EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 特長紹介

  • 世界中で愛されてきたEF100-400mmが、16年の時を経て一新。研ぎ澄まされた高画質、そこから広がる豊かな表現力。革新のレンズをいま、あなたの手に。
  • 待望の一本は、革新の一本。 EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM NEW
ズーム領域で高画質 優れた機動力 快適な操作性
  • 「新設計の回転式ズームは想像以上に使いやすく、描写もきわめて高解像だ。このレンズは標準装備になる。」 水谷たかひと EOS 7D Mark II、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/3200sec、F6.3、ISO800、WB:オート[手ブレ補正モード3]
  • 「待ちに待った超望遠ズーム。4段分の手ブレ補正、フレア・ゴーストを抑えるASCはプロ、アマ問わず写真家を満足させてくれる。」 ルーク・オザワ EOS 7D Mark II、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/2000sec、F8.0、ISO200、WB:オート[手ブレ補正モード2]
  • 「新設計の回転式ズームは想像以上に使いやすく、描写もきわめて高解像だ。このレンズは標準装備になる。」 水谷たかひと EOS 7D Mark II、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/2500sec、F8.0、ISO800、WB:オート[手ブレ補正モード3]
  • 「待ちに待った超望遠ズーム。4段分の手ブレ補正、フレア・ゴーストを抑えるASCはプロ、アマ問わず写真家を満足させてくれる。」 ルーク・オザワ EOS 7D Mark II、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/1250sec、F10、ISO200、WB:オート [手ブレ補正モード2]
  • 水谷たかひと
  • ルーク・オザワ
  • 水谷たかひと
  • ルーク・オザワ

[ズーム全域で高画質] 光学系の最適化により、画面の隅々まで鮮明に描写。新開発テクノロジーの採用により、さらなる高画質を実現。

蛍石レンズ、スーパーUDレンズと最新の光学設計で高画質を実現。

蛍石レンズ、スーパーUDレンズを各1枚採用。最新の光学設計に基づき、それらを最適に配置することで、ズーム全域で色収差を良好に補正。高解像力・高コントラストを実現し、画質に定評のあるEF70-200mm F2.8L IS II USMと同等の高画質を獲得。画面の隅々まで鮮明な描写を可能としています。

※ キヤノン測定基準による。

高画質を実現した、16群21枚のレンズで構成された光学系

EFレンズ初

新コーティング技術ASCが、フレア・ゴーストを大幅に抑制。

ASC(Air Sphere Coating)はレンズの蒸着膜の上に、空気の球を含んだ膜を形成する新コーティング技術です。屈折率の低い空気をコーティング内に規則的に敷き詰めることで、超低屈折率膜を形成。特に垂直に近い角度で入射する光に対して、高い反射防止効果を発揮し、フレア・ゴーストの発生を大幅に抑制することに成功しています。

※ 2014年11月現在

ASC

[コーティングによる光の反射量の違い]

多い 少ない

ガラス(コーティングなし)反射率の高いガラス面のみの場合。入射する光の多くを反射してしまいます。

多層コーティング (蒸着膜層)透過率を高めた多層コーティングでも、光の一部を反射してしまいます。

ASC(超低屈折率層+蒸着膜層)ASCを採用することで、光の反射を抑制し、クリアな描写を実現します。

TOP

[優れた機動力] 撮影者の意志を反映し、あらゆる状況に対応する。革新のクオリティがここに凝縮。

手持ち撮影を可能とする小型・軽量設計。

光学性能や操作性を向上させながら、全長193mm、質量約1,570g(三脚座非装着時。三脚座装着時は約1,640g)を実現しています。

図:最大径×長さ Φ94×193mm 質量 約1,570g(三脚座を除く)

4段分の手ブレ補正効果を実現する新型ISユニットを搭載。

シャッター速度換算で従来レンズの約2段分※2から4段分へ手ブレ補正効果を大幅に向上。より自由な表現が可能になりました。

※1 CIPAガイドライン準拠。焦点距離400mm、EOS-1DX使用時。
※2 キヤノン測定基準による。これよりも低速になると手ブレが起こりやすくなるといわれる「1/焦点距離」秒のシャッタースピードを基準として。使用するカメラのセンサーサイズにより異なります。CIPAガイドライン準拠の場合1.5段分。

流し撮りに適した「手ブレ補正モード2」を搭載。

構図変更やパンニング動作時の揺り戻しを低減。スポーツなどの流し撮りに効果を発揮します。

作例:手ブレ補正モード2

露光中のみ補正「手ブレ補正モード3」を新搭載。

ファインダー上での揺り戻しによる違和感がないので、被写体を追いやすく、思い通りのフレーミングが可能です。

過酷な状況に対応する防塵・防滴構造を新採用。

レンズ内への水や埃の侵入を防ぐため、マウント部をはじめ、随所に防塵・防滴構造を新たに採用。

図:防塵・防滴箇所

汚れが付きにくく、付いても簡単に落とせるフッ素コーティング。

最前面と最後面のレンズ表面に、汚れに強いフッ素コーティング加工を施しています。

図:フッ素コーティングの効果

望遠400mmでも0.98mまで寄れる、クラスNo.1の近接撮影能力。

最短撮影距離は0.98m。最大撮影倍率は0.31倍。いままでの望遠レンズでは想像できなかった、小さな被写体のクローズアップ撮影が可能に。

※ 一眼レフカメラ用交換レンズ中、望遠端400mmのズームレンズにおいて。

作例:従来レンズ/新レンズ 比較

TOP

[快適な操作性] 一瞬のシャッターチャンスを確実に捕捉する。すべては、この使命のために進化した。

瞬時のズーム操作を可能にする新設計・回転式ズーム。

従来の直進式ズームに比べ、決まった位置に止めやすく、構図の微調整が容易な回転式ズームを採用。広角端100mmから望遠端400mmまでズームリングの回転は、わずか95°。瞬時のズーム操作を可能にします。

図:【従来レンズ】直進式ズーム/【新レンズ】回転式ズーム(95°)

作例:【ズームリングの回転は、わずか95°】100mm/200mm/300mm/400mm

撮影者の意志とダイレクトに呼応する高速AF。

高速CPUと最適化されたAFアルゴリズムで高速AFを実現。
微妙なピント合わせができるフルタイムマニュアルフォーカスも搭載。

ズームリングのトルクを調整できる調整リング。

調整リングを回転させることで、ズームリングのトルクを調整。ズームリングを素早く移動させたい時、微調整を行う時とで異なる操作感が得られます。

図:調整リング

EFレンズ初

フード装着時でも円偏光フィルターの回転操作が可能なレンズフード。

開閉式操作窓付き新型レンズフードを同梱。円偏光フィルター装着時、フードを付けたままフィルターを回転。効果を確認しながら撮影できます。

※ 2014年11月現在

図:開閉式操作窓付きレンズフードET-83D

EFレンズ初

レンズをカメラに装着したまま取り外せる独立構造の三脚座。

三脚座だけを取り外せるので、手持ち撮影の利便性が向上。撮影チャンスに即応します。

※ 2014年11月現在

図:三脚座(レンズをカメラに装着したまま三脚座だけを着脱可能)

★ 従来レンズ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(1998年11月発売)

TOP

各部名称

希望小売価格:¥300,000(ケース・フード付き、税別)商品コード:9524B001 JANコード:4549292-010350 ○APS-Cデジタル一眼レフ装着時の画角:160-640mm相当(35mm判換算) ○レンズ構成:16群21枚 ○撮影距離範囲:0.98m~∞ ○最大撮影倍率:0.31倍 ○フィルター径:77mm ○最大径×長さ:Φ94×193mm ○質量:約1,570g ○手ブレ補正効果(CIPAガイドライン準拠)4段分 焦点距離400mm、EOS-1D X使用時。 ○手ブレ補正モード3搭載

同梱アクセサリー:レンズフード ET-83D、レンズキャップ E-77II、ジッパーケース LZ1326

仕様比較

EF100-400mm
F4.5-5.6L IS II USM
EF100-400mm
F4.5-5.6L IS USM
焦点距離 100-400mm 100-400mm
開放F値 F4.5-5.6 F4.5-5.6
レンズ構成 16群21枚 14群17枚
絞り羽根枚数 9枚 8枚
最小絞り 32-40 32-38
蛍石レンズ 1枚 1枚
スーパーUDレンズ 1枚 1枚
ASC(Air Sphere Coating) ×
フッ素コーティング ×
ズーム方式 回転式 直進式
トルク調整リング
防塵・防滴構造 ×
手ブレ補正効果 4段分※1 約2段分※2
手ブレ補正モード ISモード1/2/3 ISモード1/2
最短撮影距離 0.98m 1.8m
最大撮影倍率 0.31倍 0.20倍
三脚座 独立式 リング式
フィルター径 77mm 77mm
最大径×長さ Φ94×193mm Φ92×189mm
質量 三脚座非装着時 約1,570g 約1,380g
三脚座装着時 約1,640g 約1,530g

※1 CIPAガイドライン準拠。焦点距離400mm、EOS-1D X使用時。
※2 キヤノン測定基準による。これよりも低速になると手ブレが起こりやすくなるといわれる「1/焦点距離」秒のシャッタースピードを基準として。使用するカメラのセンサーサイズにより異なります。CIPAガイドライン準拠の場合1.5段分。

エクステンダー装着時仕様表

エクステンダーEF1.4× III エクステンダーEF2× III
焦点距離 140-560mm 200-800mm
F値 WIDE F6.3-45 F9-64
TELE F8-57 F11-81
最大撮影倍率 0.44倍 0.64倍
AF ※1 ×

※1 EOS-1v/HS、EOS-1Ds/Mark II/Mark III※2、EOS-1D/Mark II/Mark IIN/Mark III/Mark IV※2、EOS-1D X※2、EOS 5D Mark III※2、EOS 7D Mark IIを使用した場合に限り、中央の測距点のみでAFが可能です。その他のEOSではマニュアルフォーカスになります。
※2 最新のファームウエアへのアップデートが必要です。

このページのトップへ