一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS-1D X高画質

写真家の信頼に、進化で応える。’X’ Ver.2.0 EOS-1D X

有効約1810万画素 35mmフルサイズCMOSセンサー

さらなる画質と連続撮影能力。高度な要求が、このCMOSセンサーを生んだ。

写真:有効約1810万画素 35mmフルサイズCMOSセンサー

CMOSセンサー内製化にいち早く取り組んできたキヤノン。その技術とノウハウを駆使し、開発したのが新たな大型単板CMOSセンサーです。画面サイズは約36.0×24.0mm、有効画素数は約1810万画素。広い画面サイズにより表現される空気感、高い解像度により描写される鮮鋭なディテールが、画像に"力"を与えます。特筆すべきは、優れたSN比と広いダイナミックレンジです。低ノイズかつ豊かな階調が、スペックでは語りきれない高画質を生み出します。

優れた受光・集光効率

図:ギャップレスマイクロレンズ概念図

新開発CMOSセンサーの画素サイズは6.95μm角。例えばEOS-1D Mark IV(有効画素数:約1610万画素)の5.7μm角と比べても、広くゆとりある受光面積を確保しました。さらに、35mmフルサイズという大きな画面サイズでありながら、マイクロレンズのギャップレス化を実現。それも、画面中心部から周辺部へと、光の入射角に適したマイクロレンズ設計により、画面のすみずみまで集光効率を高めています。

  • 2009年12月発売

16チャンネルの高速読み出し

約1810万画素の高画素・高解像度と連続撮影速度の両立。新開発CMOSセンサーは、16チャンネルによる高速読み出しを実現しました(EOS-1D Mark IV:8チャンネル)。これにより、最高約12コマ/秒(超高速連続撮影モード時、最高約14コマ/秒)の静止画撮影を可能にしています。

デュアルDIGIC 5+

卓越した高画質と機動性を可能にした、新開発の映像エンジン。

写真:デュアルDIGIC 5+

映像エンジンは、新開発のDIGIC 5+(プラス)を2基搭載した、「デュアルDIGIC 5+」です。デュアルDIGIC 4を遥かにしのぐ処理能力を備え、約1810万画素、14bitの高精細・広階調な画像でありながら、最高約12コマ/秒(超高速連続撮影モード時、最高約14コマ/秒)の連続撮影を可能としました。また、新アルゴリズムにより、高ISO感度で撮影時に発生するノイズを効果的に除去。画質向上とISO感度拡大に大きく貢献しています。さらに、その卓越したパフォーマンスを背景に、倍率/軸上色収差の撮影時補正や多重露出機能、新しい動画コーデックの採用など、高度な画像処理機能、撮影機能を実現しています。

常用ISO 100~51200

露出設定の自由度を高める、広く柔軟なISO感度設定。

写真:ISO感度 51200

高い集光効率を誇るCMOSセンサーと、高度なノイズ処理を行うデュアルDIGIC 5+の相乗効果により、常用ISO 100~51200(推奨露光指数)という広い感度設定を可能にしました。暗いシーンでも高ISO感度でシャッター速度を確保する、エクステンダー使用時の開放絞り数値の低下を補うなど、露出設定とレンズ選択の自由度か高まります。

  • 動画撮影時は、常用ISO 100~25600となります。

ISO感度の拡張

L(ISO 50相当)、H1(ISO 102400相当)、H2(ISO 204800相当)の感度拡張が可能です。Lは、きわめて明るいシーンでも、大口径レンズを絞り開放で使用したいときに有効。H1、H2なら、ほとんど視界がきかない暗い状況にも対応でき、撮影の可能性が広がります。

意図に応じた設定が可能なISOオート

ISOオート低速限界画面

明るさの変化に自動で対応できる、ISOオートを搭載。このとき、ISO感度の自動制御範囲の上限を設定できます。暗いシーンを遅いシャッター速度で撮影したいときや、画質への配慮から高ISO感度側を制限したいときなどに有効です。さらに、[ISOオート低速限界]も設定可能となりました。あらかじめシャッター速度(1/250~1秒)を設定しておくと、それよりシャッター速度が遅くならないようISO感度をシフト。例えば広角レンズ使用時、被写体ブレを防ぐため、速めのシャッター速度を確保したい場合などに効果を発揮します。

  • ISOオートでは、感度拡張は行われません。

高感度撮影時のノイズ低減

すべてのISO感度で色ノイズ、輝度ノイズを除去します。効果設定は[標準/弱め/強め/しない]を用意。「デュアルDIGIC 5+」により、ノイズ除去の効果がこれまでより向上(EOS-1D Mark IV比)しています。さらに、[強め]で連続撮影可能枚数が減少することもなく、暗い屋内スポーツ撮影などにも適用可能としています。

長秒時露光のノイズ低減

露光時間が1秒以上になるとノイズ低減を行います。[自動]設定時は、カメラが画像データからノイズ量を判断し、必要に応じて自動的にノイズ処理を実行。[する]では、実際のノイズ量に関わらず、常にノイズ低減処理を行います。

画像処理機能

シーンに合った高画質を生み出す、統合された画作り機能。

「デュアルDIGIC5+」や新開発のAEシステムなどによってシーンを解析。画像処理に関する各種機能を最適に設定するほか、必要に応じてカメラが機能を連携・効果を最大化する、先進のテクノロジーを採用しました。これにより、撮影者のイメージと画像の仕上がりがいっそう近づき、表現の快適性と確実性が大幅に向上します。

ピクチャースタイル

ピクチャースタイルロゴ

被写体や好みにあった画作りができるピクチャースタイルを搭載。さらに、「1D」シリーズとして、初めてピクチャースタイルオートを用意しました。例えば風景を撮影するとき、それは都市か、自然か、夕景かによって、画作りのパラメータは異なります。このようなとき、ピクチャースタイルオートは、シーンを解析し、ピクチャースタイル[風景]よりもきめ細かな色調・コントラスト調整を行います。なお、通常シーンでは[スタンダード]に相当する色再現とメリハリのある画像を生成。好ましい高画質が手軽に得られ、撮影の効率化も可能です。

オートライティングオプティマイザ

画面内の輝度分布を解析し、被写体を自然な明るさに補正。被写体と背景の明るさのバランスがよい、見た目に近い画像を生成します。プロの信頼に応え得るよう、効果の安定性を追求するとともに、夕景や高彩度シーンでのコントラスト調整も可能とし、有効なシーンを拡大させました。

AE露出アンダー

写真:AE露出アンダー 補正:標準 補正:しない

低コントラスト

写真:低コントラスト 補正:標準 補正:しない

逆光露出アンダー

写真:逆光露出アンダー 補正:標準 補正:しない

ホワイトバランス

オートホワイトバランスは、人物を撮影時、カメラが顔と色を認識し、肌の色が自然になるようホワイトバランスを自動設定。また、夕景ではオレンジ色を強調するほか、色温度の低い光源(白熱電球など)での赤み抑えるなど、よりシーンに合ったオートホワイトバランスを実現しています。

図:ホワイトバランスモード

高輝度側・階調優先

標準露出(18%グレー)から高輝度限界までの範囲を約1段分拡張。白飛びを防ぎ、ハイライト付近の描写力を高めます。

写真:高輝度側 階調優先:あり 階調優先:なし

レンズ光学特性補正機能

EFレンズの優れた描写力を、さらに研ぎ澄ませる。

レンズ光学補正設定画面

周辺光量補正、歪曲収差補正に加え、新たに色収差(倍率/軸上)補正を可能としています。いずれもEFレンズの光学特性データに基づく効果的なもので、新旧のレンズの優れた描写力を、さらに磨き上げることが可能です。カメラには、プロの使用頻度が高い27本のEFレンズの補正用データを登録済み。また、EOS Utilityで補正用データを追加・削除することもできます。

図:レンズ光学補正・初期登録レンズ

レンズ色収差補正

撮影時に、倍率/軸上色収差を補正することが可能です。「デュアルDIGIC5+」の優れた処理能力が実現した機能のひとつで、色にじみが少なく、解像感の高い描写をもたらします。

レンズ周辺光量補正

画面の四隅を自然な明るさに整えます。撮影時に適用可能です。

レンズ歪曲収差補正

歪曲収差を自動的に補正。補正はカメラ内RAW現像時、またはDigital Photo Professional時での現像時に行うことができます。

記録形式

多彩な画像用途に、フレキシブルかつ瞬時に対応。

RAW/M-RAW(Middle RAW)/S-RAW(Small RAW)を用意しています。画像の用途や伝送効率などを考慮した、柔軟なRAW画像記録が可能です。3種類のRAW画像サイズは、すべてJPEGとの同時記録が可能。なお、画像記録形式はDCF2.0、Exif2.3に準拠。JPEG画像の圧縮率は、10段階で設定できます。

ワンタッチ記録画質切り換え

ワンタッチ記録画質切り換え画面

特定のボタンを押すことで、瞬時に記録画質を切り換えることが可能です。この機能は、操作ボタンカスタマイズによって、マルチファンクションボタンなど任意のボタンに割り当てられます。

UDMA Mode7対応

CFカードの転送速度に関する最新規格、UDMA Mode7に対応。高精細・広階調の大きな画像データも、高速でCFカードに書き込めます。

sRGBとAdobe RGBをサポート

色空間はsRGBとAdobe RGBを選択可能。sRGBはパソコンなど多彩な表示デバイスに対応しており、汎用性に優れます。一方のAdobe RGBは色空間が広く、画像調整の自由度を重視したい場合に有効です。

ワイド3.2型クリアビュー液晶II

画像を見やすく、美しく表示する、大型・高精細・低反射の液晶モニター。

写真:ワイド3.2型クリアビュー液晶II

3.2型(約104万ドット)の大型液晶モニターを搭載。アスペクト比を画像と同じ3:2とすることで、画面を余さず使った、大きく見やすい画像表示を実現しました。また、低反射のクリアビュー液晶IIを採用。保護カバーと液晶パネルの間に光学弾性体を充填するソリッド構造により、空気層を挟んだ場合に生じる内乱反射を抑制しています。さらに、保護カバー表面にも反射防止コートを施すことで、日中の屋外でもより優れた視認性を確保しました。発色性・色再現性にも優れ、画質の確認が容易です。なお、保護カバーには衝撃に強い強化ガラスを採用。液晶モニターの明るさは7段階で手動調整ができます。

図:液晶モニター反射防止構造(概念図)

EOSの高画質を支える付属ソフトウエア Digital Photo Professional (DPP)

プロのワークフローに適した高機能RAW現像ソフトウエア「Digital Photo Professional」に、カメラの表現力を引き出す新機能を追加しました。

撮影した画像をより鮮鋭にする光学特性補正機能、デジタルレンズオプティマイザ。

図:デジタルレンズオプティマイザーの原理

レンズから入った光が、カメラ内のフィルターなどを通過する際に発生する光学的影響。それは、画像のにじみやピントの位置ずれの要因のひとつになっていました。Digital Photo Professionalの新機能、デジタルレンズオプティマイザは、この光学的影響に対し、光の伝達係数を関数化・フィルター化。受光画像に適用することで光学的な影響を補正。それにより、画像中心部だけではなく、特に画像周辺部での解像感や描写力が向上。作品を隅々まで高画質に仕上げます。CMOSセンサー/EFレンズ/ソフトウエアと一貫して自社設計、製造するメリットを活かし、高精度な補正と優れた効果を可能としています。

写真:画像周辺部の描写力向上例 デジタルレンズオプティマイザ、撮影条件で現像
図:デジタルレンズオプティマイザ使い方
広角単焦点 EF14mm F2.8L II USM EF24mm F1.4L II USM EF35mm F1.4L USM
広角ズーム EF17-40mm F4L USM EF16-35mm F2.8L USM EF16-35mm F2.8L II USM
標準単焦点 EF50mm F1.4 USM EF50mm F1.2L USM EF85mm F1.2L II USM
標準ズーム EF24-70mm F2.8L USM EF24-70mm F2.8L II USM EF24-105mm F4L IS USM
超望遠単焦点 EF300mm F2.8L IS II USM EF400mm F2.8L IS II USM EF500mm F4L IS II USM
EF600mm F4L IS II USM    
望遠ズーム EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM EF70-200mm F2.8L IS USM EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF70-200mm F4L USM EF70-200mm F4L IS USM EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM    
EF-S レンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS

画像合成機能

2枚の画像を合成して1枚の画像にすることができます。また、合成した画像に、新たに別の画像を続けて合成することも可能です。

このページのトップへ