一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS-1D X信頼性

写真家の信頼に、進化で応える。’X’ Ver.2.0 EOS-1D X

インテリジェントビューファインダー

透過型液晶を採用した、視野率約100%光学ファインダー。

光学ファインダーは視野率約100%、倍率約0.76(50mmレンズ・∞・-1m-1)、視野角約35.0度。視野が大きいだけでなく、隅々までクリアで、覗き方によって見え方が変化しにくいファインダー像を目指し、ファインダー光学系を新規設計しています。さらに、透過型液晶を採用。設定したAFフレームやグリッド、AF作動中マークなどを表示することが可能です。これにより、AFの多機能化と視覚的な使いやすさを両立させました。

図:ファインダー内表示

ピント合わせがしやすいフォーカシングスクリーン

明るさとピントの合わせやすさを両立させた、レーザーマットスクリーンを標準搭載。画像周辺部の光量低下や、マットスクリーン特有の粒状感が少なく、隅々までヌケのよい視野を実現しています。また、フォーカシングスクリーンは交換式。レーザーマットスクリーンEc-A/B/D/H/I/Lも使用できます。Ec-CIII/CIV/S/N/Rは、取り付けることはできますが適正な露出が得られません。市販の露出計を使用してマニュアル露出で撮影するか、露出補正を行って撮影してください。

豊富な情報を分かりやすく伝える、ファインダー内表示

充実した情報量と見やすさを両立したEOS-1Ds Mark IIIのファインダー内表示を継承しました。さらに、ISO感度の表示は5桁に対応。高輝度側・階調優先時にはD+を表示。カメラの機能向上に合わせたチューニングを施しています。

AIサーボ時の照明 NEW ファームウエア Ver.1.1.1

ファインダー情報の照明

AIサーボAF中、選択したAFフレームを赤色で点滅表示することが可能。シーンが暗く、選択したAFフレームが視認しにくいときに有効です。
メニュー[AF5:ファインダー情報の照明]にて設定します。

  • ファームウエアVersion 1.1.1以降で対応。それ以前のファームウエアでは、アップデートによって機能を追加できます。
最新のファームウエアはこちらからEOS-1D Xファームウエアダウンロードページへ
図:ファインダー内表示図

堅牢性・耐久性

酷使に耐える、強靭なボディーと操作部材、メカ機構。

軽量かつ剛性が高いマグネシウム合金を上・前・後カバー、メモリーカードスロットに採用。これにより衝撃への強さを確保するだけでなく、この素材の特長である優れた電磁シールド効果も備えた、信頼性の高いボディーを実現しています。さらに、ミラーユニットを支える本体にもマグネシウム合金を用いることで、剛性を損なうことなく軽量化を図りました。

写真:外装カバー・内部構造

サブ電子ダイヤル

最も使用頻度が高い操作部材のひとつ、サブ電子ダイヤルの回転検知および動画サイレント設定のために、静電容量センサーを採用しました。機械的な電気接点をなくすことで、接点の摩耗や汚れによる動作不良を抑え、耐久性を高めています。

高耐久シャッター

写真:シャッターユニット

40万回の作動試験をクリアした、高耐久シャッターを搭載しました(EOS-1D Mark IV:30万回)。

  • 当社所定の基準にて行った作動試験の結果に基づく参考数値です。

耐環境性

過酷な環境を乗り超える、システム一貫の防塵・防滴構造。

ボタンやダイヤルといった操作部材、外装カバーの合わせ部など、計76箇所に、入念な防塵・防滴処置を施しました。さらにキヤノンでは、プロの使用頻度が高いEFレンズ、スピードライトおよびスピードライトアクセサリー、新開発のワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E6BやGPSレシーバーGP-E1などにも防塵・防滴構造を採用。これにより、雨やホコリに強く、耐環境性に優れたシステムを実現しています。

図:防塵・防滴処置箇所

高精度を堅持するAFユニット

AFセンサーなどを保持するAFユニットは、カメラの中でも、最も高い精度が要求される機構です。EOS-1D Xは、温度による膨張や収縮が少なく、湿気にも強い構造と素材をAFユニットに採用。さらに、位相差AFに必要な像分離用の二次結像レンズを、ガラスモールドで成形。高温高湿、極低温など、過酷な環境下でも安定したAF性能を発揮します。

超音波モーションクリーニング

微小なゴミにも効果を発揮する、新方式のゴミ除去機能。

一般的に撮像素子表面のゴミは、小さく、軽くなるほど振動の影響を受けにくく、カメラによる自動除去が難しくなります。そこでキヤノンは「超音波モーションクリーニング」を開発。セルフクリーニングセンサーユニットに採用しました。これは、従来の「ゴミを弾き飛ばす」ではなく、「ゴミを画面の外に搬送」する、新しい方式です。最小絞りで写り込む可能性があった、軽く微小なゴミにも効果を発揮します。また、撮像素子表面にフッ素コーティングを施すことで、粘着性のあるゴミの付着も抑制しています。

図:超音波モーションクリーニング

充実の新機能

設定・撮影・動作の確実性への、飽くなき追求。

操作・撮影の確実性を高めるほか、メンテナンスに寄与する各種の機能を搭載しています。

機能ガイド

機能ガイド画面

メニュー画面でINFOボタンを押すと、選択している項目の機能ガイドを表示します。その機能の動作内容、有効なシーン、設定方法などを、分かりやすく紹介。シーンや撮影意図に合った、的確な使いこなしをサポートします

デュアルアクシス電子水準器

デュアルアクシス電子水準器

水平方向、あおり方向の傾きを、1度刻みで確認できます。ライブビュー撮影および動画撮影の前は、映像と水準器を重ねて表示することが可能。液晶モニターから目を離すことなく、構図と傾きを同時に調整でき、撮影準備を効率化できます。また、ファインダー撮影時も、AFフレームを利用した表示が可能です。

カメラシステム情報

カメラシステム情報画面

ユーザーが自らカメラメンテナンスのタイミングを把握でき、万が一のシステムトラブルを予防するのに役立ちます。なお、カメラのシリアル番号とファームウエアバージョン、総レリーズ回数(1000回単位)のほか、過去に発生したエラーなどの履歴を確認することも可能です。

このページのトップへ