電子文書管理ソフト「imageWARE Document Managerシリーズ」をご使用のお客さまへ

情報更新日:2012年4月2日
情報掲載日:2011年2月22日

  • 2012年4月2日:「本件についてのお問い合せ先」を変更いたしました。
  • 2011年3月31日:「対応について」を変更しました。

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

電子文書管理ソフト「imageWARE Document Managerシリーズ」におきまして、特定の条件下で、保存した文書が開けなくなる現象が発生することが判明しました。

つきましては、対象製品をご使用のお客さまへのお願いと弊社の対応を以下のとおりご案内申し上げます。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。今後は、お客さまに安心してご使用いただけますよう更なる品質管理の徹底をしてまいりますので、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

対象製品

  • imageWARE Document Manager V4.0 Workgroup
  • imageWARE Document Manager V4.0 Enterprise
  • imageWARE Document Manager V4.1 Workgroup
  • imageWARE Document Manager V4.1 Enterprise

現象

文書が正常に保存されなかった場合、保存されなかった旨のエラー表示が行われないという現象が発生します。また、1つのフォルダー内のボリュームブロックファイル※1が一定数(初期設定値で 46,657個※2 )以上作成されている場合、imageWARE Document Managerのキャビネットへ文書の新規登録時、或いは既保存文書の編集後の再登録時に文書が正常に保存されないという現象が発生します。この場合、前述のとおり、保存されなかった旨のエラー表示も行われません。

【発生の可能性】※片面モノクロ1ページを100KByte、5ページで500KByteと想定

(1)お客さまの設定 (2)現象が発生するファイル作成数 (3)使用状況を以下のとおり仮定 (4)現象が発生する時期
((2)のファイル数に達する時期)
ボリュームタイプの設定 ボリュームブロックサイズ
複数文書1ファイル 10,000KByte 46,657 片面モノクロ文書(5ページ)の作成を1日500回、年間240日実施していた場合 使用開始から約8年目
1文書1ファイル 60,466,177 通常の使用期間内には発生しません。

※ 仮定した使用状況では現象発生まで計算上503年を要します。

※1:ボリュームブロックファイル

ボリュームブロックファイルとは、imageWARE Document Managerで、文書の実体、文書IDなど、文書管理するために必要な情報がまとめて保存されているファイルです。imageWARE Document Managerの画面には表示されておらず、Windowsのフォルダー上に存在しています。(図1)

図1.Windowsのフォルダー上に存在するボリュームブロックファイル
図1.Windowsのフォルダー上に存在するボリュームブロックファイル

※2:現象発生条件となるボリュームブロックファイルの数

ボリュームタイプの設定 ボリュームブロックファイルの数
複数文書1ファイル 46,657個以上
1文書1ファイル 60,466,177個以上
  • ボリュームタイプの設定は、imageWARE Document Managerでは『1文書1ファイル』が初期設定値になっております。
  • ボリュームタイプの設定内容は図2の画面でご確認できます。

図2.ボリュームタイプの設定内容の確認方法
図2.ボリュームタイプの設定内容の確認方法

現在お使いのフォルダーにおけるボリュームブロックファイル数につきましては、下記【ダウンロードについて】の『ボリュームブロックIDチェックツール』をご使用いただくことにより確認できます。

対応について

修正プログラム(Service Pack)を適用することで、上記現象を改善させていただきます。
大変恐縮ではございますが対象製品をご使用の場合、下記【ダウンロードについて】をご参照の上、ダウンロードサイトからお客さま自身で修正プログラム(Service Pack)のダウンロードと適用をお願いいたします。
なお、ご使用いただいている電子文書管理ソフトのバージョンによって、適用となるService Packが異なりますので、以下の内容をご確認願います。

  • imageWARE Document Manager V4.1 Workgroup/Enterpriseをご使用のお客さまは、ダウンロードサイトからimageWARE Document Manager V4.1 Workgroup/Enterprise 用のService Pack 3 のダウンロードをお願いします。
  • imageWARE Document Manager V4.0 Workgroup/Enterpriseをご使用のお客さまは、ダウンロードサイトからimageWARE Document Manager V4.0 Workgroup/Enterprise 用のService Pack 8 のダウンロードをお願いします。

ダウンロードについて

『Service Pack』および『ボリュームブロックIDチェックツール』のダウンロードは、『imageWARE Support Site』のダウンロードサイトで行うことができます。
本サイトをご利用いただくには事前にユーザー登録(無償)が必要です。
初めてアクセスするお客さまはお手数ですが、ユーザー登録をお願いいたします。

なお、下記のお客さまにつきましては、本現象とその対応について、順次メールにて、ご案内を差し上げております。

  • 対象製品の『imageWARE Support Pack』をご購入いただき、かつ『imageWARE Support Site』に登録していただいているお客さま
  • 『imageWARE Support Site』にて対象製品についてe-mail配信希望を選択・登録していただいているお客さま

本件についてのお問い合せ先

プロダクト保守サービスにご加入のお客さま

カスタマーセンター DCチーム

※カスタマーセンター DCチームからご案内済みの保守専用ダイヤル・メールアドレスをご利用ください。

受付時間
平日 9時00分~12時00分 / 13時00分~17時30分
  • 土日祝日と年末年始キヤノンマーケティングジャパン株式会社休業日は休ませていただきます。

プロダクト保守サービスに未加入のお客さま

大変申し訳ござませんが、フリーダイヤルでの受付は終了致しました。
本件についてのお問い合せは、弊社お客様相談センターまでお願い致します。

お客様相談センター

電話番号
050-555-90091
  • 上記番号をご利用いただけない方は、03-5428-1262をご利用ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
平日 9時00分~17時00分
  • 土日祝日と年末年始キヤノンマーケティングジャパン株式会社休業日は休ませていただきます。

個人情報の取扱いについて

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、お客さまからの本件エラー発生のご連絡に際して、お客さまにお伺いする氏名・住所等の個人情報を、当該事象への対応に必要な範囲内にて使用致します。個人情報をご提供頂けない場合には、対応出来ない場合がありますのでご了承ください。当該個人情報は、適切な安全対策のもと管理し、お客さまの同意なく以下の場合を除き第三者へ開示・提供致しません。

  • 上記利用目的を実施するために、業務を委託するにあたり開示する必要がある場合
  • 法令に基づく場合

当該個人情報は、上記対応が完了し、その事後対応に必要な期間保有した後、安全な方法により削除致します。

当該個人情報の管理元は、サービス&サポート企画本部 東日本BtoBコンタクトセンター カスタマー推進課個人情報保護担当です。

個人情報の取り扱いに関するお問い合せは、
imageWARE品質担当窓口 TEL:050-555-90091
までお願い致します。

戻る

このページのトップへ