環境への取り組み環境出前授業~モノの“とくちょう”を利用してリサイクル~

第7回キャリア教育アワード優秀賞 受賞

レーザービームプリンターの消耗品であるトナーカートリッジのリサイクルを題材に、リサイクルの重要性とリサイクルするための効率的な分別方法を学習するプログラムです。
実際に、キヤノンが資源をリサイクルする工程で資源を分別する方法を科学の実験を通して体験してもらいます。
本プログラムは2016年 第7回キャリア教育アワードにおいて優秀賞を受賞いたしました。

概要

授業内容

(1) リサイクルって知ってる?なぜ大切?(座学)
(2) 分別実験にトライ!(実験)
(3) ビデオでキヤノンのリサイクル工場を見学しよう
(4) 今日のおさらい
土男(つちお)

(1)ゴミを減らすこと、資源を繰り返し大切に使うことの大切さを伝え、「3R」をおさらいします。
キヤノンのリサイクルを例に、リサイクルには分別が重要であること、理科で学習する「ものの特長(磁石につく、重さ、大きさ)」を利用して分別すると便利であることを伝えます。

  • プリンターの消耗品であるトナーカートリッジのリサイクル
椎野エみる(しいのえみる)

(2)グループに分かれて、「分別実験」に挑戦します。混ざり合った数種類の材料を、さまざまなアイテムを使って分別します。

(3)(4)実験の後、キヤノンのリサイクル工場のビデオを見て、実験で体験した分別方法が、実際のリサイクルに利用されていることを伝えます。それによって、理科の学習が実際のリサイクルで役立っていることを知り、学校での勉強と社会とのつながりを感じてもらいます。

  • 授業を受講し、分別実験に参加された記念に「キヤノンエコマスター」認定証をお渡しします。

環境出前授業のお問い合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR本部 商品環境推進グループ

電話番号
03-6719-9207(平日9時30分~17時)
ファクス
03-6719-8360
このページのトップへ