大きいサイズの文書/イメージを取り扱う際の注意事項(V4.0)



大きいサイズの文書/イメージを取り扱う際の注意事項(V4.0)
更新日 : 2015年7月10日
文書番号 : Q000084820



Desktopで大きいサイズの文書/イメージを扱った場合の説明をします。
Desktopで扱える文書/イメージの最大サイズは、次のようになっています。

・ 文書:幅/高さのいずれかが1200 mm (47 1/4インチ)
・ イメージ:幅/高さのいずれかが482.6 mm (19インチ)

大きいサイズの文書の扱い

 Desktop Browser
 Desktop Editor

Desktop Browser

幅/高さのいずれかが1200 mm (47 1/4インチ)を超える文書でも、Desktop Browserのライブラリーに取り込むことができます。
ただし、次の機能は使用できません。

TIFF文書への変換

幅/高さのいずれかが1200 mm (47 1/4インチ)を超えるPDF文書は、TIFF文書に変換できません。この場合、Desktop Document WriterでPDF文書またはIWB文書に変換すれば、TIFF文書に変換できます。
ただし、Desktop Document Writerで指定できる最大サイズは、A0(1189 mm × 841 mm / 46 13/16 インチ × 33 7/64 インチ)です。

プレビューウィンドウにプレビューを表示する

幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えるページサイズの文書はプレビューできません。
複数ページの文書の場合、幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えるページを表示させようとすると、先頭ページのサムネイルがプレビューとして表示されます(ページの移動や操作はできません)。
この場合、サムネイル表示にして文書を選択することで、ページサイズの幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超えていないページを表示できます。

Desktop Editor

幅/高さのいずれかが1200 mm(47 1/4 インチ)を超える文書はDesktop Editorで開くことができません。この場合、Desktop Document WriterでPDF文書、またはIWB文書に変換すれば、Desktop Editorで文書を開くことができます。

大きいサイズのイメージの扱い

幅/高さのいずれかが482.6 mm (19インチ)を超えるイメージでも、Desktop Browserのライブラリーに取り込むことができます。

大きいサイズのイメージをDesktop Editorで開く場合、[イメージを縮小する用紙サイズ]の設定に従って縮小されてからDesktop Editorにインポートされます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4

 

[TOP▲]
このページのトップへ