業務用デジタルビデオカメラ「XF205」の記録映像が乱れる現象に関するお知らせ

情報更新日:2015年3月26日
情報掲載日:2015年2月17日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

業務用デジタルビデオカメラ「XF205」で、記録した映像に乱れが生じる可能性があることがわかりました。本件についての対応方法を以下にご案内致します。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけ致しますことを謹んでお詫び申し上げます。今後は、お客さまに安心してご使用いただけますよう更なる品質管理の徹底をして参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

現象

パワーセーブモードから復帰後にMXF記録(CFカードへの記録)を開始した場合、記録映像に乱れが生じる(カクカクした映像が記録される)ことがあります。
尚、MP4記録(SDカードへの記録)では、問題ありません。

XF205パワーセーブボタンの位置

対象製品

業務用デジタルビデオカメラ「XF205」
ファームウエア Ver.1.0.0.xxの製品が対象となります。

本体のファームウエアバージョンは、メニュー内の[その他機能]で確認ができます。

メニュー画面メニュー画面

MENUボタンを押す → [その他機能]メニュー → [Firmware]を順に選ぶ。

対応について

本件の対策を盛り込んだファームウエアVer.1.0.1.0以降へのアップデートにて改善致します。お手数をお掛け致しますが、最新ファームウエア(Ver.1.0.1.0以降)を以下のダウンロードページからダウンロードし、アップデートしていただけますようお願い致します。

本件についてのお問い合せ先

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90004
  • 受付時間については、「詳細へ」をご確認ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」をご確認ください。
戻る
このページのトップへ