デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」、「EOS 40D」、「EOS 50D」、「EOS 60D」、「EOS 70D」をご使用のお客さまへ

情報更新日:2013年7月2日
情報掲載日:2011年2月24日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

標記製品につきましては、下記の8本の対象レンズ(1990年から1995年までの間に発売開始)と組み合せてご使用の場合に、周辺のAFフレームにおいて十字測距(縦横線同時検出)は行いません。
縦線検出または横線検出の仕様となっております。

使用説明書などから本内容の記載が漏れていましたことをお詫びするとともに、詳細をお知らせ致します。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

対象製品(カメラ)

対象製品(レンズ)

現象

対象カメラを、上記対象レンズと組み合せて使用する場合は、周辺のAFフレームでは十字測距(縦横線同時検出)は行いません。縦線検出または横線検出の仕様となります。これはカメラのAFセンサーとレンズの光学特性上の理由によるものです。

上記対象レンズ以外のEFレンズ並びにEF-Sレンズにおいて開放FNo.がF5.6までの場合は、すべてのAFフレームで十字測距(縦横線同時検出)となります。

本件についてのお問い合せ先

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90002
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」をご確認ください。
受付時間
  • 平日9時00分~20時00分
  • 土日祝日10時00分~17時00分
  • 1/1~1/3 は休ませていただきます。
戻る
このページのトップへ