キヤノンマーケティグジャパン株式会社 長野営業所が全員参加型の環境活動で「ゴールド認定」を取得!

長野営業所では、ISO14001認証を取得して以来、環境活動に取り組んできましたが、自分たちの営業所ならではの環境活動はできないものかと情報収集していた時、「ながのエコ・サークル」認定制度が目に留まりました。この認定は、地域活動に貢献するだけでなく、長野市が行う入札時の総合評価落札方式の評価点項目の対象になっているため、本業にも関わってきます。そこで、「ながのエコ・サークル」認定の中でも最もハードルが高い「ゴールド」を目指して取り組みがスタートしました。

認定基準のポイントは、ごみの減量やリサイクルに配慮した事業所活動。そこで、用紙などの使用量の積極的な抑制とリサイクル率の向上のため、次の2点を重点的に取り組みました。

  • ごみの分別を徹底し、一般廃棄物は毎日計量し排出量を視覚化することで、リサイクル率を80%以上にする。
    →視覚化により、全員が現状を認識し、目標数値の達成を目指し、営業所内一丸となって実施できた結果、リサイクル率は85.8%とアップしました。
  • エコバック活動を徹底する。
    →エコバックの大きさを何種類か用意し、状況にあった使用を工夫することで、日々の営業・サービス活動で発生する紙袋や封筒を減らすことができました。

長野営業所の皆さん

これらの活動が評価され、2012年4月17日に長野市から「ゴールド認定」をいただきました。認定後は、長野市のHPや広報媒体にゴールド認定事業所として掲載されました。その結果、継続的に実施している長野営業所主体の展示会でも「ながのエコ・サークル」取得をキーポイントとした総務関連セミナーなどを実施し、さまざまなソリューション提案を展開し、実績に結びついています。その他、営業所全員もやらされ感での取り組みではなく、環境活動がより積極的になり、モチベーションの向上につながっています。

  • 「ながのエコ・サークル」とは、ごみの減量やリサイクルに配慮した事業活動に積極的に取り組んでいるお店や事業所を長野市が認定する制度です。取り組み内容に応じて、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」と3ランクに分けられています。

事業所でエコ!トップへ

このページのトップへ