デジタルビデオカメラ 「DC20」、「DC10」をご使用のお客さまへ

情報更新日:2007年7月2日
情報掲載日:2005年10月31日

  • 2007年7月2日:「本件についてのお問い合せ」を変更しました。
  • 2006年4月1日:キヤノン販売株式会社からキヤノンマーケティングジャパン株式会社に社名変更いたしました。

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

デジタルビデオカメラ「DC20」、「DC10」におきまして、特定の操作を行った時に記録管理情報がDVDディスクに正常に書き込まれず、記録した画像の読み出しができなくなる場合があることが判明致しました。
つきましては、対象製品をご使用のお客さまへのお願いを以下のとおりご案内申し上げます。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、お客さまに安心してご使用いただけますよう更なる品質管理の徹底をして参りますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

対象製品

デジタルビデオカメラ「DC20」、「DC10」

シリアル番号上記製品のうち、以下のシリアル番号の製品が対象となります。
シリアル番号は本体の液晶モニターを開いた面に記載されています。
【対象シリアル番号】
******0*****
******1*****
******2*****

  • DC20、DC10共に左から7桁目が“0”、“1”、“2”の製品が対象となります。

また、上記に該当する場合でも、右図のようにUSB端子/DC IN端子のカバー内側に「●」印が記されている製品は既に対策が盛り込まれた修正ファームウェアに変更されておりますので、本現象は発生致しません。

現象

撮影終了後にDVDディスクをビデオカメラから取り出さずに電源を切り、その後DVDディスクをビデオカメラから取り出す際に、電源スイッチを「再生」にして電源を入れてから数秒経過した特定のタイミングで、ディスクカバーOPENスイッチを押すと記録管理情報がDVDディスクに正常に書き込まれず、記録した画像が読み出せなくなる場合があります。

  • 記録管理情報とはDVDディスクに書き込まれるデータの一種で、画像データが記録されている領域や記録時間などの情報が含まれます。

対応について

本現象の対策を盛り込んだ修正ファームウェアを公開致しましたので、お手数をおかけ致しまして誠に申し訳ございませんが、ファームウェアのアップデートを実施してくださいますようお願い申し上げます。 修正ファームウェアにつきましては、以下のページでご案内しております。

ファームウェアアップデートのページへ

ファームウェアのアップデートがお済みでないお客さまへ

上記修正ファームウェアにアップデートされるまでは、以下の点にご注意いただき、ご使用くださいますようお願い致します。

撮影終了後にDVDディスクをビデオカメラから取り出さずに電源を切り、その後DVDディスクをビデオカメラから取り出す場合には

  • 電源スイッチを「カメラ」にして電源を投入し、ディスクカバーOPENスイッチを押してください。
  • または、再生モードで電源を投入する際には、電源スイッチを「再生」にして電源を入れてから5秒以上待って、ディスクカバーOPENスイッチを押してください。

本件についてのお問い合せ

大変申し訳ございませんが、フリーダイヤルでの交換受付は終了致しました。
本件についてのお問い合せは、弊社お客様相談センターまでお願い致します。

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90003
  • 上記番号をご利用いただけない方は、043-211-9394をご利用ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
9時00分~18時00分
  • 1/1~3は休ませていただきます。

戻る

このページのトップへ