デジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark II」をご使用のお客さまへ
VPG130 対応 CFast カード使用時の不具合現象と回避方法について

情報掲載日:2017年4月20日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

デジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark II」におきまして、VPG130対応ファームウエア(Version 1.0.6.1.00)の製品で、VPG130対応 CFastカードと非対応カードを同時に使用した場合、条件によってカメラがフリーズする現象を確認致しました。

現在、5月中旬を目途に対策ファームウエアの公開を準備中ですが、それまでの間は下記の方法にてご使用いただきますようお願い致します。

お客さまにはご不便ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。

現象

VPG130対応 CFastカードと非対応カードを同時に使用した場合、カードの認識順序によってカメラがフリーズすることがあります。

フリーズするとライブビューが動作していても電源スイッチを含むすべてのボタンの操作ができずカード記録がされません。(タイムコード、RECマークがそのまま動いている場合もあります。)

フリーズ状態は電源(電池)の脱着を行うことで解除されます。

回避方法

電源(電池)の脱着後、CFastカードを2枚とも一旦取り外してください。その後下記方法で使用することで本現象の発生を回避することができます。

対象製品

デジタルシネマカメラ 「EOS C300 Mark II」

対応について

修正ファームウエア公開は、2017年5月中旬を予定しています。

本件についてのお問い合せ先

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90006
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」をご確認ください。
受付時間
  • 平日9時00分~17時00分
  • 土日祝日および年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
戻る
このページのトップへ