GREEN NAVI ver.2

テレワーク

外出先でも支障なく仕事が できればいいのに。。。。

場所や時間にこだわらない働き方。
テレワークを活かせば、環境負荷の軽減につながります。

情報通信環境が発達し、場所や時間の制約を受けずに働くテレワークが注目されています。在宅業務の場合、情報セキュリティーとコミュニケーションが課題になります。インターネットの利用するため、セキュリティーやウイルス対策のソフトウエアは必須です。またウェブブラウザーを利用した会議システムも便利でしょう。テレワークは出勤時のCO2排出や業務スペースの削減が期待できます。

外出先での業務効率化

例えばこんな環境負荷低減効果があります!!
120人で3フロアを利用している
オフィスで、40人がモバイルを利用し、
1フロア分を不使用にすると

1か月当たりのCO2削減量は

3217.3kgです

この他、通勤時の混雑緩和などの効果もあります。

算出基準について

このページのトップへ