[VB101/VB100] V3.0のファイルシステムについて



[VB101/VB100] V3.0のファイルシステムについて
更新日 : 2013年2月25日
文書番号 : Q000012327



■ VB101/VB100 V. 3.0で用いられるシステムファイル

以下はVer. 3.0 で用いられるシステムファイルです。ファームウェアとファイルシステムを一括してインストールを行わない場合は、以下のファイルを個別にコピーする必要があります。

LANG\JAPANESE.VBM 日本語設定画面用メッセージファイル
ARCHIVE\GLIMPSE.CAB Glimpse アプレット
ARCHIVE\GLIMPSE.ZIP Glimpse アプレット
ARCHIVE\LVAPPLET.CAB LiveApplet アプレット
ARCHIVE\LVAPPLET.ZIP LiveApplet アプレット
ARCHIVE\IMAGEMAP.GIF LiveApplet 用のビットマップ
ARCHIVE\SNAPANIM.CAB SnapAnimator アプレット
ARCHIVE\SNAPANIM.ZIP SnapAnimator アプレット
ARCHIVE\DIGITS.GIF SnapAnimator 用のビットマップ
HTDOCS\VIEWER WebView Livescope MV Ver. 1.0 用フォルダ
  • LANGフォルダ内の JAPANESE.VBM は VB101/100 の設定に日本語を利用する場合に必要です。 LANG\JAPANESE.VBM をコピーしなかった、またはコピーに失敗した場合、VB101/100 の設定ページが全て英語で表示されますのでご注意下さい。
  • ARCHIVEフォルダ内のファイルは WebView Livescope の Java用ビューワーをお使いの場合に必要です。 VIEW・Windows Ver. 1.21 (オプションソフトウェア)を利用する場合には必要ありません。
  • HTDOCS\VIEWER フォルダ内のファイルは WebView Livescope MV Ver. 1.0(オプションソフトウェア)を利用する場合に必要となります。
  • ファイルのコピーはフォルダ名を含めて同じになるようにしてください。例えば LANG\JAPANESE.VBM は VB101/100 の /LANG/JAPANESE.VBM にコピーして下さい。
  • フォルダ /LANG と /ARCHIVE は予め存在しない場合もあるので、必要な場合には先だって作成してください。
  • ファイルシステムには上記のほかにも多くのファイルが含まれています。詳細については、アップグレードパッケージ本体の ReadMe-J.txt を御覧ください。


■VB100 Ver. 1.0 からのWebView映像発信ページの修正

VB100 Ver. 1.0 用の WebView 映像発信ページの多くは Ver. 2.0 以降でもそのままお使いいただけます。 ただし Ver. 2.0 以降の LiveApplet についてはアプレット表示領域が拡がっているためページの内容によってはアプレットの一部が欠けて表示されることがあります。 また映像表示サイズ指定パラメータに仕様変更があり、Ver. 1.0 のままでは思い通りの映像表示サイズを指定できなくなっています。


  1. アプレット表示領域の変更
    カメラ切換えメニュー領域のため、Ver. 2.0以降ではアプレット表示領域の高さが60ピクセル増えました。height 属性の推奨値は、Ver. 1.0 では映像表示領域の高さ +80 でしたが、Ver. 2.0 以降では映像表示領域の高さ +140 となります。映像表示領域が 160x120 であれば height=260、320x240 であればheight=380、640x480 であれば height=620 となります。
    (例)
    Ver. 1.0 では
    <applet code="LiveApplet.class" ... width=450 height=320>と記述していた部分は、
    Ver. 2.0 以降では
    <applet code="LiveApplet.class" ... width=450 height=380>となります。

  2. 映像表示サイズ指定の変更
    映像表示サイズを指定するパラメータが Ver. 2.0以降で、video_size から video_widthに変更されました。 パラメータ値も「幅 x 高さ」という形式から「幅」のみの指定となりました(高さは幅の 3/4 になります)
    (例)
    Ver. 1.0 では<param name=video_size value="320x240"> と記述していた部分が、
    Ver. 2.0 以降では<param name=video_width value="320"> となります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

VB100 / VB101

 

[TOP▲]
このページのトップへ