複合機複合機におけるIDとパスワードの設定

複合機が持つ情報をパスワードで管理

万が一、悪意のある第三者から不正アクセスを受けたとしても、複合機が持つさまざまな情報をパスワードで保護しておけば、情報漏えいによるリスクを大幅に軽減できます。キヤノンの複合機は、さまざまな情報がパスワードで保護できるようになっています。ここでご紹介する例以外の機能や情報においてもパスワードが設定できるものがあるので、必要に応じて適切に設定してください。

リモートUI(User Interface)について

リモートUI(User Interface)は、お手持ちのWebブラウザーからネットワークを経由して複合機にアクセスし、本機の状況の確認やジョブの操作、各種設定などができるソフトウエアです。本機の前に行かなくても、離れた場所からコンピューターで本機を管理できます。Webブラウザーで本機のIPアドレスまたはホスト名を指定すると、リモートUI のポータルページが表示されます。

各種設定画面

imageRUNNER ADVANCEと一部のimagePRESSシリーズの場合の設定画面になります。 複合機はパスワードによる保護機能を備えていますが、パスワードの管理を行うことがセキュリティー対策において重要です。以下のポイントを参考に、パスワードを管理してください。

システム管理項目のパスワード入力画面

アドレス帳アクセス時のパスワード入力画面

ボックスアクセス時のパスワード入力画面

アドバンスドボックスアクセス時パスワード入力画面

本体操作パネル

WebDAV

WebDAVサーバーにアクセスする場合は、「http(s)://<本機のIP アドレスまたはホスト名>/<share またはusers>/<フォルダー名>」の形式で入力します。

SMB

SMBサーバーにアクセスする場合は、本機のホスト名またはIPアドレスに「¥share」または「¥users」をつけ、その次に「¥フォルダー名」を入力します。

戻る
このページのトップへ