GREEN NAVI ver.2

ライフサイクルアセスメントとは

ライフサイクルアセスメントとは

キヤノンでは、環境ビジョン(Action for Green)の下、製品の機能向上と
ライフサイクルアセスメント全体での環境負荷低減の両立を推進しています。取り組みの一環として
CFPプログラムへの参画、CFPを活用したカーボン・オフセット制度への参画などを行い、
環境負荷の見える化とカーボン・オフセットによる実質的な削減に努めています。

ライフサイクルアセスメントの
環境負荷を見える化、削減

①ライフサイクル全体で排出される温室効果ガスを
CO2換算して環境負荷を見える化・分析

見える化された環境負荷を削減する
製品開発プロセスの取り組み

小型・軽量化
原材料・製造・流通時の環境負荷低減
■原材料の量削減■物流効率向上
省エネルギー性能向上
使用時の環境負荷低減
使用時の消費電力削減
リサイクル配慮設計
リサイクル時の環境負荷低減
解体が容易で再資源化しやすい

②ライフサイクル全体での
環境負荷見える化と削減例

CFPプログラム
カーボン・オフセット制度

カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム

製品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルまでのライフサイクルアセスメント全体において排出される温室効果ガスの量をCO2に換算し、環境負荷を「見える化」することを目的とした制度です。
キヤノンの製品一覧

CFPを活用したカーボン・オフセット制度

製品などのライフサイクルにおける温室効果ガス排出量(CFP)を算定した事業者が、別途取得した同量のクレジットにより埋め合わせ(カーボン・オフセット)を行ったことを事務局が認証し、製品に認証マークを添付する事業です。
制度の詳細 キヤノンの取り組み対象となる
製品サービス
ココがPOINT

対象機種と移転可能量

この複写機のクレジットのうち、使用・維持管理段階の部分はお客さまに移転することが可能です

計算する

移転可能なオフセット量
00000kg-CO2
全体オフセット量
00000kg-CO2
このページのトップへ