デジタル一眼レフカメラ 「EOS-1D X Mark II」 をご使用のお客さまへ「SanDisk CFast カードでの静止画撮影について」

情報更新日:2016年7月7日
情報掲載日:2016年6月28日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

2016年4月に販売開始した 「EOS-1D X Mark II」 において、SanDisk CFast カードとの組み合せで撮影した静止画像で、下記の現象が発生することが確認されました。

本製品をご使用のお客さまには、ご迷惑をおかけしますことを謹んでお詫び致します。

現象

SanDisk CFast カードを、カメラ本体またはカードリーダーに装填してご使用した際に、SanDisk CFast カードに記録した静止画像の一部(下部)が異常となることがあります。
RAW および JPEG 記録の両方で現象が確認されています。

原因

SanDisk CFast カード側に問題があります。カメラ側の問題ではありません。

対象製品

「SanDisk CFast カード」

SanDisk CFast カードは、以下のモデルが対象となります。末尾の “xxx” は販売地域により異なります。

対応について

本現象を回避するためのカメラファームウエアのウェブダウンロードサービスを開始しました。
ファームウエアの変更を行う際には、ダウンロードページを最後までよくお読みになってからダウンロードサービスをご利用ください。

最新のファームウエアは以下からダウンロードすることができます。

本件についてのお問い合せ先

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90002
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」を確認ください。
受付時間
  • 平日・土・日・祝日 9:00~18:00
  • 1/1~1/3 は休ませていただきます。

電話でのお問い合せ

サンディスク・カスタマーセンター

電話番号
0120-89-3009 (フリーダイヤル)
E-mail
retail_support@sandisk.com
戻る
このページのトップへ