デジタル一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark III」でRAW現像ソフトウエア「DPP (Digital Photo Professional) ver3.11.10」をご使用のお客さまへ

情報更新日:2012年4月17日
情報掲載日:2012年4月5日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」付属のCDに収録されているRAW現像ソフトウエア「Digital Photo Professional(以降、DPPと記載) ver3.11.10」におきまして、「EOS 5D Mark III」で撮影されたRAW形式のデータを、「DPP ver3.11.10」を用いて現像処理する際に、適切な画像変換がされないことが確認されました。

つきましては、その内容と対応について、ご案内申し上げます。

本製品をご使用のお客さまには、大変お手数をおかけ致しますが、何卒ご理解承りますよう宜しく願い申し上げます。

現象

「EOS 5D Mark III」で撮影されたRAW形式のデータを、「DPP ver3.11.10」を用いて現像処理すると、ピントがややボケたような画像になる。

対象製品

RAW現像ソフトウエア「DPP ver3.11.10」

  • デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」付属のCDに収録されているRAW現像ソフトウエアとなります。
  • 「EOS 5D Mark III」以外のカメラでは、この問題は発生いたしません。

対応について

本件の対策を盛り込んだRAW現像ソフトウエアDPPのアップデーターダウンロードサービスを開始いたしました。以下のホームページからダウンロードしてご使用いただきますようお願い致します。

DPPのアップデーター   ダウンロードページへ

本件についてのお問い合せ先

お客様相談センター

電話番号
050-555-90002
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
平日 9時00分~20時00分 / 土日祝日 10時00分~17時00分
  • 1/1~3は休ませていただきます

詳細へ

戻る