合は、再起動後にAdministrator権限を持つユーザーでログインすると、途中からインストールが再開されます。

旧バージョンのDesktopからの移行
旧バージョンのDesktopで作成した文書を読み込む

・ Desktop V2.0.1以前を使用して注釈を付けたIWB文書/PDF文書の場合、注釈はDesktop独自形式となっているため、そのままでは表示/印刷/編集を行えません。また、プロパティーウィンドウの[注釈付き]のチェックマークが外れ、注釈テキストの検索も行えません。
アップグレード後、Desktop V2.0.1以前を使用して付与した注釈はDesktopで表示できなくなります。このような注釈が付与された文書を使用する場合は、Annotation Convert Tool で注釈の変換を行ってください。
 ライブラリー/フォルダー内のPDF文書の形式をAcrobat互換形式に一括変換する

 メモ

・ Desktop V3.2.0以前でPDF文書をエクスポートした場合、エクスポート時に注釈はAdobe Acrobat互換形式に変換されるため、そのままで表示/印刷/編集ができます。
・ 次の注釈を付けられたPDF文書をDesktop V2.0.1以前でエクスポートした場合、Desktopで開いて注釈を編集すると改行が削除されます。その後追加した改行は保存されます。
  - テキスト
  - テキストボックス

・ Desktop V3.0.0〜V3.2.0を使用して注釈を付けたIWB文書/PDF文書の場合、注釈はAdobe Acrobat互換形式となっているため、そのままで表示/印刷/編集できます。
・ Desktop V3.0.1で日付と時刻の組み合わせが表示されている差し込みフィールドを設定した文書を表示すると、特定の表示内容について次のように変化します。

Desktop V3.0.1 での表示内容

実際の表示内容

差し込みフィールドの表示

1899 年 12 月 30 日の日付と時刻

時刻のみ

1899 年 12 月 30 日以外の日付と、0 時 0 分 0 秒の時刻

日付のみ

上記のような変化を防ぐには、差し込みフィールドに設定しているレコードを文字列として入力してください。

旧バージョンのDesktopで作成されたアノテーションを、Adobe Acrobat互換形式に一括変換する

Desktop V2.0.1以前を使用して作成された注釈は、Annotation Convert Toolを使用して一括変換できます。変換後は、DesktopやAdobe Readerなど他のPDF閲覧ソフトで表示/印刷/編集ができるようになります。

 重要

・ Desktop V2.0.1以前を使用して作成されたIWB文書/PDF文書の変換時に、次の注釈は削除されます。
  - 描画できない文字列
  - 描画できない画像
  - Reader Extensions

 メモ

・ 本バージョンのDesktopで作成されたPDF文書の注釈は、変換しなくてもAdobe ReaderなどのPDFビューアーで表示できます。
・ 変換の対象になるのは、旧バージョンの注釈があるPDF文書(*.pdf)とIWB文書(*.iwb)です。
・ 変換前の文書は、変換された文書で上書きされます。

 1.
ナビゲーションウィンドウ、またはファイルリストビューウィンドウで、注釈を変換する文書が登録されているライブラリー、またはフォルダーを選択します。

 2.
リボンの  (PDF形式の注釈に変換)をクリックします。

または、右クリックして[PDF形式の注釈に変換]を選択します。

[Annotation Convert Tool]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[参照]をクリックして注釈を変換する文書が登録されているライブラリー、またはフォルダーを指定します。


 4.
必要に応じて、[描画できない文字列や画像を含む注釈も強制的に変換する]にチェックマークを付けます。

 メモ

・ チェックマークを付けた場合、次の文書も変換処理が実行されます。
  - 注釈データに描画できない文字列が含まれている文書
  - 注釈データに描画できない画像が含まれている文書
  - 注釈データとReader Extensionsが含まれている文書
チェックマークを外した場合、上記の文書が含まれていると変換処理の対象外になります。

 5.
必要に応じて、[パスワードが設定されているPDF文書も変換する]にチェックマークを付けます。

 メモ

・ チェックマークを付けた場合、PDF文書にパスワードが設定されているとパスワードの入力画面が表示されます。
チェックマークを外した場合、パスワードが設定されているPDF文書は変換処理の対象外になります。

 6.
[OK]をクリックします。

変換対象の文書が検索され、変換の実行を確認する画面が表示されます。

 メモ

・ 変換できないライブラリー、またはフォルダーが選択されている場合は、エラーメッセージが表示されます。

 7.
[はい]をクリックします。

文書の変換終了後、完了ダイアログボックスが表示されます。

 メモ

・ 変換に失敗した文書がある場合、完了ダイアログボックスには、変換に失敗した文書名と状態が表示されます。

 8.
完了ダイアログボックスの[OK]をクリックします。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4

 

[TOP▲]
このページのトップへ