imageWARE Desktop起動時、「imageWARE Desktop Editorは動作を停止しました」 (V4.0以降)、または「imageWARE Desktopは動作を停止しました」(V3.2.1以 前)が表示され、imageWARE Desktopが強制終了してしまう



imageWARE Desktop起動時、「imageWARE Desktop Editorは動作を停止しました」 (V4.0以降)、または「imageWARE Desktopは動作を停止しました」(V3.2.1以 前)が表示され、imageWARE Desktopが強制終了してしまう
更新日 : 2018年4月17日
文書番号 : Q000094114



お忍びリネームというフリーソフトウェアが原因です。imageWARE Desktop起動時、連動して動作するお忍びリネームの処理により、imageWARE Desktopが強制終了してしまいます。

この場合、お忍びリネームを設定変更することで、imageWARE Desktopの強制終了を回避できます。
方法は、以下の2つです。

 常駐を解除
 [エクスプローラー等のファイル名変更拡張機能]を無効化

常駐を解除

次の手順でお忍びリネームの設定を変更し、お忍びリネームの常駐を解除してください。
 1.
Windowsエクスプローラーから「oshiname.exe(お忍びリネームの実行ファイル)」をダブルクリックして、実行します。

 2.
[お忍びリネームの設定]画面で[常駐解除]ボタンをクリックします。

 3.
「お忍びリネームの常駐を解除します。よろしいですか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

 4.
「お忍びリネームの常駐が解除されました。」と表示されるので、[OK]をクリックします。

[エクスプローラー等のファイル名変更拡張機能]を無効化

次の手順でお忍びリネームの設定を変更し、[エクスプローラー等のファイル名変更拡張機能]を無効にしてください。
 1.
Windowsエクスプローラーから「oshiname.exe(お忍びリネームの実行ファイル)」をダブルクリックして、実行します。

 2.
[お忍びリネームの設定]画面で[エクスプローラー等のファイル名変更機能拡張]を[無効]に設定します。

 3.
[OK]をクリックします。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

Desktop V4 / Desktop V3

 

[TOP▲]
このページのトップへ