フォルダーや文書の保管はどのようにして行うのか(V4.0)



フォルダーや文書の保管はどのようにして行うのか(V4.0)
更新日 : 2015年7月10日
文書番号 : Q000084802



フォルダーや文書の保管は、ライブラリーで行います。
次のライブラリーの登録方法を説明します。

 個人ライブラリーを登録する
 ネットワークライブラリーを登録する
 Document Serverのライブラリーを登録する

 メモ

・ ライブラリーは監視できません。ライブラリー内のフォルダーを監視対象フォルダーに指定してください。

個人ライブラリーを登録する

個人ライブラリーは、個人の文書を管理するために使用するライブラリーです。
ここでは、リボンにコマンドを追加して操作を行います。

 メモ

・ リボンにコマンドが表示されていない場合は、次を参照して追加/表示させてください。
 リボンにコマンドを追加したい(V4.0)

 1.
リボンの  (ライブラリーの管理)をクリックします。

または、次のいずれかの操作を?います。
・ ナビゲーションウィンドウ上で右クリックして[ライブラリーの管理]を選択
・ [ファイル]メニュー > [ライブラリーの管理]を選択

[ライブラリーの管理]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[ライブラリーの登録]をクリックします。


[登録するライブラリーの選択]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[個人ライブラリー]を選択して、[OK]をクリックします。


[ライブラリーの登録]ダイアログボックスが表示されます。
 4.
[参照]をクリックします。


[フォルダーの参照]ダイアログボックスが表示されます。
 5.
個人ライブラリーで使用するフォルダーを選択して、[OK]をクリックします。


[格納場所]に選択したフォルダーのパスが表示されます。
また、選択したフォルダーの名前が[ライブラリー名]に表示されます。

 メモ

・ Desktopの以前のバージョンで個人ライブラリーとして使用していたフォルダーも指定できます。
・ すでに個人ライブラリーとして登録されているフォルダーよりも上の階層、または下の階層のフォルダーは、個人ライブラリーとして登録できません。
・ ファクス送信履歴オプション(別売)の送信履歴データの保存場所として指定したフォルダーよりも上の階層、または下の階層のフォルダーは、個人ライブラリーとして登録できません。
送信履歴データの保存場所は、[ファクス送信履歴の設定]ダイアログボックスの[保存場所]で確認できます。

 6.
必要に応じてライブラリーの設定を変更して、[OK]をクリックします。


 7.
Windows Searchサービスに関する確認画面が表示された場合は、[OK]をクリックします。


[ライブラリーの管理]ダイアログボックスに戻ります。

 メモ

・ 確認画面は、Windows Searchサービスが有効でない状態でローカルコンピューター上のフォルダーを登録した場合に表示されます。

 8.
[閉じる]をクリックします。

ネットワークライブラリーを登録する

ネットワークライブラリーは、共有フォルダーを利用して他のユーザーと文書を共有する場合に登録します。
ここでは、リボンにコマンドを追加して操作を行います。

 メモ

・ リボンにコマンドが表示されていない場合は、次を参照して追加/表示させてください。
 リボンにコマンドを追加したい(V4.0)

 1.
リボンの (ライブラリーの管理)をクリックします。

または、次のいずれかの操作を?います。
・ ナビゲーションウィンドウ上で右クリックして[ライブラリーの管理]を選択
・ [ファイル]メニュー > [ライブラリーの管理]を選択

[ライブラリーの管理]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[ライブラリーの登録]をクリックします。


[登録するライブラリーの選択]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[ネットワークライブラリー]を選択して、[OK]をクリックします。


[ネットワークライブラリーの登録]ダイアログボックスが表示されます。
 4.
[参照]をクリックします。


[フォルダーの参照]ダイアログボックスが表示されます。
 5.
ネットワークライブラリーで使用するフォルダーを選択して、[OK]をクリックします。


[フォルダーのパス]に選択したフォルダーのパスが表示されます。
また、選択したフォルダーの名前が、[ライブラリー名]に表示されます。

 重要

・ 次の場所にあるフォルダーをネットワークライブラリーとして登録した場合、Desktopの動作は保証されません。
 すでにDMデータライブラリーとして登録されているフォルダーの上の階層、または下の階層にあるフォルダー
 ファクス送信履歴オプション(別売)の送信履歴データの保存場所として指定したフォルダーの上の階層、または下の階層にあるフォルダー
送信履歴データの保存場所は、[ファクス送信履歴の設定]ダイアログボックスの[保存場所]で確認できます。

 6.
フォルダーやファイルの管理にデータベースを使用する場合は、[フォルダーやファイルの管理にデータベースを使用する]にチェックマークを付けます。


ネットワークライブラリー内のフォルダーや文書をデータベースで管理することによって、次の機能が利用できるようになります。
・ 文書のプロパティーで、PDF文書の[注釈付き]、[ページ数]の表示
・ 注釈テキストの内容で文書を検索
・ データベース内のプロパティー情報を使用した検索
 7.
必要に応じてライブラリーの設定を変更し、[OK]をクリックします。


[ライブラリーの管理]ダイアログボックスに戻ります。
 8.
[閉じる]をクリックします。

Document Serverのライブラリーを登録する

Document Serverライブラリーを登録すると、Document Serverのクライアントアプリケーションと同様に、Document Server上の文書を利用できます。
Document Serverライブラリーの登録方法には、次の2つの方法があります。
 アクセス情報ファイルを使用して登録する
アクセス情報ファイルは、Document ServerライブラリーをDesktop Browser画面で登録するために必要な情報が記載されたファイルです。アクセス情報ファイルは、Document Serverのサイト管理者が作成します。アクセス情報ファイルについては、Document Serverのサイト管理者にお問い合わせください。
 URLおよびライブラリー名を入力して登録する
ここでは、リボンにコマンドを追加して操作を行います。

 メモ

・ リボンにコマンドが表示されていない場合は、次を参照して追加/表示させてください。
 リボンにコマンドを追加したい(V4.0)

アクセス情報ファイルを使用して登録する

 1.
リボンの (ライブラリーの管理)をクリックします。

または、次のいずれかの操作を?います。
・ ナビゲーションウィンドウ上で右クリックして[ライブラリーの管理]を選択
・ [ファイル]メニュー > [ライブラリーの管理]を選択

[ライブラリーの管理]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[ライブラリーの登録]をクリックします。


[登録するライブラリーの選択]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[imageWARE Document Serverライブラリー]を選択して、[OK]をクリックします。


[imageWARE Document Serverライブラリーの登録]ダイアログボックスが表示されます。
 4.
[アクセス情報ファイルから登録するライブラリーを選択する]を選択して、[OK]をクリックします。


[開く]ダイアログボックスが表示されます。
 5.
アクセス情報ファイルを指定して、[開く]をクリックします。

[imageWARE Document Serverライブラリーの選択]ダイアログボックスが表示されます。
 6.
登録するDocument Serverライブラリーにチェックマークを付けて、[OK]をクリックします。


[ライブラリーの管理]ダイアログボックスに戻ります。
[登録ライブラリーの一覧]に登録したライブラリーが表示されます。

 メモ

・ 複数のDocument Serverライブラリーを選択できます。

 7.
[閉じる]をクリックします。

URLおよびライブラリー名を入力して登録する

 1.
リボンの (ライブラリーの管理)をクリックします。

または、次のいずれかの操作を?います。
・ ナビゲーションウィンドウ上で右クリックして[ライブラリーの管理]を選択
・ [ファイル]メニュー > [ライブラリーの管理]を選択

[ライブラリーの管理]ダイアログボックスが表示されます。
 2.
[ライブラリーの登録]をクリックします。


[登録するライブラリーの選択]ダイアログボックスが表示されます。
 3.
[imageWARE Document Serverライブラリー]を選択して、[OK]をクリックします。


[imageWARE Document Serverライブラリーの登録]ダイアログボックスが表示されます。
 4.
[ライブラリーの情報を直接入力する]を選択します。


 5.
ライブラリーのURLとライブラリー名を、[URL]と[ライブラリー名]に入力して、[OK]をクリックします。


[ライブラリーの管理]ダイアログボックスに戻ります。
[登録ライブラリーの一覧]に登録したライブラリーが表示されます。

 メモ

・ [URL]にはhttp、またはhttpsから始まるURLを入力してください。
・ [URL]に使用する文字の大文字/小文字は区別されません。
・ [ライブラリー名]に使用できない文字は、Document Server上での使用禁止文字です。詳細は、Document Serverのマニュアルを参照してください。
・ Document Serverライブラリーを登録する際、フォルダーを含むライブラリーのパス情報を誤って登録すると、正しく登録されているライブラリーにも接続ができなくなります。フォルダーを含まないライブラリーのパス情報を入力してください。

 6.
[閉じる]をクリックします。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4

 

[TOP▲]
このページのトップへ