キヤノンのカーボン・オフセットの取り組み

キヤノンマーケティングジャパンは、環境省と経産省が実施する「国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン」に賛同し、キャンペーン活動をする子どもたちがデジタルカメラで国立公園の写真を撮影することで、豊かな自然の大切さを伝える写真プログラムを支援しています。

カーボン・オフセットとは?

カーボン・オフセットとは、自らの温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量を他の場所での排出削減・吸収量で埋め合わせ(オフセット)する取り組みです。

STEP1 知る:自らのCO2排出量を知る STEP2 減らす:CO2排出量を減らす努力をする STEP3 埋め合わせ(オフセット):残ってしまったCO2排出量を他の場所での削減・吸収量で埋め合わせ(オフセット)する

カーボン・オフセットに取り組むことで、自社の製品・サービスのCO2排出量の削減を促進するとともに、国内外で実施されている温室効果ガスの削減・吸収活動(例.森林整備や風力発電など)を実現するプロジェクトへの支援につながります。

キヤノンのカーボン・オフセットの歩み

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは
ライフサイクルアセスメントは、主に個別の製品の原材料調達、製造、流通、使用、廃棄・リサイクルまでの各段階における環境負荷を明らかにし、商品の環境影響を評価する手法

エコリーフ環境ラベルとは
エコリーフ環境ラベルはLCA手法を用いて製品の全ライフサイクルステージにわたる環境情報を定量的に開示する日本生まれの環境ラベルです。

CFP(カーボンフットプリント)とは
CFP(カーボンフットプリント)とは、Carbon Footprint of Productsの略称で、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組み

CFPを活用したカーボン・オフセット制度(どんぐりマーク)とは
経済産業省が推進している「CFPを活用したカーボン・オフセット制度」において、認証を受けた製品やサービスに付与されるマークです。

キヤノンは業界に先駆けて1992年よりLCA(ライフサイクルアセスメント)手法を導入しました。2002年からエコリーフ環境ラベルを導入し、2012年にはCFP宣言認定を複合機で初めて取得するなど、LCAの取り組みを着実に進化させています。

この取組みと平行して、2010年から再生複合機「Refreshedシリーズ」と、カートリッジ(トナーカートリッジ、インクカートリッジ)回収リサイクルプログラムに対して、カーボン・オフセットを開始しました。
2014年、再生複合機「Refreshedシリーズ」全製品で、「CFPを活用したカーボン・オフセット制度」を複写機・複合機で初めて導入し、製品ライフサイクルすべてで発生するCO2をオフセットし、「CO2排出実質ゼロ製品」として販売しています。
2016年には複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズまで対象範囲を拡大しCFPオフセット制度を導入し、ユーザーのCO2排出量削減に貢献できる仕組みを構築しました。
またカートリッジ回収リサイクルプログラムにおいては2015年にCFPオフセット制度を導入し、回収輸送からリサイクル拠点におけるリサイクル処理で発生するCO2排出量をオフセットすることで、CO2排出量実質ゼロの回収リサイクルサービスを実現しています。

このページのトップへ