一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS-1D X Mark II拡張性

EOS-1D X Mark II 極限のドラマを記録する。

カメラ内GPS機能

GPSレシーバーなしで画像に位置情報を付加し、効率的な管理を実現。

EOS-1D X Mark IIはGPSユニットを内蔵。報道やネイチャーフォトなどの分野で画像管理に必要な位置情報(緯度、経度、標高、協定世界時)を取得し、Exif情報に付加できます。アメリカのGPS衛星、ロシアのGLONASS衛星、日本の準天頂衛星みちびきのGPS信号に対応。3種類の衛星に対応することで、位置消失の低減と優れた測位精度を実現しました。また、測位モードの選択が可能で、「モード1」はカメラの電源オフ時でも、一定間隔でGPS信号を受信。衛星捕捉状態を維持することにより、電源を入れて即撮影を行っても位置情報を記録することができます※1。「モード2」設定時はカメラの電源と合わせてGPS機能もオン/オフになります※2

写真:GPSの設定

移動の軌跡を地図上で確認できるロガー機能。

一定間隔でカメラ位置情報を取得し、記録できるロガー機能を搭載。ログを辿ることで移動の軌跡を確認することが可能です。「ログ記録」を[する]に設定すると、測位モードに関わらずオートパワーオフ時/電源オフ時も測位を継続。設定した更新間隔(1秒~5分まで8段階)で位置情報を取得し、内蔵メモリーに記録します。蓄積したログデータは、パソコンの地図上にマッピングし、撮影場所や移動ルートの表示と確認に利用できます。

複数カメラの時刻合わせが可能、自動時刻設定機能。

写真:GPS自動時刻設定

複数のカメラで撮影した静止画の管理、動画の編集では、各カメラの時計が正確に合っていることが不可欠です。EOS-1D X Mark IIは、GPS信号に含まれる時刻データをカメラに設定することが可能。煩わしい時刻合わせ作業を自動化できます。協定世界時に対する誤差は、わずか約±0.02秒。手動設定よりはるかに高精度です。

USB3.0対応

大容量ファイルを高速転送。USB3.0に対応したデジタル端子。

写真:ケーブルプロテクター使用時ケーブルプロテクター使用時

USB3.0のデジタル端子を装備。付属の専用インターフェースケーブルIFC-150U IIでパソコンと接続することで、画像の高速転送を可能にします。端子の規格はSuperSpeed USB のMicro B。端子保護用のケーブルプロテクターも付属しています。

  • インターフェースケーブルを接続するときは、必ず付属のケーブルプロテクターを使用してください。
  • インターフェースケーブルIFC-500U II (約4.7m)使用時は、USB2.0 での転送となります。

ネットワーク機能

Ethernet 1000BASE-Tの高速通信に対応。

写真:Ethernet用端子Ethernet用端子

カメラ本体に有線LAN機能を内蔵しています。対応規格はIEEE 802.3u(Ethernet 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T)で、最高約1000Mbps(理論値)の高速通信に対応。スタジオ内でのネットワーク接続はもちろん、遠距離でのリモート撮影なども可能です。FTPサーバー、WFTサーバーが進化し、業務用途にふさわしいセキュリティーの強化や機能の拡充を図っています。

よりセキュアなFTPSモードを新搭載した、FTPサーバー。

撮影した画像をFTPサーバーに転送できます。転送方法は「撮影時自動転送」「画像選択/転送」「SETボタンで転送」「キャプション付きで転送」から設定できます。また、振り分け記録やRAW+JPEG 同時記録時は、撮影時自動転送する画像のサイズとタイプを選択することも可能です。EOS-1D X Mark IIは従来の「FTPモード」に加え、EOSカメラとして初めて「FTPSモード」を搭載。データを暗号化して送受信する仕組みのひとつ、SSL/TLSを使ってFTP転送を行うことにより、より高いセキュリティーを確保できます。また、FTPSの運用に必要な「ルート証明書」にも対応。パソコンで取得した「ルート証明書」を、メモリーカードを介してカメラに設定。強度の高い暗号で画像の流出や不正使用を抑えることが可能です。

写真:FTP転送

リモートライブビュー撮影や画像の自動転送が可能なEOS Utility。

画像をパソコンに自動転送できるほか、リモートライブビュー撮影にも対応しています。カメラのライブビュー画面をリアルタイムでパソコンに表示。そのまま画面上で撮影機能の調整とレリーズが可能。スタジオ撮影の効率が高まります。

動画撮影や携帯端末に新対応。専用ソフトが不要なWFTサーバー。

パソコンでリモート撮影や画像の閲覧ができる機能です。ごく一般的なブラウザーを使うため、専用ソフトのインストールが不要。さらにEOS-1D X Mark IIでは機能を拡充するほか、グラフィカル・ユーザーインターフェースを刷新し、業務用途における実用性と使いやすさを大幅に高めています。従来の静止画に加え、動画のリモート撮影やAF機能設定、ライブビュー撮影時の拡大表示にも対応。また、画像閲覧においても、RAW画像の再生、動画再生、1枚表示での画像送りなどが可能となっています。

「詳細撮影」画面

写真:WFTサーバー
  • 1.電池チェック
  • 2.ドライブモード
  • 3.AFモード
  • 4.撮影可能枚数
  • 5.AF/MF切り換えボタン
  • 6.シャッターボタン
  • 7.AFボタン
  • 8.絞り数値
  • 9.シャッター速度
  • 10.測光モード
  • 11.ISO感度
  • 12.記録画質
  • 13.メニュー
  • 14.ストロボ充電完了
  • 15.静止画ライブビュー撮影ボタン
  • 16.動画撮影ボタン
  • 17.撮影モード
  • 18.露出補正
  • 19.ホワイトバランス
  • 20.マニュアルフォーカスボタン
  • 21.縮小ボタン
  • 22.拡大ボタン
  • 23.ライブビュー映像サイズ切り換えボタン
  • 24.AF方式

「画像閲覧」画面:サムネイル

写真:WFTサーバー 画像閲覧

「画像閲覧」画面:1枚表示+サムネイル

写真:WFTサーバー 1枚表示

スマートフォン/タブレット対応

写真:WFT-E8B装着時とスマートフォン

カメラと無線LANアクセスポイントを有線LAN接続。アクセスポイントを介して、スマートフォンやタブレットからカメラをリモートコントロールできるようになりました。スマートフォン専用アプリ「Camera Connect※1」を使い、基本的なリモート撮影や画像・動画転送※2が行えます。また、WFTサーバーにアクセスしてカメラを操作することも可能。スマートフォンに最適化した「簡易撮影」画面を用意しているため、小さな画面でも操作は快適です。

  • ※1スマートフォン、タブレットに専用アプリ「Camera Connect」をインストールする必要があります。「Camera Connect」はApp Store(iOS用)、Google Play(Android用)から無料でダウンロードできます。
  • ※2RAWは表示用JPEG、動画はMP4のみ転送できます。

カメラ間の高精度な時刻合わせを実現する、カメラ間時刻同期。

一度に最大10台のカメラをネットワークで結び、時計を高精度に合わせることができます。例えば複数のカメラで競技やイベントを撮影した場合、それぞれの画像を時系列で整理・検索できて効率的です。

5GHz帯の高速通信規格、IEEE 802.11ac対応のWFT-E8B(別売り)。

写真:WFT-E8BWFT-E8B

拡張システム端子にワイヤレスファイルトランスミッターを装着することで、有線LAN機能と同等のFTPサーバー、EOS Utility、WFTサーバーがワイヤレスで使用できます。新開発のWFT-E8Bは、IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応。混信が少ない5GHz帯の高速通信規格、802.11acをサポートしたことで、通信信頼性と転送速度が向上。電波が混線しやすいスポーツイベントの現場などでも、より確実な画像転送を実現します。また、空撮、クレーンからの俯瞰撮影、狭小空間への仕込み、野生動物など、さまざまなアングルからの映像表現を可能にするほか、撮影効率の向上にも貢献します。カメラの取り回し性を損なわない小型・軽量設計、防塵・防滴構造です。

  • EOS-1D X Mark IIに対し、WFT-E6Bも使用できますが、WFT-E7Bは使用できません。
  • WFT-E8BはEOS-1D Xでは使用できません。

スピードライト600EX II-RT 72,000円(カラーフィルター、バウンスアダプター、ケース付き、税別)NEW

写真:スピードライト600EX II-RT

プロのニーズに応えるキヤノン・スピードライトシリーズのフラッグシップモデルが進化。従来機と比較して、連続発光回数が単体で最大1.5倍(最大約100回)、コンパクトバッテリーパックCP-E4N使用時には、従来機と組み合せた時(最大約50回)と比較して約1.5倍~2倍(最大約100回)にアップしました。また、連続撮影時のクイック発光をデフォルト設定に、表示画面、操作体系をさらに改善するなど、プロの現場を強力にサポート。さらにガイドナンバーは最大60、高い防塵・防滴性能、電波通信ワイヤレスストロボ機能を搭載するなど、600EX-RTの優れた機能・仕様は継承しています。

  • スピードライト600EX-RT
このページのトップへ