[製品仕様] RM-Lite v2.0 / v3.0



[製品仕様] RM-Lite v2.0 / v3.0
更新日 : 2015年3月10日
文書番号 : Q000076086




製品仕様

  • 仕様は変更される場合があります。
  RM-Lite v2.0 / v3.0
対応カメラサーバー VB-S30D、VB-S31D、VB-S800D、VB-S900F/VB-M40、VB-M600VE、VB-M600D、VB-M700F、VB-C500D/VB-C500VD、VB-C60/VB-C60B、VB-C300/VB-C300B、VB-C50i/VB-C50iR、VB-C50FSi
録画機能 録画ファイル形式 JPEG
対応カメラ数 4
映像記録サイズ 160×120、320×240、640×480、1280×960、1920×1080
録画媒体 HDD
録画時間 最大12週間(HDD容量による)
録画フレームレート 5 〜 0.1 fps 
録画モード 常時録画
センサー検知録画 ×
動き検知録画 ×
インテリジェント機能録画 ×
音量検知録画 ×
イベント前録画/イベント後録画 ×
録音機能
表示映像再生 映像画面数 1レイアウトあたり映像ウィンドウ32個以下
(8個以上で警告を表示)
H.264 / MPEG-4の映像ウィンドウは6個以下を推奨
録画中の再生
巻き戻し/早送り速度 2倍、5倍、10倍
レイアウト種別 通常レイアウト
レイアウトの自動切り替え(オートスイッチ) ×
その他 録画サーバーへの同時接続ビューワー数 同時最大 6
録画サーバー運用数 1

戻る


大規模/信頼性重視向け最小条件

録画サーバービューワー兼用システム(最小条件)

  RM-Lite v2.0 / v3.0
CPU Intel Xeon 3060 2.4GHz または Intel Core 2 Duo 2.4GHz 以上
または以下の要件を満たす同等クラスのインテル製CPU
クロック: 2.4GHz以上
L2キャッシュ: 4MB以上
コア数: 2以上
OS Windows Vista Ultimate/Business/Enterprise/Home Premium SP2 32/64bit, Windows 7 Ultimate/Professional/Enterprise/Home Premium 32(SP1)/64bit, Windows Server 2008 Standard SP2 32/64bit, Windows Server 2008 R2 Standard 64bit(SP1)
メモリー 2GB以上
ハードディスク インターフェース:SAS/SATA
キャッシュ:16MB 以上
スピンドル・スピード :7200rpm 以上
  • 高い信頼性が求められるシステム(24時間連続稼働、高頻度のディスクアクセスなど)の場合はSASを強く推奨
  • OS領域と録画データ領域はHDDを別にすることを推奨
  • プログラムインストールに必要な容量は100MB。ただし、.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない場合はさらに500MBの追加空き容量が必要。
  • 録画に必要な容量はカメラの台数や録画の設定に依存。
ディスプレイ 1280×1024 以上
ネットワーク コントローラー 1Gbit

ビューワーシステム(最小条件)

  RM-Lite v2.0 / v3.0
CPU Intel Core i5 750 2.67GHz 以上
OS Windows Vista Ultimate/Business/Enterprise/Home Premium SP2 32/64bit, Windows 7 Ultimate/Professional/Enterprise/Home Premium 32(SP1)/64bit, Windows Server 2008 Standard SP2 32/64bit, Windows Server 2008 R2 Standard 64bit(SP1)
メモリー 2GB以上
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 220、または以下の要件を満たす同等クラスのグラフィックボード:
ビデオメモリーサイズ: 1GB以上
メモリーインタフェース幅: 128ビット以上
メモリークロック: 790MHz以上
ハードディスク
  • プログラムインストールに必要な容量は100MB。ただし、.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない場合はさらに500MBの追加空き容量が必要。
  • 録画データの書き出しなどを行う場合は、その保存に必要な容量が別途必要
ディスプレイ 1280×1024 以上
16ビットカラー以上

戻る


小規模ユーザー向け(サーバー/ビューワー兼用)最小条件

動作環境

録画サーバービューワー 兼用システム(最小条件)

  RM-Lite v2.0 / v3.0
CPU Intel Pentium G6950 2.80GHz以上
または以下の要件を満たす同等クラスのインテル製CPU
クロック: 2.4GHz以上
L2キャッシュ: 512KB以上
L3キャッシュ: 3MB以上
(ただし、L2キャッシュが3BM以上ならばL3キャッシュのサイズは問わない)
コア数: 2以上
OS Windows Vista Ultimate/Business/Enterprise/Home Premium SP2 32/64bit , Windows 7 Ultimate/Professional/Enterprise/Home Premium 32(SP1)/64bit , Windows Server 2008 Standard SP2 32/64bit, Windows Server 2008 R2 Standard 64bit(SP1)
メモリー 2GB以上
グラフィックス 特に指定なし
ハードディスク インターフェース:SAS/SATA
キャッシュ:16MB 以上
スピンドル・スピード:7200rpm 以上
ディスプレイ 1280×1024 以上
16ビットカラー以上
ネットワーク コントローラー 100Mbit 以上
  • HDの性能により録画性能に影響が出る場合があります。IEEE1394やUSBメモリーなどの可搬メディア(記録媒体)やNASなどの外部ストレージの利用はサポートしていません。
  • 停電などの外部要因により生じたデータの損失ならびに、その他直接・間接の損害につきましては、当社は一切その責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • Windows Server2008をご利用の場合、適切なマイクロソフトクライアントライセンスが必要です。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

RM-Lite

 

[TOP▲]
このページのトップへ