EF16-35mm F2.8L III USM 特長紹介

2.8Lが、またひとつ極まる。

EF16-35mm F2.8L III USM

開放F2.8ズームラインアップ。その一翼を担う広角ズームレンズが、デジタル一眼レフカメラの高画素化にともない、さらなる進化を遂げた。最新の光学技術を駆使し、ズーム全域・周辺部まで徹底した高解像を実現。

EF16-35mm F2.8L III USM 写真家インプレッション

copyguard
  • EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16、ISO400、WB:太陽光 撮影 中西 敏貴

    EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16、ISO400、WB:太陽光
    撮影 中西 敏貴

  • EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、25sec、F2.8、ISO6400、WB:マニュアル(3500K) 撮影 中西 敏貴

    EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、25sec、F2.8、ISO6400、WB:マニュアル(3500K)
    撮影 中西 敏貴

  • EOS 5Ds、EF16-35mm F2.8L III USM、1sec、F2.8、ISO200、WB:オート 撮影 佐藤 信太郎

    EOS 5Ds、EF16-35mm F2.8L III USM、1sec、F2.8、ISO200、WB:オート
    撮影 佐藤 信太郎

  • 中西 敏貴
  • 中西 敏貴
  • 佐藤 信太郎

写真:中西 敏貴

PROFILE

写真家 中西 敏貴/ Toshiki Nakanishi

独学で写真を学び、撮影のために北海道へ通い続ける。2012年、撮影拠点である美瑛町に移住。光を強く意識した風景作品に取り組む一方、自然の中に造形的な美を見出す表現にも挑む。各種メディアへの作品提供や執筆活動の傍ら、個人・団体の撮影講師としても活動中。

中西 敏貴 インプレッション

閉じる

画面の隅々まで精緻に描写する。この新しいレンズが私の写真表現を深くする。-写真家・中西 敏貴

新しい広角ズームEF16-35mm F2.8L III USMをEOS 5D Mark IVに装着し撮影に向かう。私が常に狙っているのはどんよりと曇った空が突然割れ、スポットライトが風景を照らすような劇的なシーンだ。光の向きも順光だけでなく逆光で撮影することも多い。新しい16-35は光の向きに関わらず、コントラストの低下が極めて少なく、クリアでヌケもいい。フレア・ゴーストの発生についてもかなり厳しい条件で試してみたが、高次元で抑制されているので太陽を画面に取り込んだりと、逆光でも積極的に使いたくなった。
広角レンズで主要被写体に近づき背景をボカすといったシーンでは、F4よりも大口径F2.8で得られるボケ味が欲しいところ。地上の風景と星を組み合せて撮る場合にもF2.8の恩恵は絶大で、感度を低く設定できるうえ、ファインダー内が明るいので暗い撮影シーンでもピント合わせが比較的容易なのがいい。
美瑛町のひまわり畑では曇り空の下で撮影。画面の隅々まで精密に描けており、広角レンズの宿命ともいえる周辺画質の乱れも気にならない。安心して四隅に被写体を配置できるレンズだと確信した。
星空の撮影では、画面中心部から周辺部まで高解像なので、周辺部に配置した星も大きく流れることなくシャープに描写。極めてクリアな仕上がりの画になった。この新しい16-35はズーム全域、周辺部まで高画質なのでフレーミングに制約がなく、これから使用頻度が高くなるレンズだと思う。
もちろん、約3040万画素になったEOS 5D Mark IVともベストマッチ。フルサイズ高画素機の精密な描写にゆとりを持って対応するこのレンズは、これから私の写真表現をどこまで広げてくれるだろう。

EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16、ISO400、WB:太陽光

EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16、ISO400、WB:太陽光

EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、25sec、F2.8、ISO6400、WB:マニュアル(3500K)

EOS 5D Mark IV、EF16-35mm F2.8L III USM、25sec、F2.8、ISO6400、WB:マニュアル(3500K)

EOS 5D Mark IV の情報はコチラ

写真:佐藤 信太郎

PROFILE

写真家 佐藤信太郎/ SATO Shintaro

2002年フリーランス転身、東京の街並みや大都市の有機的な移ろい、人々の息吹などを独自の光と距離感で切り取る。東京を中心とする都市が持つ固有の雰囲気に惹きつけられて撮影した3つの作品シリーズ、「夜光」「非常階段東京」「東京|天空樹」を発表している。

佐藤 信太郎 インプレッション

閉じる

画面周辺部でも、一本一本の線が見える。文字も読める。この先鋭画質は、従来機とは比べ物にならない。-写真家・佐藤 信太郎

東京の東部を中心にその土地が持つ固有の雰囲気を撮ってきた僕にとって、16-35mm F2.8は極めて使い勝手のいいズームだ。
とくに16mm側は、都市全体を捉えるのに適した画角で、II型のときからずっと使ってきた。夕景、夜景の撮影の場合、レンズは明るいに越したことはないが、F2.8のレンズはファインダーが明るく、ピントを合わせたい場所をしっかり確認しながら撮影できるのがいい。
この新しい16-35で驚いたのは、周辺全域が極めて高解像だということ。いままでだと画質が低下した画面周辺部でも、看板の文字、一本一本の線をクリアに描写する。従来のレンズとは比べ物にならない、凄い描写力だと思う。
また、F2.8という明るさはシャッタースピードを稼げるので、撮影の幅がかなり広がると思う。僕は撮影のとき必ず三脚を立てるので、手ブレの心配はあまりないが、被写体ブレを起こしそうな状況でこの明るさは極めて有利。例えば夜景撮影の場合、月が画面に入ることがある。月の動きは意外と速く、シャッタースピードが遅いと、丸くならず楕円になってしまう。また、風の強い日は夜空もきれいで作品撮りに絶好のタイミングだが、三脚を立てていても強風でカメラが動き、ブレてしまうことがある。しかしシャッタースピードを速くできると、風が止んだ一瞬を使って撮影できる。その意味でこの広角ズームは、撮影条件が悪くなればなるほど威力を発揮するレンズだと思う。
試しに開放F2.8と、F4まで絞って撮影した場合と、両方撮ってみたが、その差はほとんど気にならなかった。カメラが高画素時代を迎えているので、この16-35のような高解像なレンズは、ますます必要になってくる。画面周辺部のディテールまでシャープに写せて、しかも、色収差も感じさせない。だから、RAWで撮って、思い通りに現像できる。ノイズが気になる夜景撮影でも、画面の隅々までくっきり鮮明に描写してくれる。写真家の創造意欲を刺激する広角ズームだと思う。

周辺部を拡大しても、文字が読めるほど精緻に描写。EOS 5Ds、EF16-35mm F2.8L III USM、0.6sec、F2.8、ISO200、WB:オート

EOS 5Ds、EF16-35mm F2.8L III USM、1sec、F2.8、ISO200、WB:オート

EOS 5Ds、EF16-35mm F2.8L III USM、1sec、F2.8、ISO200、WB:オート

最新の光学設計により、ズーム全域で先鋭画質を実現したレンズ構成。

大口径ガラスモールド両面非球面レンズ2枚、研削非球面レンズ1枚の効果的な配置により、歪曲収差/像面湾曲/非点収差を抑制。UDレンズ2枚の採用で、色収差を極小に抑制。画面中心から周辺まで、ズーム全域での高画質化を実現しています。

[11群16枚のレンズで構成された光学系]

写真の表現領域を広げる、大口径F2.8の明るさとその魅力。

copyguard開放F2.8、広角域でも美しいボケ味。

◎広角域でも、美しいボケ味を楽しめる。

絞りを開けて被写体に近づけば、広角域でも大口径ズームならではの背景をぼかした撮影が可能。9枚羽根の円形絞りとあいまって、美しいボケ味を楽しめます。

EF16-35mm F2.8L III USM、
1/200sec、F8、ISO100、WB:オート

copyguardシャッター速度を上げ、星々を精緻に描写。

◎速いシャッター速度で撮影できる。

暗い環境下での風景撮影や室内撮影など、ISO感度を上げずにシャッター速度を上げたいシーンにはF2.8の明るさはアドバンテージ。動体撮影など、被写体を止めて撮影したいときにも、速いシャッター速度は効果的です。

EF16-35mm F2.8L III USM、
10sec、F2.8、ISO6400、WB:マニュアル(4000K)

◎ファインダーが明るく、被写体を見やすい。

開放F値が明るいと、光学ファインダー内が明るく見えるので、薄暗いシーンでも被写体が見やすく、ピント合わせも容易。快適な撮影が行えます。

周辺部の高画質化を徹底的に追求。描写性能のさらなる向上を実現。

最新の光学系の採用により、歪曲収差をはじめ、諸収差を極小に抑制することに成功。ズーム全域で、絞り開放から高い解像性能を発揮することができます。従来モデルと比べ、画面中心から周辺部まで、さらなる高画質化を実現しています。

copyguardEF16-35mm F2.8L III USM、1/250sec、F8、ISO100、WB:オート

広角レンズで発生しやすい、倍率色収差の発生を低減。

UDレンズ2枚を効果的に配置することにより、広角レンズで発生しやすい倍率色収差の発生を極小に抑制することに成功。被写体境界部に色にじみの少ない、高解像・高コントラストな先鋭画質を実現しています。

copyguard従来レンズ( EF16-35mm F2.8L II USM )
copyguard新レンズ( EF16-35mm F2.8L III USM )
EF16-35mm F2.8L III USM、1/5sec、F2.8、ISO800、WB:オート
EF16-35mm F2.8L III USM、1/5sec、F2.8、ISO800、WB:オート

新コーティング技術ASC*1とSWC*2を同時に採用。逆光によるフレア・ゴーストを大幅に抑制。

ASCとSWCを第1・第2レンズの2枚に採用し、ゴーストやフレアの発生を大幅に抑制。この2つのコーティングを同時に採用しているEFレンズは、EF16-35mm F2.8L III USMの他には、超広角のEF11-24mm F4L USMのみ。Lレンズにふさわしい高画質を実現しています。

[ASC]
ASCはレンズ表面の蒸着膜の上に、空気の球を含んだ膜を形成する新コーティング技術。屈折率の低い空気をコーティング内に規則的に敷き詰めることで、超低屈折率幕を形成。垂直に近い角度で入射する光に対して、高い反射防止効果を発揮します。
  • ※1 Air Sphere Coating

ASC-超低屈折率層/蒸着膜層

copyguard従来レンズ( EF16-35mm F2.8L II USM)

[SWC]
SWCはレンズの表面に可視光の波長よりも小さいナノサイズのくさび状の構造物を無数に配置。光の反射を抑制する新コーティング技術。広角レンズなど曲率の大きなレンズでも、周辺部のフレア・ゴーストを抑えることが可能です。
  • ※2 Subwavelength Structure Coating

SWC-ナノサイズのくさびが反射を抑制。

copyguard新レンズ( EF16-35mm F2.8L III USM)

EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16.0、ISO400、WB:オート
EF16-35mm F2.8L III USM、1/200sec、F16.0、ISO400、WB:オート

あらゆる撮影シーンに対応する、革新のクオリティー。

汚れに強い、フッ素コーティングを採用。

汚れが付着しやすいレンズ前面、後面にフッ素コーティングを採用。油分や水をはじきやすく、レンズに付着した油分なども溶剤を使わずに乾いた布などで簡単に拭き取ることが可能です。

フッ素コーティング塗布面

最短撮影距離は0.28m、最大撮影 倍率0.25倍。

ズーム全域で最短撮影距離は0.28m。最大撮影倍率は16mm側で0.12倍、35mm側で0.25倍。広角ズームでありながら、被写体に接近した撮影が行えます。

過酷な環境にも耐える、高耐久性、防塵・防滴構造。

メカ構造を見直すことで、耐振動・耐衝撃性、耐久性を強化。また、水やホコリのレンズ内部への侵入を防ぐため、マウント部、スイッチパネル部、ズームリング部、フォーカスリング部に防塵・防滴構造を採用しています。

防塵・防滴箇所

  • 十分な防塵・防滴性能の発揮には、別売りのキヤノンPROTECTフィルター82mmの装着が必要です。

[各部名称]

希望小売価格 299,000円(ケース・フード付き、税別) 商品コード:0573C001 JANコード:4549292-037722
○APS-Cデジタル一眼レフ装着時の画角:25-56mm相当(35mm判換算) ○レンズ構成:11群16枚 ○撮影距離範囲:0.28m~∞ ○最大撮影倍率:0.25倍 ○フィルター径:82mm ○最大径×長さ:φ88.5×127.5mm ○質量:約790g ○同梱アクセサリー:レンズフードEW-88D、レンズキャップ E-82 Ⅱ、レンズケースLP1222

キヤノンの光学技術を惜しみなく投入し進化を遂げた、大口径F2.8シリーズ。

EF16-35mm F2.8L III USMの誕生により、大口径F2.8ズームレンズシリーズがさらに進化。広角16mmから望遠200mmまで3本のズームレンズでカバーする、開放F2.8通しの最新光学系採用Lレンズ群が揃いました。どのレンズも先進技術を惜しみなく投入した、キヤノンを代表する高性能レンズです。

EF16-35mm  F2.8L III USM

商品情報へ

EF24-70mm  F2.8L II USM

商品情報へ

EF70-200mm  F2.8L IS II USM

商品情報へ

このページのトップへ