【CP9000シリーズ】クリーニングリボン(CR9000)の使用方法



【CP9000シリーズ】クリーニングリボン(CR9000)の使用方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000052001



■クリーニングリボン(CR9000)をお使いいただく場合

127mm幅のプリント用紙をご使用後に152mm幅のプリント用紙をご使用になると、右の図のようにプリント面の2ヶ所(または1ヶ所だけ)にスジがみられる場合があります。この場合は、別売のクリーニングリボンを使ってサーマルヘッドのクリーニングを行ってください。

127mm幅のプリント用紙をご使用後127mm幅のプリント用紙をご使用の場合、
152mm幅のプリント用紙をご使用後152mm幅のプリント用紙をご使用の場合、
152mm幅のプリント用紙をご使用後152mm幅のプリント用紙をご使用の場合はクリーニングを行う必要はありません。
  127mm幅のプリント用紙: L版 152mm幅のプリント用紙: KG版

■手順

(1)152mm幅(KG版)のプリント用紙をセットします。

(2)セットされているインクリボンをクリーニングリボンに交換し、インクカセットをセットしなおします。

(3)ドアの中央を押してドアを閉じて、クリーニングモードの初期化をおこないます。
※ドアを閉じてから約2秒後にクリーニングモードの初期化が行なわれます。

  • オートフィード&カットモードの場合
    ドアを閉じた後プリント用紙が3回(裏面ポストカード印刷のプリント用紙を装着した場合は5回)自動的にフィード&カットされます。
  • マニュアルフィード&カットモードの場合FEED&CUTボタンを 秒以上押してください。
    フィード&カットは3回(裏面ポストカード印刷のプリント用紙を装着した場合は5回)行なってください。

(4)CANCEL ボタンを押します。
クリーニング動作が開始されます。プリント用紙が排出されればクリーニングは完了です。
クリーニングは約3分で完了します。

(5)クリーニングリボンを取り出し、カラープリント用インクリボンに交換します。

クリーニングリボンは1巻につき約60回使用できます。
1度のクリーニングでスジがなくならない場合は、再度クリーニング動作をおこなってください。
クリーニングリボンを使用したサーマルヘッドのクリーニングを行なってもスジがなくならない場合は、
こちらの操作を参照して、アルコールを使用したサーマルヘッドのクリーニングを行なってください。

※ヘッドクリーニングを数回実施していただいても改善されない場合は、ヘッド交換を依頼してください。
  メーカーへの修理依頼: 三菱電機VCPテクニカルセンター TEL0120-710-391


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CDStation / 写プリステーション

 

[TOP▲]
このページのトップへ