一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS-1D X Mark IIEOS MOVIE

EOS-1D X Mark II 極限のドラマを記録する。

4K/60P・フルHD/120P動画記録

デジタルシネマ規格の4Kを、最高59.94fpsで内部記録。

4K動画の内部記録を実現。外部レコーダーに依存しないコンパクトな機材構成で、機動的な4K撮影を可能にします。記録サイズは、デジタルシネマの標準規格である4096×2160、アスペクト比は17:9です。フレームレートはNTSC方式、PAL方式でそれぞれ59.94fps、50.00fpsまで設定でき、動きの速い被写体も滑らかに美しく記録します。素材性を重視し、記録形式にMOV、圧縮方法にMotion JPEGを採用。また、音声を非圧縮のリニアPCMで収録することが可能です。

MOV 形式設定時

4K
4096×2160
NTSC PAL
59.94fps Motion
JPEG
50.00fps Motion
JPEG
29.97fps 25.00fps
24.00fps 24.00fps
23.98fps    

[スーパー35mmフォーマットをカバー]

図:動画画面サイズと記録画素数

DCI 4KはCMOSセンサー上の4096×2160のエリアをドット・バイ・ドットでクロップして記録。実画面サイズは約26.9×14.2mmで、スーパー35mmよりわずかに大きく、シネマカメラと同等の被写界深度で撮影が可能です。

  • CINEMA EOS SYSTEMのEOS-1D Cとは実画面サイズが異なるため、同じ焦点距離のレンズで撮影しても撮影範囲が若干異なります。

119.9fpsのハイフレームレートに対応した、フルHD記録。

フルHD(1920×1080)は圧縮方法にMPEG4 AVC/H.264を採用。また、多様な撮影目的や映像の用途に対応できるよう、ALL-IとIPBを用意しています。さらに、EOSカメラとして初めて119.9fps、100.0fpsのハイフレームレート動画撮影を実現。29.97fps、25.00fpsに対して1/4倍速、ALL-Iによる高画質で滑らかなスローモーション映像を記録できます。なお、ハイフレームレート動画でも動画サーボAFによる高精度なピント追従撮影が可能です。

MOV 形式設定時

フルHD
1920×1080
NTSC PAL
119.9fps ALL-I 100.0fps ALL-I
59.94fps ALL-I 50.00fps ALL-I
IPB IPB
29.97fps ALL-I 25.00fps ALL-I
IPB IPB
24.00fps ALL-I 24.00fps ALL-I
IPB IPB
23.98fps ALL-I    
IPB  

MP4 形式設定時

フルHD
1920×1080
NTSC PAL
59.94fps IPB 50.00fps IPB
29.97fps IPB 25.00fps IPB
IPB(軽量) IPB(軽量)
24.00fps IPB 24.00fps IPB
23.98fps IPB    

撮影目的やワークフローに最適な形式を選べる、MOV/MP4。

フルHD(1920×1080)の動画記録形式は、MOVに加えMP4も選択可能です。素材性を重視した撮影にはMOV、速報や配信、ワイヤレス転送などを前提とするならMP4というように、柔軟に使い分けられます。

1ファイル4GBの壁を超える、exFATフォーマット。

128GBを超えるCFカード、およびCFast 2.0カードは容量に関わらずexFATでフォーマットが行われます。これまでの1ファイル4GB制限がなく、映像の取り込み時にファイルを結合する必要がありません。

合成を前提とした撮影に応える、カラーサンプリング4:2:2。

4K記録時のカラーサンプリング方式は、YCbCr4:2:2(8bit)。色再現性に優れるほか、高度なクロマキー処理にも対応が可能です。また、フルHD記録時はYCbCr4:2:0(8bit)となります。

汎用性の高い色空間、ITU-R BT.601/BT.709をサポート。

カラーマトリックスは4KがRec. ITU-R BT.601、フルHDがRec. ITU-R BT.709。表示アシスト機能やLUTを必要とせず、いま映像制作の現場で使用しているモニターで自然な色再現性が得られます。また、グレーディングなどを行わなくても良好な色再現性とコントラストが得られ、映像を即座に活用することが可能です。

デュアルピクセルCMOS AF

すべてのEFレンズでデュアルピクセルCMOS AFが可能。

EOS-1D X Mark IIのCMOSセンサーは、キヤノンが開発した像面位相差AF技術、デュアルピクセルCMOS AFに対応。画面内の縦:約80%×横:約80%の広い範囲において、すべてのEFレンズ※で高速かつスムーズなAFが可能です。最新のセンサーとAFアルゴリズムを搭載することにより、-3EVという暗い環境でも高精度なフォーカスを実現。コントラストの低い被写体に対する、レンズ駆動の滑らかさが向上。シビアなピント合わせが要求される4K動画撮影に、ワンマンで対応できて効率的です。

デュアルピクセルCMOS AF

図:デュアルピクセルCMOS AF

CMOSセンサーの1画素を2つのフォトダイオードで構成。1画素から2つの画像信号を検出し、位相差AFを行うことにより、フォーカスの移動方向と移動量を算出します。合焦位置を探す不自然なフォーカスの移動がなく、スムーズで高速なAFが可能です。

タッチ操作によるAFフレーム設定が可能になった、AF方式。

写真:タッチAFタッチパネル

AF方式は、「顔+追尾優先AF」「ライブ1点AF」の2種類です。「顔+追尾優先AF」では、カメラが顔を検出して自動的にAFフレームを設定、フォーカスを合わせます。「ライブ1点AF」は、デュアルピクセルCMOS AFのエリア内の任意の位置にAFフレームを設定でき、任意の構図で撮影が可能です。AFフレームの位置と大きさは液晶モニターのタッチパネル機能(静電容量方式)で瞬時に設定することも可能で、すばやく撮影をスタンバイできます。

動体撮影時のピント合わせを効率化する、動画サーボAF。

被写体の動きにAFフレームとピントが追従する動画サーボAFが可能です。「顔+追尾優先AF」では、合焦した人物をカメラが自動的に追尾。DIGIC 6+の高い顔検出能力により、優れたAF追従性を発揮します。また、「ライブ1点AF」では動画サーボAFの特性をチューニングでき、さまざまな撮影条件や表現意図に柔軟に対応できます。

[動画サーボAFのチューニング:AF速度]

写真:動画サーボAF時のAF速度

被写体の動く速さや表現意図に応じて、「AF速度」を設定することが可能です。設定幅は[遅い](-7~-1)、[標準]、[速い](+1、+2)の10段階。動画におけるピント移動は遅いほうが違和感を与えにくく、実際の撮影上で有効なことから、低速ピント送り側の設定幅を大きくしています。また、作動条件も[常時][撮影中]から選択が可能。[撮影中]を選ぶと、撮影前のピント合わせ時、設定した速度に関わらず[標準]でレンズが駆動し、撮影準備をスピーディーに済ませられます。

  • 2009年以降に発売されたEFレンズ使用時に設定できます。

[動画サーボAFのチューニング:被写体追従特性]

写真:動画サーボAFのチューニング

「被写体追従特性」を7段階で設定可能。[粘る](-3~-1)では、被写体がAFフレームから外れたり、障害物が横切ったりしてもピントをある程度保持。意図しないピント移動を抑え、安定したAF撮影を実現します。逆に[敏感](+1~+3)は、遠くの被写体から手前を横切る被写体にピントを移すといった表現に有効です。

フレーム切り出し・撮影機能・外部入出力

4K動画からのフレーム切り出しが可能。

写真:4K動画からのフレーム切り出し

カメラで再生時、4K動画の1フレームを約880万画素(4096×2160)の静止画として切り出し、JPEGで保存可能。スチル素材として有効に活用できるほか、4Kモニタリング環境がない撮影現場でも、切り出した画像を拡大してカメラ本体でフォーカスをチェックできます。

  • フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。
  • 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

最高ISO 204800相当。わずかな光で撮影を実現する高感度。

写真:ISO感度の設定

フルHDでISO 100~25600、4KではISO 100~12800相当の、広い感度設定域を確保。さらに、いずれの場合も最高ISO 204800相当までの感度拡張が可能。暗いシーンでもわずかな定常光、最小限の照明だけで撮影を行えます。

意図した画調をカメラ単体で生み出せる、画作り機能。

動画に対しても、充実したピクチャースタイルを適用できます。さらにオートライティングオプティマイザや周辺光量補正、色収差補正などの画像処理機能も有効で、撮影後、すぐに活用できる高画質な映像を得られます。

映像/音声素材のHDMI出力に対応。

映像制作用として、情報表示のないフルHDをYCbCr4:2:2(8bit)、非圧縮でHDMI出力できます。タイムコードを付加可能。また音声出力にも対応しており、音声モニタリングや外部機器への音声記録にも活用できます。

絞り駆動音の低減処理が可能な、ステレオマイク/ライン入力。

音声メモ用のモノラルマイクを内蔵。さらに外部ステレオマイク端子(ライン入力対応)を装備。ヘッドフォン端子から音声をリアルタイムに出力・モニタリングしながら、録音レベル調整が可能です。さらに、ウィンドカット/アッテネーター機能も備えるほか、カードに記録する音声に対しては、絞り駆動音の低減処理が行えます。

操作性

ライブビューと動画を簡単に切り換えられる専用切り換えスイッチ。

写真:イブビューと動画切替スイッチライブビュー撮影/動画撮影スイッチ

1Dシリーズとして初めて、ライブビュー/動画撮影スイッチを搭載。メニューを介さず、ダイレクトな切り換えを可能としました。動画と静止画を一台で撮影する場合の機動性が向上します。

割り当て可能な動画撮影機能を拡充させた、操作ボタンカスタマイズ。

写真:作ボタンカスタマイズ

シャッターボタン半押し時の動作を[測光・AF][測光のみ]、全押し時の動作を[無効][動画撮影の開始/終了]から組み合せられます。さらに、操作ボタンカスタマイズにおける動画機能の割り当てを拡充しました。マルチファンクション、マルチファンクション2、絞り込み、SETの各ボタンに[動画撮影の開始/終了][動画サーボAF一時停止]を設定可能。撮影スタイルに応じたボタンカスタマイズにより、快適な動画撮影ができます。

  • マルチファンクションボタンを除きます。

スマートフォンと連携し、動画のリモート撮影が可能。

写真:動画のリモート撮影

ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E8Bを装着することで、無線LANを介したリモート撮影が行えます。スマートフォン用アプリケーション「Camera Connect」をインストールしたスマートフォンやタブレットPCと接続。手元からフォーカス、動画撮影の開始/終了、MP4動画の転送などが可能です。さらに、WFT Serverも動画に対応。ノートPCなどのブラウザーから設定を変更するなど、よりきめ細かくカメラをコントロールできます。狭小空間にカメラを設置しての撮影や、空撮など、撮影者と離れた場所からの撮影にも有効です。

  • App Store(iOS用)、Google Play(Android用)から無料でダウンロードできます。

撮影中にほぼ無音で設定変更できる、動画サイレント設定。

サブ電子ダイヤルの内側に静電容量式のタッチセンサーを装備。クイック設定画面を表示し、シャッター速度や絞り数値、ISO感度、露出補正、録音レベル、さらにはヘッドフォン音量も音や振動を抑えて調整できます。

このページのトップへ