デジタルカメラ「PowerShot A530」、「PowerShot A540」をご使用のお客さまへ

情報更新日:2007年9月3日
情報掲載日:2006年8月3日

  • 2007年9月3日:「本件についてのお問い合せ」を変更しました。

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

デジタルカメラ「PowerShot A530」および「PowerShot A540」の一部におきまして、カメラ底面のバッテリーカバー付近が熱くなるものが含まれていることが判明致しました。つきましては、その内容と弊社の対応についてご案内申し上げます。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを謹んでお詫び申し上げます。 今後は、お客さまに安心してご使用いただけますよう更なる品質管理の徹底をして参りますので、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

現象

バッテリーカバーの内側にある開閉スプリング(下図ご参照)が正しい位置に取付けられていないものがあり、電池を装着しバッテリーカバーを閉じた場合、ショートを起こし、以下のような現象が発生します。

  1. カメラ底面のバッテリーカバー付近が熱くなる。
  2. 装着した電池の消耗が早い。
  3. 撮影枚数が極端に少なくなる。

対象製品

  • デジタルカメラ PowerShot A530
  • デジタルカメラ PowerShot A540

本体底面に記載された本体シリアル番号の左から2桁の番号をご確認ください。

  • 本体シリアル番号:左から2桁の数字が「21」「22」「23」「24」のカメラ

図:左から2桁の数字が「21」「22」「23」「24」

上記の本体シリアル番号に該当するカメラをお持ちのお客さまは、カメラのバッテリーカバーを開いてヒンジ部分をご確認ください。
下図のように開閉スプリングが飛び出しているものが対象となります。

【対象製品】

図:正しい位置に取り付けられていない

  • バッテリーカバー内側の開閉スプリングおよびスプリング付近の金属部分は非常に高温になりますので、絶対に触らないで下さい。やけどのおそれがあります。

<ご参考>
【正常な製品】
下図のように開閉スプリングが正しい位置に取付けられているものは、本現象は発生致しません。
(形状は、(1)(2)の2通りがあります。)

図:正しい位置に取り付けられている

対応について

対象製品は無償にて修理させていただきますので、開閉スプリングが正しい位置に取付けられておらず、飛び出しているカメラはご使用なさらずに、そのまま修理受付け窓口へ修理をご依頼くださいますようお願いいたします。

修理受付期間

2007年8月31日(金)をもちまして修理受付を終了しました。

本件についてのお問い合せ

大変申し訳ございませんが、フリーダイヤルでの受付は終了致しました。
本件についてのお問い合せは、弊社お客様相談センターまでお願い致します。

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90005
  • 上記番号をご利用いただけない方は、043-211-9630をご利用ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
9時00分~18時00分
  • 1/1~3は休ませていただきます。

戻る

このページのトップへ